1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. スリランカ
  5. 買物・土産
  6. アクティブ&リゾートがギュっと詰まった宝石箱のような島!よくばりスリランカの旅★

今日も旅する!!ファイブスタークラブ世界探検隊

~お客様の代わりにファイブスタークラブ社員が世界中をチェックしてレポートしてきました。~

プロフィール

ニックネーム:
ファイブスタークラブ
居住地:
東京都
会社名:
ファイブスタークラブ
会社英字名:
Five Star Club
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3259-1511
業種:
旅行業
自己紹介:
1.全コース1名より催行保証。ツアーキャンセルはありません。(ごく一部のコースを除く)
2.アレンジ自由自在。延泊や減泊、ホテルグレードUP、航空会社指定、何でもできます。
3.基本的に少人数でのツアーで団体旅行のわずらわしさはありません。(ごく一部のコースを除く)
3.遊牧民のゲルにホームステイやサハラ砂漠でキャンプなど、その国でしかできないユニークなオリジナルツアーを企画。
3.毎週土曜日、各方面の専任スタッフが説明会を実施。疑問、質問は何でもどうぞ。(予約制)

カレンダー
4月<2023年5月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

アクティブ&リゾートがギュっと詰まった宝石箱のような島!よくばりスリランカの旅★

2016/01/04 17:37
スリランカ
エリア:
  • アジア > スリランカ > ダンブラ
  • アジア > スリランカ > シギリア
  • アジア > スリランカ > ゴール
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 世界遺産
  • / 歴史・文化・芸術






6月上旬、キャセイパシフィック航空主催のファムツアーにてスリランカにご招待いただきました。
スリランカってどんなところ?と聞かれてもなかなか思い浮かばず、なんとなく紅茶がおいしいところ!というぼんやりしたイメージしかなかった私。なんて知識不足なんだ・・・
そんな私が今回スリランカの旅を通して、とびっきり楽しいスリランカの過ごし方を知ることができました!!!そして実は親日なお国であるスリランカ!
紅茶だけじゃない!スリランカの素晴らしさをぜひたくさんの方に知って頂きたいと思います。
----------------------------------------------------------------------
★香港乗り継ぎでコロンボへ!





途中の香港ではなんと6時間のトランジットが・・・!
この時間をどう過ごそうかと悩むところですが、
過ごし方としておすすめしたいのがキャセイパシフィック航空のラウンジ。
香港には空港内に6か所ものラウンジがあります。
美味しい担担麺に舌鼓を打つのもよし!シャワーを浴びてリフレッシュするもよし!
出発する飛行機をみながら優雅にシャンパンを飲むのもよし!
という素敵な時間を過ごせます。
(※ただしビジネスクラスご利用のお客様に限ります。)
香港で旅の楽しみを増やしてみるのもおすすめです。



そんなトランジットの時間を経て、いざスリランカへ!
入国手続きを済ませるときにSIMカードを無料でいただきました。


そして空港を出るとまさかの大雨でしたが、
そんな雨を吹き飛ばすくらい素敵な笑顔の現地オペレーターさんたちがお出迎え!
プルメリアの花をプレゼントしてくれました。



★遺跡巡りで歴史に触れる1日
この日、スリランカではポヤデーと呼ばれる満月の日。
スリランカの人々はこの日のために、たくさんの仏教を意味する旗と
ポヤデー用の飾りものを町中に装飾します。





そして正装である白い服を着て寺院などに参拝に行くそうです。
また祝日のため、お店はほとんどお休みとなりますが、
道端のいたるところで食べ物の無料配布が行われていました。
中にはアイスクリームや人気のクッキーなどの配布もあって大行列!



