1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. マサイマラ
  6. 動物
  7. アフリカのどうぶつ「ダチョウの掟」

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
6月<2022年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

アフリカのどうぶつ「ダチョウの掟」

2011/11/08 16:53
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア > マサイマラ
テーマ:
  • 動物
ダチョウのお話、続きです。

草原にひときわ目立つショッキングピンクのダチョウがいたら、それはヤル気満々のオスです。

ダチョウのダンス
(↑見るからにエロイ)

オスはクネクネと体をよじらせメスを誘惑し、そして、いざ。

ダチョウの交尾
(↑これまたエロイ動き)

オスはあちこちでメスをたぶらかし、結果、複数のメスによってたくさんの卵が産み落とされます。
でも、抱卵するのは第一婦人とオスだけで、孵化する卵も一部だけ。

ダチョウの家族
(↑ダチョウの赤ちゃんったら、ラブリー♡)

子連れのダチョウ家族が、別の子連れのダチョウの家族と遭遇すると、しばしば争いが起きます。このとき戦いに勝った家族は、なんと、よそのお子さんを連れてきちゃうそうです。
なんてことをっ!

ダチョウの掟

大・小の子どもを連れているダチョウがいたら、そいつは誘拐魔ですっ。
これがダチョウ界のしきたり。(T◇T)
このほうが、ヒナが生き残れる確率が上がるからだ。と考えられているようです。
  • この記事が参考になった人(20)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。