1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. ファイブスタークラブさんの旅行ブログ

  海外エリア: アフリカ > モロッコ の他のブログはこちら|

今日も旅する!!ファイブスタークラブ世界探検隊

~お客様の代わりにファイブスタークラブ社員が世界中をチェックしてレポートしてきました。~

プロフィール

ニックネーム:
ファイブスタークラブ
居住地:
東京都
会社名:
ファイブスタークラブ
会社英字名:
Five Star Club
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3259-1511
業種:
旅行業
自己紹介:
1.全コース1名より催行保証。ツアーキャンセルはありません。(ごく一部のコースを除く)
2.アレンジ自由自在。延泊や減泊、ホテルグレードUP、航空会社指定、何でもできます。
3.基本的に少人数でのツアーで団体旅行のわずらわしさはありません。(ごく一部のコースを除く)
3.遊牧民のゲルにホームステイやサハラ砂漠でキャンプなど、その国でしかできないユニークなオリジナルツアーを企画。
3.毎週土曜日、各方面の専任スタッフが説明会を実施。疑問、質問は何でもどうぞ。(予約制)

カレンダー
4月<2011年05月>6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 31

記事一覧

1 - 5件目まで(14件中)

砂漠日の出
砂漠サンライズ!
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>メルズーガ
テーマ:自然・植物 
投稿日:2011/05/31 10:28
砂漠一番星
見えますか?砂漠の"一番星"


絵になるシルエット
絵になるシルエット


翌朝は、ガイドさんに起こされるまでもなく目が覚めた。他のメンバーもごそごそと起き出しお互い助け合ってペットボトルの水で顔を洗う。寝ている間も細かい砂がテントに入り込んでいたそうだ。また、朝方に雨がサァーッと降って、これまた雨水がテントに入り込んでいたそうなのだが熟睡していた私は全くもって気が付かなかった。


砂漠トイレ
砂漠のトイレ

東の空が徐々に白み始めたのでメンバーそれぞれが思い思いの場所へ。まずは、テントのそばの小高い丘に行ってみる。すると、あたり一面の砂にトイレットペーパーが埋まり風でひらひらしている。昨夜、トイレで使った場所付近だったのだが、その時は暗闇でよく見えなかったのだろう。これまでのキャンプツアー参加メンバーの多くがここで用を足した痕跡だ。荘厳な朝日を眺めるには適切な場所ではないと思い別の場所を探す。すると少し離れたところにある大砂丘の尾根に数人の人影を発見。私もそこに行くことにした。太陽が昇る速度と競争するように大砂丘の頂点を目指す。しかし、8合目まで行ったところで頂上アタックを断念。早朝に降った雨で砂がある程度固められ、多少は歩きやすくなってはいたのだが砂地を歩くのはかなり困難だった。へたって座り込むと尾根になっているため強風をもろに受け、砂が顔にあたって痛い。はぁはぁ言いながらカメラを構え日の出を待った。


砂漠日の出
無事撮影できました!

砂漠風紋
日の出で赤く染まった砂漠と美しい砂の風紋


吹き飛ぶ砂
見えますか?強風で吹き飛ぶ砂!


太陽が昇ると砂漠一面が赤く染まって何とも言えない美しい風景となった。夜も朝も訪れる者に感動を与える砂漠の景観。まさに、一生に一度は訪れてみたい場所だろう。
上るのは大変だったが下るのは楽ちんだった。バージンスノーならぬバージンサンドを駆け下りるのは、とても気分がよかった。

砂漠駆け下りる
自分のテント目指し一気に駆け下りる!

