1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. ナイバシャ
  6. 観光地
  7. ケニア・ナイバシャ湖って、結構おススメ!3

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ケニア・ナイバシャ湖って、結構おススメ!3

2015/02/26 09:21
タイトル
エリア:
  • アフリカ > ケニア > ナイバシャ
テーマ:
  • 観光地
ナイバシャ湖では、ゲームドライブ以上に、動物達にお近付きになれます!

ウオーキングサファリしてきました。

ナイバシャ湖には、クレッセント島という三日月形の島があり(厳密に言うと地続き)、肉食獣がいないここでは、車を降りてのんびりお散歩することができます。
お散歩といってもここはケニア。もちろん様々などうぶつに会えるんです。

1シマウマ
シマウマやインパラ、ガゼルなどはあちこちで見ました。

2ウォーターバック
↑やけにリラックスしたウオーターバック。車を降りて地面の高さから見ると、なんだか大きく感じます。


ここは鳥の楽園。キャンプ場で知り合ったオランダ人のフォトグラファーの話では、午前中歩き回っただけで、70種の鳥を目撃したそうです。バードウオッチャーの方には特にお勧めです!

キツツキもいた。
クロヒゲゲラ
↑クロヒゲゲラBearded woodpecker。
木に穴がたくさん開いている。キツツキの数も多いのかな。キツツキは枯れかけた木を突く事が多いようです。
知床のネイチャーガイドさんによると、木も死ぬと、動物の死骸と同様に虫がわくんだそうです。それを狙ってキツツキがやってくるということ。

キリンがいたので2ショット。
レンジャーさんにシャッターを押してもらったのですが、このあたりに棲んでいるキリンは人間を恐れないので、「もっと近寄って、もっと近寄って」と言われて、こんな感じに。
キリンと2ショット


ウオーキングは午前中がおすすめです。鳥も多いし、なにより午後になると陽射しが強くて、歩くのがキツイ!


クレッセント島の入り口で入場料を支払い、お願いすれば、ガイドさんを紹介してくれます。
ガイドさんにはチップをあげてくださいね。

注意!Plastic bag レジ袋等をケニアに持ち込み禁止
  • この記事が参考になった人(7)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。