そんなポヤの日にダンブッラ遺跡とポロンナルワ遺跡へ!
いつもは空いているそうですが、この日は国内観光や
遺跡参拝に訪れるスリランカ人で大混雑でした。
最初にダンブッラ遺跡へ行きました。







ダンブッラ遺跡はなんと2000年以上前に造られたものと言われており、
5つにわかれた洞窟になっています。
洞窟の中はこんな窮屈なところにどうして!!と言いたくなるくらい
大きな仏像さんたちがたくさんいらっしゃる。
特に大きな涅槃物は足のうらに赤い模様が描かれているのが特徴だとか。
ちなみに、この洞窟まで辿り着くまでに階段や坂道を上るので
しっかり準備運動してから行くことをおすすめします!!!
あとイタズラ好きのお猿さんにもご注意ください。

続いてポロンナルワ遺跡へ。
ポロンナルワ遺跡は意外にとっても広いため、
私たちはバスで遺跡内をバスで移動しました。
こちらの遺跡はかつてシンハラ王朝の首都があった場所。
顔の部分を失った大きな仏像があったり、様々な彫刻が残るクワドンラングル、
巨大な岩に刻まれた美しい模様の3体の仏像など、
ライトアップされた夕暮れの遺跡群はとても神秘的でした。









こちらは17:30までに受付できれば入ることができますが、
それ以降になると入れないので注意です。
ライトアップされた遺跡もとてもきれいなのでおすすめです。
※ポヤの日は道路が渋滞するので注意が必要!

★シギリヤロックとともにアクティブな1日
翌日はスリランカのシンボル的存在、シギリヤロックへ!



今回宿泊したホテルシギリヤからは、なんとロビー正面より
美しいシギリヤロックを拝むことができる、とっておきの宿泊地!!!!
さらに!シギリヤロックまで車で10分程の距離という好立地!
このシギリヤロック付近は世界遺産区域のため、これ以上ホテルの建築ができなくなっているので、今回のホテルシギリヤともう一つのシギリヤビレッジの2つしかありません。
空いている早朝からシギリヤロックに登りたい!という方は是非ともこの2つのホテルで宿泊することをおすすめします。(シギリヤロックは朝7時から登れます!)
もちろん私たちも早朝7時から、いざシギリアロックへ!
シギリヤロックを登るには角度が急な階段を上らねばならないので
必ず歩きやすい靴で行くことをおすすめします!
(なんと多くのスリランカ人の方々は裸足でしたが...!笑)
頂上に行くまでにたくさんの見どころも!
まずはこちら!美しく残っているシギリアレディ。みんな美人。





そして足だけなのにこんなに大きいライオンロック。
もし、からだ全体あったらどれだけ大きいのだろうか・・・



ライオンロックの間の階段からは更に頂上を目指しますが、
高所恐怖症の人にはすでにお勧めできない感じの高さ・・・!
しかも足場が狭い階段、、ですがそれを頑張って登るとついに頂上がー!





天空の宮殿ともいわれるシギリヤロック。
まさにその名にふさわしい宮殿跡と雄大な360度パノラマ!!!!
こんなジャングル満載なところに宮殿を造ってしまうなんて。
歴史を遡ると、かつてこの宮殿を造った王様は弟から王の権利を勝ち得るために、
父親を殺し、弟をインドへ追放してまでこの宮殿を築いたとか。
どんな思いでこの景色をみていたのだろう・・・と思いつつも頂上の空気を満喫しました。

シギリヤに満足したあとはとってもお腹がすいたので
ジェットウィングヴィルウヤナにてスリランカ料理のランチ!
現地オペレーターさんを先生に食べ方を教えてもらいました。



最初はとても抵抗がありましたが、やってみるとなぜかとっても美味しく感じる!?
スリランカのカレーはサラっとしていますが豆、鶏肉、マンゴー、サツマイモ・・・など
種類豊富なカレーがいっぱいなのです!!!
さらにそのカレーたちをごはんや備え付けのお野菜や薬草や
カリカリのチップス的なものなどと手でまぜまぜして食べるのがこれまた美味しい!!!
出発前は食事でお腹壊したらやだなあ、なんて思って正露丸持ってきたのですが、これは食べ過ぎてお腹痛くなるパターンのが濃厚だと感じました。笑