テントに戻ると簡単な朝食が用意されていた。朝食を終えるとすぐ身支度をして出発地点のセンターに向けて出発です。

PR
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
テントタジン
キャンプ地到着!
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>メルズーガ
テーマ:自然・植物 
投稿日:2011/05/31 10:28
キャンプ地に到着後、ダイニング用のテントで紅茶を飲みながら休憩しているとほどなく夕食タイムとなった。メニューはタジン。ボリュームたっぷりで味もまずまず。


テント
キャンプ地に到着しホッと一息


テントタジン
モロッコ名物"タジン"

夕食後、尿意を催したのでガイドさんにトイレはどこかと尋ねると、「どこでもどうぞ」と言われた。もちろん、トイレはないことを知ってはいたが、ある程度の場所くらいは決まっているのではと思い聞いてみたのだが・・・。月明かりに照らされた砂漠を見つめ、強風にさらされながらワイルドな気分に浸りつつ事を済ませた。これもまた気分爽快。
その後、6人の参加メンバーで、お互いのこれまでとこれからの旅程を確認し合いながら会話を楽しんでいるといつの間にか夜は更け就寝タイム。次の朝は砂漠の日の出を観賞するため朝は早い。もちろん、ガイドさんが起こしてくれる。

テント1
4枚の毛布で防寒対策バッチリの"ベッド"


砂漠の夜はもちろん静かだ。空を見上げると月の明るさにも負けない満天の星空。しばらく空を見続けているといくつもの流れ星も見ることができる。テントのそばではラクダが休憩している。テント、ラクダ、強い風、舞い散る砂、月、満天の星、流れ星、そして、暗闇に怪しく浮かぶ巨大な砂漠。こんな大自然に囲まれたテントの中で一瞬のうちに眠りに堕ちた。

PR
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
ラクダ2
いざっ砂漠へ!!!
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>エルフード
テーマ:自然・植物 ドライブ 
投稿日:2011/05/31 10:28
砂漠ツアーの基点の町、エルフードに到着!

エルフードに到着すると別の車に乗り換え、サハラ砂漠キャンプツアーの出発地点(メルズーカ近郊)を目指す。ほんの数分でエルフードの町を通り過ぎ、地平線の見える大平原をひたすら4WDの車でひた走る。ところどころ木々が生えているものの、ここも既に砂漠地帯である。「砂漠」というと、見渡す限り砂地が広がり、美しい風紋を織りなす大砂丘の風景を想像するが、実際には岩原など、地形は多岐にわたる。世界の砂漠地帯を土質で面積の広い順に分類すると、岩石砂漠>礫(小石)砂漠>砂砂漠の順になると言う。


砂漠電線
砂漠の"電柱"

大平原を4WDで走行していると、再び、不思議な物体に遭遇。砂地に埋まったマンホールのように見えるその物体は、水に関係する施設かと思わせたが、話を聞くと送電線が砂の中を走っているそうだ。砂に埋まった電柱と言ったところだろう。この物体によって、砂漠の真っ只中でも電気が使えるようになっている。
また、この30分ほどの道のりで、いくつかのホテルが出現する。多くが、フランス文化の雰囲気が漂う「オーベルジュ」と呼ばれるレストランを併設する宿泊施設だ。「砂漠のキャンプはちょっと・・・」と思われる方にうってつけのホテルだ。砂漠の気分を味わうと同時に、しっかりっとした料理も楽しめる。でも、ファイブスタークラブとしては、いくつかの不便はあるものの、やはり、「ラクダに揺られて砂漠のど真ん中へ!!360度見渡す限りのサハラ砂漠で1泊キャンプ」をお奨めする。異次元とも言ってよい、360度、砂に囲まれた砂漠の世界は、実際に行ってみないと本当のところはわからないと思う。


ラクダ
ラクダに跨り出発!!
向こうに見えるのがセンター


日が傾きかけた頃にサハラ砂漠キャンプツアーセンターに到着する。大砂丘が迫るすぐ近くにこのセンターはある。結構立派な建物だ。ここに、キャンプツアーに必要のない物は置いていく。お風呂はないので、着替えは特に必要ない。自前の寝袋も必要ない。夜の気温に合わせてガイドさんがテントで毛布を配ってくれる。電気はあるが、砂漠では水は貴重品なので、自分が使う水は自分で用意しないといけない。飲む以外に、洗顔や歯磨きにも水が必要になるので、大きなサイズのペットボトルは必須。もちろん、出発地点のセンターで販売している。それと、トイレットペーパーも忘れずに!
この日のキャンプツアーに参加するメンバーがセンターに集まり次第、砂漠のど真ん中を目指しラクダに乗って出発する。


ラクダ1
慣れてくると気分爽快!

