1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. ネパール語

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
1月<2023年2月    
1 234
5 67891011
12131415161718
19202122232425
262728

アーカイブ

ネパール語

2022/11/02 13:39
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • その他
ネパール人は、多くの言葉を話します。

まず、公用語のネパール語、自分たち民族の言葉(民族独自の言葉を持たないバウン族とチェトリ族以外は、その民族の言葉を持っているとのこと)英語、インドの言葉。

これで既に4つですが、

更に各自が学んだ仏語、独語、韓国語、日本語・・・などが加わります。

ネパール語を話さない民族もいるそうですが、

特に英語に関しては、多くの人は全く抵抗はないようです。

私を外国人とみると、店でも通りでも英語で声をかけてきますし、

電話でも同じで、私がネパール語にあまり通じていないとわかると、

英語、わかりますか?と聞いてくるのが大半です。

それからみてもネパールの人たちは英語を苦手としていないことがわかります。

以前の公立学校では、英語は2科目くらいだったそうです。

ですから、周りでは、公立学校で勉強しても英語を十分学ばないので、

後では役に立たない。私立学校へ行かなければ、と言っていましたが、

公立学校でも今はほとんどの教科を英語で教えているそうです。

そうしないと生徒が集まらない、と校長先生が言っていました。

試験の時でも英語はスラスラ書けるけど、ネパール語は考えながらゆっくりにしか書けない。だから、ネパール語が一番苦手です、と言う大学生もいる始末。

ネパール、ネパール語の将来が心配・・・です。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,205)