1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. アンボセリ
  6. 観光地
  7. ケニアでおすすめの国立公園「アンボセリ3」

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ケニアでおすすめの国立公園「アンボセリ3」

2013/01/17 21:16
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア > アンボセリ
テーマ:
  • 観光地
しばらくお休みしちゃっていましたが、私の大好きなアンボセリ国立公園の魅力の<その3>です。

アンボセリ国立公園の東側には広大な湿原地帯が広がっているのですが、
ここは動物達の楽園です。
ゾウやバッファローが水を求めてやってくるし、周辺ではハイエナなどの姿を見ることも多いです。もちろんカバも棲んでいます。

1湿原
(↑潤いのあるところ。オロケニア湿原)

2リードバック
(↑稀にリードバックもやってきています)


でも、せっかくアンボセリに来たのだから、哺乳類ばかりじゃなく、鳥にも注目!
ここではバードウオッチャーじゃなくても夢中になっちゃうような、かわいい水鳥がたくさん見られるのです。

特に今はベストシーズン。
ヨーロッパから越冬しにやってきたコウノトリやソリハシセイタカシギなどの渡り鳥で賑わっているのです。

3カワセミ
(↑ヒメカワセミ。カワセミの中では大きい方で、目立っています)


4シュモクドリ
(↑シュモクドリが魚を捕獲!)

バードウオッチングのベストポイントは、湿原を横切る細い道。
道路の脇あたりで、カモやシギ、サギなどが集っています。

車1台しか通れない細い道なので、対向車や後ろから車が来たら、道を譲ってあげてくださいね。
↓こういう所です。
6アンボセリ国立公園

キリマンジャロあり、湿原あり、乾燥地帯あり、ヤシの林あり、溶岩が転がる荒涼とした景色あり……。
さまざまな顔を見せるアンボセリは、見所もいっぱいですよ。

もちろん、運が良ければライオンやチーターにも会えます!

7ライオン
(↑メスがオスを誘ったのですが、追い払われちゃっていました)
  • この記事が参考になった人(6)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。