ラクダに乗る体験は日本ではなかなかできない。そして、90分の道のりは、はたして長いのか短いのか。でも、ラクダに乗って動き出した瞬間、その答えは出た。
ラクダの背中に乗ってあたりを見渡すと、その視界の高さに驚く。でも、気分は爽快!!
出発したセンターの建物が徐々に背後に消えていくと、360度見渡す限りの砂漠となる。うねるような砂のなだらかな曲線がとても美しい。
砂漠は起伏が多いので結構揺れる。砂漠に慣れているラクダでも柔らかい深い砂地で足を取られることもある。鞍の金具を手できつく握り締め、前傾姿勢になって揺れに抗(あらが)う。慣れてくるまでは、どうしても体に余分な力が入る。それがまた楽しくもあるのだが徐々に疲れてくる。

ラクダ2
柔らかい砂地に足を取られるラクダたち


ラクダは1本のロープでつながれていて、常に一列渋滞で移動する。ふと、前の参加メンバーに目をやると、やけにリラックスしてラクダに乗っている。よくよく見ると鞍の金具を持っていない。とても楽そうにラクダに乗っている。キャンプ地に到着し、彼と会話をしてわかったことなのだが、その彼はスイスに住んでいて乗馬の経験が豊富だった。ラクダに乗るコツを掴んだ私は、何とかリラックスして乗れるようがんばっていたらあっという間にキャンプ地に着いてしまった。鞍の上に何枚もの毛布を重ねて乗ってはいたが、お尻はちょっと痛かった。でも、その痛さも心地よいものだった。壮大な砂漠の景色は人の心を優しく包みこむ。

PR
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
井戸スタッフ
砂漠を感じ始めた!?
エリア:
  • アフリカ>モロッコ>エルフード
テーマ:街中・建物・景色 自然・植物 
投稿日:2011/05/31 10:28
【これらはいったい何なのか?】

井戸イメージ

今回、モロッコを旅していて、"砂漠"を感じ始めたのは、カスバ街道の終点にほど近い、エルフード近郊あたりからだった。道路脇に盛り上がる細かい砂に取り囲まれ、強風に吹き飛ばされた砂が視界を遮り辺り一帯が黄色い世界になる。そして、ほどなく、砂漠の中に広がる異様な光景を目にする。砂漠の平原に無数の小山が形成されていて、大きなアリ塚のようにも見えなくはないがアリ塚にしては大きすぎるような気がした。
「これらはいったい何なのか?」
それは、約1000年も前に人間の手(ベルベル人)によって掘られた井戸だった。ガイドさんの話を聞くと、昔は、地下に多くの水脈が通っていて、その無数の穴から滑車を使って水を汲み上げていたそうだ。井戸は、すべて地下で繋がっていたのだが、水が取れなくなってからは、地盤沈下や、風化で大部分の地形が変わってしまったという。ガイドさんは、その証拠に、ひとつの井戸から入って、別の井戸から出てくるといった実演を見せてくれた。今でも25mくらいある深さの井戸を器用に下りていき、真っ暗闇の中を通って見事に別の井戸から上ってきた。拍手喝さい!!

井戸スタッフ
【この様に足を使って水を汲み上げる】


井戸スタッフ1
【穴は深くて真っ暗】

PR
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
ハマム1
アラブ式スティームバス!ハマムやりましたー
エリア:
  • アフリカ>モロッコ
テーマ:スパ・エステ 
投稿日:2011/05/31 10:28
砂漠帰りで、雪山を越えて移動をしてもうクタクタ。
そんな時、本日の宿泊ホテル【フェズ・イン】にてハマムを体験することとなりました!

