1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ネパールのわたしさん
  4. ウェディングの記事一覧

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
7 89101112 13
1415 1617181920
21222324252627
28293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(12件中)

結婚式4
結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2019/02/18 17:43
コメント(0)
私が出席したネパールの結婚式の報告です。

ヒンドゥ教徒の結婚式に出席しました。見合い結婚です。式は、午前中に始まり、終わったのは夕方の4時半でした。
会場は新婦側で用意し、楽隊は新郎側が連れてきます。式のあと新郎新婦が乗る車には飾り付けがされ、ひと目で結婚式の車と分かります。新婦の赤いサリーをはじめ、会場は赤が目立ちます。
草で作った首飾りを新郎新婦が互いに掛け合うと、結婚成立。
そのあとは、新婦側の人たちによって行われる儀式で、簡単に「足を洗う」といっていますが、新郎新婦の足に水をかけてお祝いし、この場で各人から様々なプレゼントが新郎新婦に渡されます。私は新婦側の出席だったので、人たちに混じってお祝いを渡しました。今は、物よりもお金を渡す人が多いようです。
新婦側の少女たちに許された遊びがあり、新郎の履物を隠してしまいます。取り戻すには、新郎側はいくらかのお金を渡さなければならず、少女たちは真剣な交渉をしていました。新郎は誰もこれをやられるそうです。
食事の時間には、新郎新婦揃ってセルフサービスのテーブルから食べ物を取り、並んで食事。
昼食休憩後、再びプジャが始まりました。
実は、ネパールの結婚式では、ほとんどの新婦が泣く、といわれています。今回の新婦も涙を流し始めたので、お坊さんが「家を離れて、新しい生活が始まるんだよ…」みたいなことを言っているのかな、と想像しました。
こうした儀式が行われている間、新郎側の出席者は何をしているかといえば、ご飯を食べ、歓談し、踊りまくって、式が終わるのを待ちます。
身内の男性に背負われた新婦が新郎の車に運ばれて、式は終わります。新婦を運び込んだ車は、新郎側の人たちと共にあっという間に会場を離れました。
私はこれまで新郎側の結婚パーティーには何回か出席しましたが、新婦側として、結婚式に出席したのは、初めてでした。そこで分かったことは、結婚式は、新婦とその関係者のために行われるということでした。
8,9歳の頃から知っていた少女が成長し、結婚。私もある感慨に包まれた一日でした。
なお、結婚式前の吉日には、両家が集まって、婚約式がありました(私も出席)。結婚式の後は、日を改めて新郎側がパーティーを開きます。この時は、基本的には、新郎側のみの出席です。

結婚式1
式場に到着した新郎と飾られた車
結婚式3
草で作った首飾りを新婦にかける新郎
結婚式4
新郎新婦と介添え役の少女たち
結婚式2
伝統楽器で式を盛り上げる楽隊
結婚式5
「足を洗う」まずは新婦の両親から
結婚式7
食事。履物を隠されて新郎は裸足です
結婚式6
新郎の関係者が袋を持っています。何のため?いただいたお祝いの包みを次々とこの中に入れるためです

ビバハ2
結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2017/12/11 15:08
コメント(0)
今日も結婚式がある日です。
今朝は、私の家の近くから、花婿が式場に向かいました。
男性たちは、ネパールの男性の正装を着込んで、改まった雰囲気を出し、
女性達は、きらびやかなサリーに身を包んでいます。
花婿の行列を盛り上げる楽隊が、力の入った演奏を繰り広げる中、
こちらは、晴れがましいとしか形容の言葉がない花婿が登場し、
出発前の儀式や祝福を受けています。
花婿の車をはじめ、出席者の車、大型バスなどが列を組んで出かけていきました。
式の後、夕方には花嫁を連れた行列が帰ってきますが、
そのときも楽隊が知らせてくれます。

今日は、強すぎない日差しが射す穏やかな日です。
今日も、数多くの新夫婦が誕生するようです。

ビバハ1
(結婚式を盛り上げる楽隊)

ビバハ2
(結婚式の様子)

結婚式3
結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2016/11/30 14:37
コメント(0)
今朝、結婚式の音楽が聞こえてきたので、カレンダーで確かめました。
確かに今日は、結婚式がある日です。
今月は、久しぶりに結婚式ができる月で、今月中には10日あります。