★アーユルヴェーダで癒しの一日
打って変わって、この日はのんびりリゾート気分でアーユルヴェーダを体験してきました。
アーユルヴェーダは実はスリランカが発祥の地!
生命の(アーユル)科学(ヴェーダ)を意味します。
また、スリランカ発祥の本格的なアーユルヴェーダは
最初にドクターコンサルテーションが必ず入り、脈診をもとに体の状態を診ます。
その後診察内容をもとに医師の指示で施術となります。
ちなみに、ジェットウィングラグーンというホテルには
ドクターCTスキャンとも呼ばれる名医さんがいらっしゃって
脈診や顔色を診るだけですべてお見通し!?というナイススマイルな先生も。
こちがら噂のドクター。



ジェットウィングラグーンはながーい100mプールと静かなラグーンが広がる
バワ建築のリゾートホテル。





今回私はジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズという
アーユルヴェーダをメインとして滞在ができるホテルで施術を体験してきました。
これまた美人な女性ドクターに診察をしていただきました。
脈診だけなのに、こういう症状はない?大丈夫?と、
丁寧に診察していただきました。恐るべしスリランカドクター!



診察後は手際よくスタッフが施術の準備をし、
ドクターの指示で決められた薬草やオイルで全身を癒してくれます!
ベテランスタッフの方による施術はまるで天国・・・、あっという間の45分でした。





ちなみに本格的なところでは、アーユルヴェーダの中でも有名な
シロダーラ(今回は体験してませんが)と呼ばれるオイルを額に流す施術は、
雨の日や日が沈んでいる時間はできないそうです。
もし施術希望の場合はあらかじめ確認をしておくとよさそうです。

★旧市街でショッピングを満喫な一日!
この日は前日から宿泊したベントータからゴールへ移動!
アヴァニベントータホテルからは列車の駅が目と鼻の先!
バワ建築のスタイリッシュなホテルなので施設内のデザインを見ながら散策するのも楽しい。









そんなアヴァニベントータをあとにして、
大雨のせいで30分ディレイというマイペースな列車に乗車!
列車と列車の間の通路移動ができないので、駅の屋根があるホームから乗車予定の先頭車両まで雨の中を猛ダッシュしてギリギリ駆け込んだ車内はなんと・・・エアコン&フリーWIFI完備!!
さすが、スーパーラグジュアリーエクスプレス!







ベントータの浜辺から町中へと駆け巡る列車の旅は風も心地よくとってもおすすめ!

そんな列車に揺られて到着したゴール!
世界遺産にも登録されているゴール!
旧市街も美しい、見どころたくさんのゴール!



この美しい旧市街、20世紀半ばまではオランダやイギリスなどの植民地支配をされていたため、西洋文化を感じる建物が数多くあります。
2004年にあった津波では城壁のおかげで死者を出さずに済んだそうです。
この素晴らしい街並み、ずっと残っていてほしいと心から思いました。
また、ゴールの旧市街は街歩きにはとっても楽しい!
食事のお店もたくさんあって中には日本食レストランや
ガイドブックでよく目にするおみやげやさんも!
かわいい雑貨がそろうお土産屋さんが盛りだくさんで女子向きです!







その後、この日はコロンボへ。



道がとーーーっても混んでいたので夕方に到着!
コロンボはオフィスが多いので車で周りの町から通勤している人が多いらしい。
なので朝と夕方は大混雑!!!!車やバスでコロンボへ向かう日は渋滞時間も考えて予定を立てるのがベスト!





