1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. 世界で最も生活費の高い・低い都市

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2 345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

アーカイブ

世界で最も生活費の高い・低い都市

2017/03/30 17:46
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • その他
「世界で最も生活費の高い・低い都市」という調査結果が発表になりました。
英国の経済紙「エコノミスト」の調査部門が行いました。
ニューヨークの生活費を基準(100ポイント)とし、
世界133都市の、
食品、飲料、衣服、家賃、光熱費、学費、娯楽費などの11項目から
生活指数を計算したものです。

ネパールの英字紙「カトマンズ・ポスト」は、
南アジア地域の各都市を比較し、
「カトマンズは南アジアにおいてはダッカ、コロンボに次いで3番目に高い都市」
として紹介しています。
その原因として、インドによる国境封鎖で物の流れに影響が出たことや、
インフレが進んだこと、
封鎖が解けた後もインフレの状態が長引いたことなどをあげています。

南アジアでは3番目の高さといっても、
133都市の中では116番目のカトマンズ。
1位のダッカ(バングラデシュ)でも62番目。
そのほかの都市では、コロンボ108番目、ニュー・デリー124番目、
チェンナイとムンバイ127番目、カラチ130番目、バンガロール131番目です。

高い都市の5本の指に入る東京、大阪とは、大きな開きがあります。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,176)