結婚式といえば、ネパールでも年々派手になっているのでは、と感じています。
新婦の家に新郎が出向いて結婚式を挙げ、
夕方には新婦を伴って家に帰る、というのがもともとの結婚式だったと聞いています。
最近では、パーティーパレスと名のつく会場が増え、
そこで結婚式や披露宴をする人たちが多くなっています。
私の村にもそうした会場があり、
私の知人の家でもそこで披露宴をしました。
村の会場で提供する料理が、油も塩も辛味も、
すべてがバランスよく調理されていることに感心した覚えがあります。
ネパールの料理人、勉強しているのですね。
会場としてホテルを利用する人たちがいることも付け加えておきます。

自分の家は戸締りをして会場に出かけるわけですが、
お金がかかっても、そのほうが煩わしくないと考えるようです。

自分の目で見るネパールの変化のひとつです。

結婚式1
(楽隊に先導され、会場へ向かう新郎が乗る飾りつけた車)

結婚式2
(結婚式に欠かせないといわれる楽隊)

結婚式3
(新郎新婦)

結婚式1
ネパールの結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2015/12/02 15:45
コメント(0)
今朝は、ことのほか賑やかで元気な楽隊を先頭に、
式場へ向かう花婿の一行が、私の家の前を通りました。

先頭の楽隊に続いて、盛装した親戚などの関係者、
結婚式1
その後にきれいに飾った車。
結婚式2
この車には、花婿が乗っています。
そして、参列者の車やバイクが続きます。

ネパールの暦の今月モンシール月は、結婚式があります。
花婿が花嫁側 に出向いて結婚式を挙げますが、
会場は花嫁の家であったり、最近多くなったパーティーパレスであったり、
ホテルでの結婚式もあり、と多様になってきました。

花婿が花嫁を連れて帰ってくるのは夕方から夜にかけてです。
その時も楽隊が演奏する音楽が近づきますので、分かります。
家に着いたら今日の予定が終わるわけではなく、
花婿の家でも歓迎の儀式や親族紹介などが
長い時間かけて行われるのが一般的ですから、
二人にとっては長い一日になる筈です。

ネパールでは、結婚式と披露宴は同じ日にはしません。
披露宴は、日を改めて行いますが、
この時の招待者は、花婿の親戚や関係者のみです。
以前は、自分の家で披露宴もしていたようですが、
今は専門の会場が使えるので、家の人の負担が少なくなったということです。

結婚式いろいろ5
ヒーロー、ヒロインになる日
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2013/12/12 17:57
コメント(0)
11月中旬から12月中旬にかけての1ヶ月間は、ネパールの結婚シーズンです。
ネパール歴8月にあたるモンシール月の結婚は大変目出度いとされています。
今年のカレンダーを見ると、
このモンシール月だけで結婚式に適した日が11日示されています。

近所に花婿がいると、朝から楽隊が賑やかに結婚式の音楽を演奏する音が聞こえます。
花婿が式場に出向くのです。
楽隊は、トランペットの音を高らかに響かせるバンドあり、
ネパール伝統の楽器を奏でる楽隊ありで、さまざまです。

式場は、花嫁の家や、パーティ・パレス、貸切のレストラン、ホテルなど色々です。
屋外にテントを張って行うのが一般的ですが、
最近は、宴会場や高級ホテルでの挙式やパーティが増えつつあるそうです。

ネパールの結婚式は賑やかな音楽と共に行われ、
普通、朝から暗くなるまで続きます。
花嫁を連れ帰った花婿を、友人たちなどが音楽に合わせて歓声を上げたり、
踊ったりして迎えます。
二人を迎え入れる行事がさまざま行われ、それは夜遅くまで続くようです。

華やかな衣装の参加者に囲まれて注目を浴びる花婿花嫁。
誰もがヒーロー、ヒロインになる一生に一度の結婚式。
緊張の表情を見せる花婿と固い表情の花嫁を見ていると、
思いきり祝ってもらって、
二人にとっていい日でありますように、
そして、良い出発になりますようにと、願わずにはいられません。

結婚式いろいろ2
(結婚式に欠かせないバンド)

結婚式いろいろ1
(バンドに導かれて式場に向かう花婿の車)

結婚式いろいろ4
(花婿花嫁)

結婚式いろいろ5
(式に臨む花婿花嫁。右は式を司るお坊さん)

結婚式いろいろ6
(テントの中で祝いの食事を食べる)

結婚式いろいろ3
(花嫁を連れ帰った花婿を迎える人達)

結婚式いろいろ7
(披露宴でのふたり)

1 - 5件目まで(12件中)


国一覧
アジア
ネパール(1,154)