1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. ナイロビ
  6. ホテル・宿泊
  7. ナイロビで自炊ができるリーズナブルなホテル

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
5月<2022年6月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

ナイロビで自炊ができるリーズナブルなホテル

2022/04/11 19:07
ヒョウ
エリア:
  • アフリカ > ケニア > ナイロビ
テーマ:
  • ホテル・宿泊
4月の水際対策緩和で、3度のワクチン接種を終えていれば自宅等での自主隔離がなくなりました(一部の国、地域を除きます。ケニアは一部の国に含まれません!)。
ケニアへの入国は2度のワクチン接種が必須ですが、証明書を取得していけばPCR検査は必要なくなりました。
一部アフリカ行きパックツアーはそろそろ出発のようです。

昨年取材に出向きましたが、サファリ中は密もなく車の風通しも良いので、特に心配はありませんでした。各ロッジも感染対策はバッチリ。

ケニアのロッジのコロナ対策
(↑ロッジ入口に設けられた洗面台。消毒スプレーもあり)

取材なのでナイロビをスキップする訳にも行かず、選んだのがChester House。キッチン付きなのです。場所はタウン(中心部)の中心!
バックパッカー宿ではなく、プライベートルームにキッチンあり。リーズナブルな割に居心地良かったです♪

ナイロビのキッチン付きホテル1
お部屋は広々。もともとアパートだったそうです。だからリビングが広い!
この部屋はまだ狭い方。ベッドルームとリビングが別々の部屋もありました。

ナイロビのキッチン付きホテル2
キッチン。お皿や鍋、ナイフなどは少ないけれど、とりあえず揃っていました。電子レンジと湯沸かしポットもあり。冷蔵庫も。ナイロビは夜は食事程度でも歩かない方がよいので、これは助かります!
ナイロビのキッチン付きホテル3
キッチンとリビングはカウンターで繋がっています。小さなテーブルもあり。

スーパーまで歩いて数分。1階にはクロワッサンががおいしいArt Cafeが入っています。1人で泊まったのですが1泊45ドル。2人だともっと安いし、広いので悠々と過ごせますよ。ホテルというよりナイロビ在住気分でした♪

コロナ対策でキッチン付きホテルにしたのですが、ナイロビでは皆さんちゃんとマスクをしているし、レストラン等には必ず消毒液があり、日本と変わらないです。日本より広いだけに隣のテーブルが離れているのも安心。それから一部の国で起きているような、コロナによるアジア人ヘイトも聞きません。

ここ2年でサバンナの様子も変わっていました。しばらくブログを休んでいましたが、サファリができる日が近づいてきたので、再び発信していきます。
パックツアーはGW頃から始まるようですよ。
よろしくお願いします!

ガイドブックの改訂版の出版に向けて、今年はタンザニアを取材してきます!
タグ:
#ケニアでサファリ
#ナイロビのホテル
#ナイロビ滞在
#まるまるサファリの本
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。