1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. ハイキング・登山
  6. ネパール人女性初のエヴェレスター パサン・ラム・シェルパ

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
1月<2023年2月    
1 234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

アーカイブ

ネパール人女性初のエヴェレスター パサン・ラム・シェルパ

2013/04/30 19:08
Pasang Lham Sherpa2
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • ハイキング・登山
パサン・ラム・シェルパ。
彼女はネパール女性初のエヴェレスター(エヴェレスト登頂者)です。
1975年女性初の田部井淳子さんから数えて17人目です。

結婚し、子供が3人いたパサンが4度目の挑戦で頂上を極めたのは
1993年4月22日ですが、頂上からの帰路で体力を失って死んでいます。

パサンのエヴェレスト登頂は、ネパール国中に衝撃を与え、
元気や、強さ、勇気は男性だけのものではないことを証明しました。

彼女は死後、数々の名誉を受けています。
財団を作り後進にトレーニングの場を与えたり、
学校を作ってネパール中から集まってくる
恵まれない子供たちを安い費用負担で学ばせたりしています。

切手にもなり、
ボーダナート付近には、像が造られています。

Pasang Lham Sherpa1

彼女の偉業はネパール中の女性に勇気や強さを与えています。
つい最近アフリカのキリマンジャロ登頂に成功したばかりの
7大陸最高峰登頂を目指すネパール人女性7人の登山隊など
現在活躍するネパール人女性登山家達の手本となっています。
「パサン・ディディ(お姉さんを意味するネパール語)がいなければ、
私たちは誰も今ここにはいない」とリーダーは言っています。

オフィスのスタッフが子どもだったころは亡くなって間もなくだったこともあり、
大変な話題と人気だったそうですが、
20年経った今もなお人気は衰えていないようです。

Pasang Lham Sherpa2
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • 日本語教師をしています。
    1クラス20人のネパール人を2クラス受け持っています。
    ネパールの有名人について作文を書かせましたら、パサン・ラムのことを書いた学生がいました。
    この記事は大いに参考になりました。
    オオキニ! Posted by 螽斯爺(=キリギリスじい) 【2022/10/09 22:09:08】
  • キリギスじいさま
    読んでくださってありがとうございます。関西の方のようですが、ネパール人がたくさん学んでいるのですね。期待と希望をもって日本へ行った若者たちが、自分の将来をしっかり見つめて、希望の道を歩めるよう願っています。あらゆる面でのサポートをお願いいたします。 Posted by ネパールのわたし 【2022/10/11 13:52:35】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,204)