1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. マサイマラ
  6. 自然・植物
  7. 野火のあとのサバンナ マサイ・マラ国立保護区

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

野火のあとのサバンナ マサイ・マラ国立保護区

2012/04/06 11:05
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア > マサイマラ
テーマ:
  • 自然・植物
アフリカの大地は力強い!
……を実感する光景です。

乾季が続き、一面枯草色に染まった大地でも、野火が行われると僅かの間に青々とした草原が蘇ります。

↓野火の直後は燃えた草原が黒く、地獄のようになっちゃってますが……(T_T)
野火の後
↑芽吹き始めた新芽をさっそく食べにやってくるのはガゼル。
シマウマやヌーは、もっと育った穂先の柔らかい部分を食べます。
また、火から逃げようと慌てて飛び出してくる昆虫を目当てに、大型の鳥アフリカオオノガンがやってくることも多いです。


野火は保護区によって管理され、雨が降り出すのを見計らって行われます。
放たれた火は、枯れた草原をメラメラと燃やすものの、車道を境にそれ以上は広がらず、これも計算の上だそうです。

そして野火のあと数週間もすると、草原にはみずみずしい緑が!
野火の後の草
↑道の左側は野火が行われたあと。右は枯れた草原。
くっきり!
車道でしっかり火をくい止めているんですね。
野火の後には、こんな驚きの光景が見られますよ。本当に自然は、たくましいですね!
  • この記事が参考になった人(9)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。