1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. サガルマータ国立公園
  6. ハイキング・登山
  7. Min Bahadur Sherchan(ミン・バハドゥル・シェルチャン)

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
12月<2023年1月    
12345 67
891011 121314
1516 171819 2021
22 23 2425 26 2728
293031

アーカイブ

Min Bahadur Sherchan(ミン・バハドゥル・シェルチャン)

2017/05/07 14:32
エヴェレスト
エリア:
  • アジア > ネパール > サガルマータ国立公園
テーマ:
  • ハイキング・登山
Min Bahadur Sherchan(ミン・バハドゥル・シェルチャン)の名前を聞いて、
ああ、あの人か、と思い当たる人は、まずないでしょう。
では、三浦雄一郎さんと並べて書くと、いかがでしょうか。
ここ、10年余りに渡って、
世界最高峰のエヴェレストに登頂した最高齢者を競っていた二人です。
「競う」などど、書き方が私としては好きではありませんが、
他にいい書き方が分かりませんので。
ただ、これまでの新聞などの報道を思い返してみると、
シェルチャンさんの中には、
「最高齢の名を残したい」という思いが強かった、と思われます。

新聞によりますと、
昨日(5月6日)午後5時14分に死亡が確認されました。
場所は、エヴェレスト・ベースキャンプ。
トイレの中で意識を失っていたところを発見されたため、
他の登山隊の医師により、心臓発作のためと確認されたそうです。
1931年6月20日生まれの、85歳でした。

ここ何年か、エヴェレスト登山の話題に取り上げられていませんでしたので、
私は、もう引退したのかと思っていました。
もっとも、2014年には雪崩れによるシェルパの多数の犠牲者、
2015年の壊滅的な大地震によって、この2年間は、登山は行われていませんでした。
地震の時、シェルチャンさんはエヴェレストに向かっていましたが、
ベースキャンプを襲った雪崩のため、やむなく引き返しています。
昨年のシーズンにも名前を聞きませんでした。
それが、ベースキャンプで亡くなったと知り、大きな驚きでした。
挑戦していたのですね。
昨日も、「何の問題もなく、元気だ」と言っていたそうです。

76歳のシェルチャンさんが初めてエヴェレスト登頂に成功したのは2008年ですが、
これが当時の世界最高齢登頂者でした。
その時のサポーターのひとりのシェルパが、
凍傷で指をやられ、
切り落としたばかりという生々しい傷跡を見せられたことがあります。
名も残らない人々に支えられての偉業であることを、
あらためて感じています。

エヴェレスト
(エヴェレスト)
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,202)