1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. マサイマラ
  6. 観光地
  7. ケニアの気球ツアー バルーンサファリの留意点

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ケニアの気球ツアー バルーンサファリの留意点

2013/02/27 14:46
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア > マサイマラ
テーマ:
  • 観光地
バルーンを飛ばす条件は、気温が低いことと風が少ないことなので、ツアーは早朝に催行されます。
バルーン基地の近くのロッジに泊まっていれば多少寝坊できますが、6時前には基地に集合!まだ“夜”ってほど暗い時間です。
1バルーンサファリ

バルーンにはエンジンもハンドルも何もありません。どこに行くかは風任せです。
2バルーンサファリ


空の上は静寂そのもの。バーナーの「ボォーー」という音が時々する以外は、本当に静かにサバンナの上空を散歩できます。
真下の大地が流れて行くのを見ると、想像しているよりスピードは出ているようですが、風に乗っている感じでは、「のーーんびり……」です。

3バルーンサファリ

動物が見られるか否かは運次第。パイロットも動物を追いたくても、バルーンは風まかせなのですから……。
そういう意味では、草原がヌーの大群でにぎわっている7〜9月ごろがベストシーズンかな……。私はラッキーなことに、空からヌーの大軍団を見ることができました。

4空から見たヌーの大移動

キリンやゾウ、注意して見ているとオオミミギツネのような小動物も見つかりますよ。動物を見つけるとバルーンを下げてくれます。
6空から見たガゼル

1時間ほどのフライトを楽しみ、草原にランディング。空を行くバルーンを車で追っかけてきたスタッフが、テキパキと朝食を作ってくれます。
草原でブレックファスト!
7バルーンサファリの朝食
このとき、ヌーの大軍団が近くにいたので、シートで覆っていました。


1. 参加は自己責任です。
2. ケニアでも、どの国でも同様に安全性は保証できません。参加する場合には、「万が一の場合にも、責任は問いません」との約束にサインさせられます。
3. バルーンは通常、海外旅行保険対象外の“危険を伴うスポーツ等”にあたり、怪我等の際、保険はおりないことを覚えておいてください。
4. 命に関わるような大事故のとき、セスナで街の病院まで移送してくれる“フライングドクター”という制度もあります。(後日紹介します)
5. 着陸のときは少なからず衝撃はあるので、しゃがんで頭もかがめます。ドスンと落ちて、少しバスケットが引きずられます。
衝撃の大きさはパイロットの腕以上に、風の強さに左右されるそうです。
6. それから、早朝の空は寒いので、参加の際は暖かい上着を着ていきましょう!
7. バルーンサファリは現地のロッジでも申込み可能ですが、混雑期は予約で既に埋まっていることもあるので、心配なら日本で手配しておいたほうがいいです。
  • この記事が参考になった人(20)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。