ここでは以前の大統領、J.R.ジャヤワルダナ氏の資料館へ。
日本での認知度はとても低いと思いますが、天皇陛下や皇太子様からの贈り物もあり日本との深いつながりをとても感じました。
実は、サンフランシスコ講和会議の際のジャヤワルダナ氏のスピーチによって日本は救われたと言っても過言ではないのです。
第二次世界大戦後の敗戦で日本の処遇を決めるこの会議、彼は仏陀の言葉で「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」と述べて各国の賛同を得たことにより、日本が国際社会への復帰をできたとか。
かなり簡略化して書いてしまいましたが、これはスリランカではとっても有名な話!
今の日本へと導くきっかけを作ってくれたジャヤワルダナ氏に、スリランカに、もっともっと感謝して、多くの人に知ってほしいと思いました。

そんなこんなであっという間のスリランカの旅!
スリランカのアラックというお酒がおいしくて忘れられない、私!
おいしいカレーが毎日でてくるスリランカが恋しい・・・!
アクティブに動きまわりたい人にも、食事を楽しみたい人にも、
リゾートを感じさせる場でゆったり癒されたい人も、
どんな要望にもこたえてくれるスリランカ!本当に素晴らしいです。

今回は体験してませんが、ホロスコープや宝石などもとっても有名なので、
女子旅にはもってこいです!もちろん男子旅にも!
是非今後の旅先候補にはスリランカを・・・☆

・シギリヤロック ★★★★★
(頂上の宮殿からの地上の景色が最高!世界が自分のものに!)
・ダンブッラ遺跡&ポロンナルワ ★★★★
(ポヤの日以外でゆっくり見るのがおすすめ!)
・アーユルヴェーダ体験★★★★★
(ドクター付きの本場の施術でリフレッシュ!)
・ゴール ★★★★
(旧市街の美しい街を満喫!)

(2015年6月 柳 舞美)
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない


国一覧
アジア
ベトナム(8)
カンボジア(8)
タイ(6)
インドネシア(5)
スリランカ(4)
中国(4)
マレーシア(4)
ブータン(4)
トルクメニスタン(3)
香港(3)
インド(3)
ラオス(2)
ウズベキスタン(2)
シンガポール(2)
ネパール(2)
ミャンマー(2)
モンゴル(1)
キルギス(1)
ブルネイ(1)
台湾(1)
中近東
トルコ(6)
ヨルダン(3)
アラブ首長国連邦(3)
イスラエル(3)
パレスチナ自治区(2)
イラン(1)
レバノン(1)
ヨーロッパ
イタリア(7)
スイス(5)
ドイツ(5)
クロアチア(4)
ギリシャ(4)
フランス(4)
イギリス(4)
スペイン(4)
フィンランド(3)
ポーランド(3)
ロシア(3)
チェコ(3)
オランダ(3)
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2)
アイスランド(2)
アルメニア(2)
グルジア(2)
ルクセンブルク(2)
ポルトガル(2)
リトアニア(2)
アイルランド(2)
エストニア(2)
オーストリア(2)
ハンガリー(2)
ブルガリア(1)
ルーマニア(1)
セルビア(1)
スウェーデン(1)
ベルギー(1)
マケドニア(1)
スロバキア(1)
ノルウェー(1)
モンテネグロ(1)
アゼルバイジャン(1)
ベラルーシ(1)
アフリカ
モロッコ(17)
エジプト(5)
南アフリカ共和国(3)
ボツワナ(3)
ジンバブウェ(2)
タンザニア(2)
チュニジア(2)
ケニア(2)
アルジェリア(2)
マダガスカル(1)
エチオピア(1)
ガーナ(1)
ザンビア(1)
トーゴ(1)
ベナン(1)
ハワイ
オアフ島(1)
ハワイ島(1)
オセアニア
オーストラリア(6)
パプアニューギニア(4)
ニュージーランド(4)
南太平洋
ニューカレドニア(2)
バヌアツ(2)
クック諸島(1)
タヒチ(1)
カリブ海
キューバ(3)
セントルシア(1)
セントマーチン(サンマルタン)(1)
プエルトリコ(1)
中南米
メキシコ(6)
ボリビア(4)
グアテマラ(2)
エクアドル(1)
ペルー(1)
ベリーズ(1)
ブラジル(1)
パナマ(1)
ニカラグア(1)
コロンビア(1)
コスタリカ(1)
北米
アメリカ西部(5)
アメリカ東部(4)
カナダ(2)
インド洋
モルディブ(3)
セイシェル(1)