1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. 観光地
  6. ケニアでサファリ。パークルールを守ってねっ!

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ケニアでサファリ。パークルールを守ってねっ!

2014/05/22 13:23
キリン
エリア:
  • アフリカ > ケニア
テーマ:
  • 観光地
ケニアのリピーターさんは、もうたいていの動物は見ているし、ケニアに訪れる度に、
「もっと良い写真が撮りたい」
という欲求が大きくなってきますよね。
そして、「とにかくチーターを追え!」など、こだわって動物を撮る方もいるようです。
ですが……ここでお願いです。

あまり動物を追い回し過ぎないであげてくださいね!!

1ライオン
(↑無理しなくてもバッチリ見られます。マサイ・マラ国立保護区。マラ川の東側地域で)


例えばチーターは4日に一度くらいの頻度で狩りをしますが、ライオンやハイエナと違い、明るい時間に狩りをするのです。国立公園がオープンしている時間帯です。
人間が乗るサファリカーに付きまとわれると、狩りができません。


ましてや、「今日もあのチーターを狙って!」、「また今日も!」……と、毎日しつこく追い回しては、狩りのチャンスを失い、チーターにとって致命傷となることも考えられます(T-T)。
実際にそういう日本人に会いました。
ドライバーさんにチップをチラつかせ、無理を強いているようです。


2チーター
(ここはオフロード禁止地帯でした。追い掛けたくても、禁止)


動物に近寄れなかったり、良いシチュエーションで写真が撮れなくても、
「それが野生ってもんだぁ」
と大きく構えて楽しみましょうね!


良い写真というのは、カメラの腕やシャッターチャンス以上に、被写体に対する愛情です!
どんな決定的瞬間を抑えても、動物を追い詰めて撮ったような写真が人の心を打つわけがありませんよっ。

注意!Plastic bag レジ袋等をケニアに持ち込み禁止

知らないとマズい?サファリのルール1
知らないとマズい?サファリのルール2
知らないとマズい?サファリのルール3
ケニアでサファリ パークルールを守ってね!
  • この記事が参考になった人(17)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。