1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ネパールのわたしさん

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
2月<2019年03月>4月
12
34 567 89
101112131415 16
17181920 212223
24252627282930
31

アーカイブ

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

Holi3
ホーリー
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2019/03/20 13:52
コメント(0)
(休日:ホーリー満月祭)

楽しみにしている人たちが多い「ホーリー」。
去年は先月のファグン月でしたが、
今年はだいぶ遅くて、
今日チャイト月6日(2019年3月20日)がその日です。

別名「色の祭り」といわれるホーリーは、
ヒンドゥ教徒の祭りで、春の始まりを祝う祭りのひとつです。
「ハッピー・ホーリー」の掛け声とともに、
互いの顔に色の粉を塗りあって春を祝います。
これだけでなく、水も掛け合います。
小さなプラスチックの袋に入れた水や、
水鉄砲で掛け合っているうちはいいのですが、
エキサイトしてくると、バケツの水を頭から掛けたり、
水道につないだホースで掛け合ったりして、誰も水浸し・・・。
友達や家族など、互いに承知しあって遊びますが、
今日は、道を通りかかった人の顔にも粉をつけたり、
水を掛けたりしますので、出かけるにはそうされる覚悟が必要です。
粉はともかく、水をかけられるのを嫌がる人は、
外出を控えるのではないでしょうか。
(私もそのひとりです)

随分前から、店先にはホーリーをデザインしたT シャツが並び、
人々の気持ちを盛り上げてきました。
子供も大人もキャーキャーと大きな声を出して遊ぶ、
誰もが大好きな祭りのようです。
粉を塗りあうのは一瞬ですが、
そのあとの水の掛け合いが、大きな楽しみ、
のように私には思えます。
午前10時を回りましたから、そろそろ声が聞こえてくるのでは・・・。
照りつける陽射しではありませんが、
太陽が出ている午前中です。
思い切り楽しむことでしょう。

Holi3
(色の粉や水鉄砲を売る店・新聞より)
Holi1
(通りかかった人に水をかける子供・新聞より)
Holi2
(色の粉を塗りあった子供たち)

2075年12月チャイト月
2075年12月チャイト月
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2019/03/15 14:04
コメント(0)
ネパール暦2075年12月、1年最後の月はチャイト月です。
日本の3月15日から4月13日までの30日間です。
太陽は強くなり、ますます暑く乾燥した空気に悩まされ、
外出には日除けの傘が手放せません。
「ゴラ・ジャトラ(馬祭り)」や
ヒンドゥ教の神様のひとり「ラムの誕生日」、
顔に色の粉を塗りあったり、水をかけ合ったりするホーリーなどがあります。
また、今月は、強い風が吹く、といわれています。
ネパールの師走月は、いつもの毎日とまったくかわることなく、
また、人々も淡々と過ごしているように思われます。
新年の暦の売り出しもあわてることなく、
ぎりぎりになってようやく手に入るか、
時には、新年に入ってから、何てこともあるネパールです。​

2075年12月チャイト月

シェルパ族
ギャルポ・ロサル
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2019/03/07 17:46
コメント(0)
ギャルポ(シェルパ)・ロサル

今日は、シェルパ族の新年です。
暦には、「新年を祝う人のみ休日」と書かれています。
つまり、ギャルポ(シェルパ族)は、休日ということになります。
ネパールの民族は、それぞれの新年を持ち、祝います。
昨年までは、そのすべての新年が国全体の休日でしたが、
今年からは、関係する人たちのみが休日になりました。

今日は、どの民族の新年とも同じように、
カトマンズ中心部の公園にテントが張られ、
シェルパ族の人たちが集まり、
周りには、その人たちを相手にする物売りが大勢いるでしょう。
暑いほどの日差しを受けて、熱く盛り上がっていることでしょう。

シェルパ族
シェルパ族の人々(インターネットより)

シヴァ
シヴァ・ラトリー
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2019/03/04 14:09
コメント(0)
(休日:シヴァ・ラトリー)

ヒンドゥ教の神様シヴァの降臨を祝う祭りです。
シヴァは、ネパールの人たちにとても人気がある神様です。
シヴァは破壊神といわれており、
4年前の地震の時、シヴァを思い出した、と言った人がいました。

何日も前から準備がされ、用意が整ったパシュパテ寺院に、
ネパール国内はもとより、
インドからも大勢の参拝者が集まります。
周辺の道路は、バスも通行禁止になり、
人々がもみ合いながらお寺に向かうのだそうです。

日本の2月から3月に行われますが、
その年によって、生誕日が異なるのがネパールの特徴です。

シヴァ

朝から暖かというよりも、暑いと感じる陽が射しています。
人々にとって、いい1日になるでしょう。

1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
アジア
ネパール(1,152)