ハマムとはアラブ式のスティームバス!
イスラムでは礼拝の前に身を清める習慣があることから、公衆浴場としてモスク周辺にあることが多いそうです。
中級クラス以上のホテルには、エステ的な位置づけで併設されていることが多いです。

まず受付にてコースを選びます。
時間とオイルマッサージの有無を伝えます。
せっかくなんでオイルマッサージもお願いしちゃいました♪

まずは恒例の紙パンツ的なものに変身!
順番にスティームバスへ。うーんここまでは普通。

しばらくするとパワフルなオバサマが登場し、うつぶせになれ!と。。。
なにされるかと思ったら、いきなりアカスリスタート(驚)
恥ずかしいくらいボロボロと分身達が。。。
その後エキゾチックなクリームを全身に塗られ放置。

ハマム1
【作業台(笑)】
数分後、お湯をかけられアカスリ終了。

それから部屋を移動して全身オイルマッサージ開始。
ハマム3
こちらほどよく気持ちよい♪リラックスしてしまいうとうと寝てしまいました。
終了後も爆睡していたところ、先程登場したパワフルオバサマに叩き起こされ。大爆笑されながら終了。

想像以上に清潔なので女性でもまったく問題ありません。(施術師も全員女性!)
また男性でもかなりごしごしやってくれるので気持ち良いです。
ぜひ一度お試しあれ♪

PR
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜
【モロッコ特集】〜サハラ砂漠でキャンプ!ラクダに乗って砂漠のど真ん中へ!〜

1 - 5件目まで(14件中)


国一覧
アジア
ベトナム(8)
カンボジア(8)
タイ(6)
インドネシア(5)
スリランカ(4)
中国(4)
マレーシア(4)
ブータン(4)
トルクメニスタン(3)
香港(3)
インド(3)
ラオス(2)
ウズベキスタン(2)
シンガポール(2)
ネパール(2)
ミャンマー(2)
モンゴル(1)
キルギス(1)
ブルネイ(1)
台湾(1)
中近東
トルコ(6)
ヨルダン(3)
アラブ首長国連邦(3)
イスラエル(3)
パレスチナ自治区(2)
イラン(1)
レバノン(1)
ヨーロッパ
イタリア(7)
スイス(5)
ドイツ(5)
クロアチア(4)
ギリシャ(4)
フランス(4)
イギリス(4)
スペイン(4)
フィンランド(3)
ポーランド(3)
ロシア(3)
チェコ(3)
オランダ(3)
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2)
アイスランド(2)
アルメニア(2)
グルジア(2)
ルクセンブルク(2)
ポルトガル(2)
リトアニア(2)
アイルランド(2)
エストニア(2)
オーストリア(2)
ハンガリー(2)
ブルガリア(1)
ルーマニア(1)
セルビア(1)
スウェーデン(1)
ベルギー(1)
マケドニア(1)
スロバキア(1)
ノルウェー(1)
モンテネグロ(1)
アゼルバイジャン(1)
ベラルーシ(1)
アフリカ
モロッコ(17)
エジプト(5)
南アフリカ共和国(3)
ボツワナ(3)
ジンバブウェ(2)
タンザニア(2)
チュニジア(2)
ケニア(2)
アルジェリア(2)
マダガスカル(1)
エチオピア(1)
ガーナ(1)
ザンビア(1)
トーゴ(1)
ベナン(1)
ハワイ
オアフ島(1)
ハワイ島(1)
オセアニア
オーストラリア(6)
パプアニューギニア(4)
ニュージーランド(4)
南太平洋
ニューカレドニア(2)
バヌアツ(2)
クック諸島(1)
タヒチ(1)
カリブ海
キューバ(3)
セントルシア(1)
セントマーチン(サンマルタン)(1)
プエルトリコ(1)
中南米
メキシコ(6)
ボリビア(4)
グアテマラ(2)
エクアドル(1)
ペルー(1)
ベリーズ(1)
ブラジル(1)
パナマ(1)
ニカラグア(1)
コロンビア(1)
コスタリカ(1)
北米
アメリカ西部(5)
アメリカ東部(4)
カナダ(2)
インド洋
モルディブ(3)
セイシェル(1)