1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. ナイバシャ
  6. 観光地
  7. ケニア・ナイバシャ湖って、結構おススメ!4

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ケニア・ナイバシャ湖って、結構おススメ!4

2015/03/03 12:12
タイトル
エリア:
  • アフリカ > ケニア > ナイバシャ
テーマ:
  • 観光地
ナイバシャ湖のお楽しみは、やっぱりボートサファリ!

草原をドライブするサファリでは味わえないアフリカを体感することができます。特に早朝がおススメなので、ナイロビに宿泊する予定なら、いっそナイバシャまで出てしまうのも手ですよ。
ナイロビからは車で1時間で町に到着。そこから遠いロッジでも30分かかりません。


朝6時、船着場集合にしました!……が、案の定ガイドは15分ほど遅れてきました。
キャンプ場にいたおじさんに、口約束で予約したので、いい加減ですね。
ロッジではちゃんと申し込めます。

こんなボート↓ エンジンは日本製。
1ナイバシャ湖のボート

ちょっと出遅れたけれど、サンライズには間に合いました!かえって、ちょうど良い時間だったかな。
日の出は大体6時半頃。
2早朝ボートサファリ

少し明るみ始めました。
静かですよーー。冷たい空気がしっとりしていて、極上の時間。
草原ばかりじゃなく、アフリカの湖も、お見逃しなく!
(寒いので、ジャケット必携です。)

3早朝ボートサファリ
Misty〜〜!
早朝は霧が出ていて、幻想的。

朝陽のオレンジに染まったアマサギも、きれい♪
4アマサギ
アマサギの他にもムラサキサギやカワウ、レンカク、トキコウなどが、岸からは見えないところにいます。


カモのように、いつもは歩いたり、水に浮いていることが多い鳥も、朝はよく飛んでいます。
5キバシガモ
キバシガモ。Yellow-billed Duck。

アンボセリなどの平原で飛び交っているツバメって、いつも高速で飛んでいるから写真が撮れないんですが、
……夜はこんなところで休んでいるんですね。
6ツバメ
Barn Swallow という種のようです。 コンサイスの鳥名事典で和名を調べたら“ツバメ”でした。

ナイバシャ湖の湖畔はパピルス(葦)に覆われているのですが、ボートに乗ってパピルスのあっち側に出て、茂みを探すと、カワセミにも会えます。
見られるとなんだか嬉しい、美しい鳥です。
7カンムリカワセミ
カンムリカワセミMalakite Kingfisher。
カンムリカワセミは時々しか会えない貴重種。でも、私の経験では、ナイバシャ湖の早朝ボートサファリでは、100%目撃。
あらかじめガイドさんに「見たい!」と言っておくと、きっと見つけてくれます。

やっぱり、ボートサファリは、早朝がベスト。写真がサマになりますね。
8早朝ボートサファリ

朝陽(夕陽)のシルエット写真の簡単な撮り方は、こちら
をご参考に!

注意!Plastic bag レジ袋等をケニアに持ち込み禁止
  • この記事が参考になった人(8)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • こんばんわ、いつも拝見しております!
    ナイロビ、ケニアでのサファリを予定していたのですが、外務省の治安情報を引き合いに、親の強い反対にあい考え中です…
    他サイト、ブログでも、十分に気をつければ大丈夫との意見と、絶対に是非を検討すべきと両方ありますが、やはり旅行経験などによってある意味両方真実なのでしょうか?
    ハイリスクハイリターンなので真剣に悩んでます… Posted by ぽれぽれ 【2015/03/07 01:39:19】
  • コメントありがとうございます!

    治安のことはやっぱり気になるみたいですね。

    ケニアの治安は昨年9月に一部引き上げられたのですが、突然のことで、引き上げの理由もなんだかはっきりせず、不満が募っていたんです。そして今年明けてすぐ、引き下げられました。私にしてみれば、なんで上げたの?って感じです。(私は日本在住ですが、ケニア在住の特派員の方が、この件については少々触れているので読んでください) 
    →続く Posted by 武田ちょっこ 【2015/03/07 09:53:07】
  • 引き下げられたとき、通常は、(引きさげ)の一文が添えられるのですが、それもなく、なんだかこっそり元に戻したって感じで(私感ですが)、日頃から情報をマメに見ている人でない限り、引き下げられたことが伝わっていない状態です。一般の旅行者には分からないのも当然です。

    とにかく4ヶ月間だけ、なぜか危険度が上げられていましたが、今は以前と同じです。(一部は引き上げられたままですが、旅行では通常近寄らないところです。)
    →続く Posted by 武田ちょっこ 【2015/03/07 09:53:41】
  • パックツアーでは、お客さんの心情も考慮し、かなり慎重なツアーが組まれています。ナイロビは「十分注意」レベルで、これは例えばバリなどと同じなのですが、それでもナイロビ宿泊を避けてナイバシャ湖に宿泊などの対策をとっています。ちなみに私は1人旅なので、ナイロビの中級宿に泊まっています。

    今の危険度はサファリ旅行で訪れる地域であれば、「十分注意」のレベルです。これはケニア旅行の人気がグングンと上がっていた2012〜13年と同じレベルです。
    ほんの4ヶ月の引き上げのために、ケニア=危険というイメージがあまりにも大きくなり過ぎて、悲しいですね。私の知人は今もケニアで生活しています。
    →続く Posted by 武田ちょっこ 【2015/03/07 09:55:00】
  • →もちろん安全と言われる日本でだって事件は起きるし、ましてやケニアで突然何が起きるかは誰にも分かりません。私の口から「大丈夫」と言う事はできませんが、被害に遭った人も、「もうちょっと注意していれば避けられたのに」というケースが多いです。
    とにかく、情報を集めて、しっかり注意してくださいね。パリでもテロ事件が起きていますが、それでもケニアのほうが“危険”と思い込んでしまうのは、状況が想像つかないからだと思います。
    情報を集めた上で、行くか行かないのか決定するのは、ご本人にしかできませんが、私はできる限りの情報を載せるようにしていますので、ぜひご参考にしてください。 Posted by 武田ちょっこ 【2015/03/07 10:01:21】
  • ありがとうございます!経験に基づいた貴重なご意見 伺え大変感謝しています^^
    治安を総合して判断するというのはすごくシビアで難しいのかもしれませんね…
    情報収集と、危機管理を徹底します。
    ナイロビに泊まらない、留まらないのもひとつの方法ですよね 大変参考になりました。
    自分も個人で訪問する予定で、現地のサファリ会社と交渉しています。結構吹っかけられてます(笑)
    ありがとうございました! Posted by ぽれぽれ 【2015/03/07 15:46:54】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。