1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. ネパールその他の都市
  6. 観光地
  7. ゴルカを訪ねる その1 ゴルカ紹介

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
12月<2023年1月    
12345 67
891011 121314
1516 171819 2021
22 23 2425 26 2728
293031

アーカイブ

ゴルカを訪ねる その1 ゴルカ紹介

2013/04/19 15:03
ゴルカ1
エリア:
  • アジア > ネパール > ネパールその他の都市
テーマ:
  • 観光地
  • / 歴史・文化・芸術
ゴルカ(Gorkha)は、240年間続いたシャハ王朝発祥の地です。
この街のグルカ族の王プリティヴィ・ナラヤン・シャハが
いくつもあった王国を勢力下におさめ、
1768年にネパール統一を果たしています。
彼の肖像は、たくさんの王の中でもすぐ分かります。
それは、「ネパールはひとつ」と人差し指を立てているからです。

そのゴルカですが、
カトマンズからポカラ方面へ向かい、途中から北に入った所にある
標高1200mの小さな町です。

日本でも知られている「グルカ(Gurkha)兵」の語源の地でもあるのです。

一度は訪ねてみたかったそのゴルカに、先日行ってきました。

町には、オールドバザールとニューバザールがありますが、
どちらもあっという間に通り抜けてしまう小さなバザールです。

ゴルカには、王宮がふたつありますが、
今日の紹介は博物館になっている「下の王宮」です。
ここまで来るのも上り坂です。
張り切って到着したのですが、
その日は開館時間が過ぎている、とのことで門前払いでした。
で、正面からと
ゴルカ2
別の門からの写真のみの掲載になりました。

ゴルカ1

町を歩いてみると、ネパールらしく古いお寺に出あいます。
ゴルカ3

夜のオールドバザールは、街灯が点いていて心細くはありません。
ゴルカ4


ゴルカへは、カトマンズから直通のマイクロバスで約5時間。
下の王宮博物館の開館時間は、
11月〜1月 10:30〜3:30
2月〜10月 10:30〜4:30
月曜日 10:30〜2:30
休館日 火曜日および祝日
入場料 50ルピー
カメラ持込み料 200ルピー
ビデオ持込み料 300ルピー
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,202)