1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. 憲法記念日

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

憲法記念日

2022/09/20 13:33
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • その他
アソジュ月3日はネパールの憲法記念日です。

地震があった2015年に新憲法が発布しました。

この日の様子はテレビ中継されましたので、私はそれを見ていました。

大統領を乗せて国会に向かう馬車。

大統領を迎える政府関係者。

国会では、大統領が新憲法を捧げ持って最敬礼。

国会議員(憲法制定委員)がすでに署名を終えている

新憲法の最後の署名者として大統領が署名。

その後、大統領から新憲法の発布が告げられました。

その時の「アソジュ ティン(アソジュ月3日)」は今もはっきりと覚えています。

240年続いた王制が2008年に廃止され、

その後7年間の空白を経て、2015年新憲法が発布されました。



こうしてアソジュ月3日は、

「憲法記念の日」として、国民の休日になっています。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,191)