1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. カトマンズの公立学校が減っていく・・・

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
10月<2022年11月    
1 2 3 45
6 7 8 9101112
13 141516171819
2021 2223242526
2728 2930

アーカイブ

カトマンズの公立学校が減っていく・・・

2012/10/14 17:52
エリア:
  • アジア > ネパール > カトマンズ
  • アジア > ネパール > ネパールその他の都市
テーマ:
  • その他
公立学校の閉校に関する話題です。

過去2年間にカトマンズ、バクタプル、パタンの
公立学校33校が閉校になっているそうです。

このうち、4校は、生徒が一人もいませんでした。
公立学校では教師一人の生徒数45人が基準ですが、
カトマンズでは、20人に満たない学校が20%に及びます。
公立学校の生徒数がかなり減っていることが分ります。

閉校までいかなくても、合併がなされようとしている学校もあるようです。

これは、私立学校数の急激な増加が主な原因のようで、
教育の質を求める生徒や親達が私立学校を選んでいます。

カトマンズ教育事務所では、
この2年間、私立公立を問わず、
学校新設を認めていないということですが、
ここ5年間で公立学校に入学する生徒数が目立って減少し、
更に、この先の5年間で閉校に追い込まれる学校がかなりあるだろうとの予測です。

ただ、地方からはこの先もずっと学校を閉鎖しないで、との声が上がっています。



公立学校の制服は、
ブルーのワイシャツにストライプのネクタイ、
紺色のパンツまたはスカート、
紺の靴下に黒靴、
と全国共通です。

トレッキングでは、この格好をした子供たちを見かけることが多いです。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,191)