1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. 首相の車

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
4 5 6 789 10
1112 1314 151617
18 1920 21 222324
25 26 27282930

アーカイブ

首相の車

2017/06/27 17:44
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • その他
先日、カトマンズのはずれにある私の家に帰っている時のこと。
後ろから、ウーウーと、明らかに警察のそれと分かるサイレンの音。
この場所でサイレンを聞くのは、きっと、あれに違いないと思い当たりました。

タクシーの後ろの窓から振り返ってみると、
私の予想は、当たり!でした。
最近、なったばかりの新首相が自宅に向けてやってきました。
首相の自宅は私が住む村にあります。

タクシー運転手は、車を道の端に寄せて止めました。
ネパールでは、救急車がサイレンを鳴らしていても、
他の車が端に寄ったりするのを見たことがないといっても過言ではありません。
そのネパールのタクシーが止まって、首相の車を通したのです。
ちょっとした新発見と驚き、でした。

先頭に1台の白バイ、そのあと2台の警護車、
それに続いて首相の車、後ろにさらに2台の警護車。
ネパールにおける首相の警護のようです。
その後、今度は逆に、仕事に向かう首相の車に出合いましたが、
家に帰ったりするのも大変なことだな、と思っていました。

カトマンズ市内に首相官邸があるのですが、
首相は今はそこに移ったと聞きました。
ですから、これからはそう間近に首相の車を見ることはないでしょう。

小さなネパール、小さなカトマンズでなければ出合えない経験でした。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,172)