1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. ゴミ出し

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
1月<2023年2月    
1 234
5 67891011
12131415161718
19202122232425
262728

アーカイブ

ゴミ出し

2022/11/06 14:39
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • その他
今日もいい天気で始まりました。

ただ、私の部屋から見えるランタンヒマール、

引っ越してきた当初はきれいに見えていたのですが、

ここのところ姿を見ることはできません。



カトマンズのごみ出し、場所によって違います。

カトマンズの外れブダニールカンタに長く住んでいましたが、

私の地域で行われていた方法は、

リヤカーを引いて係りが家々を回っていました。

ゲート前まで来て笛を吹いて収集を知らせます。

私は、ゲートの外へ袋のごみを出すだけで済みました。

係り員とも顔なじみになり、道で行き会っても言葉を交わしていました。



街の中心部へ引っ越した時は、

塀の外は狭い道でしたが、大型トラックがゲートまで来たので、

私は、ごみをゲートの外に運ぶだけでした。



今回の引っ越し先は、やはり、カトマンズの中心部ですが、

これまでとは違います。

笛を吹いて知らせるのは同じですが、

笛が鳴ると、こちらの路地、あちらの路地からごみ袋を片手または両手に下げた人々が出てきます。

ここは道が狭いので、大型トラックは入れないようで、

100メートルほど先の広場(広場と言ってもいくらかの空き地)まで自分のごみを運ぶのです。

こんなに住人がいたことがわかります。

次々とやってくる住人は、

互いに顔見知りのはずですが、言葉を交わすこともなく、

ただもう、黙々とごみを運びます。

考えてみれば、たぶん2,3分の出来事とは思うのですが、

ごみ収集日にしか見られない光景です。



カトマンズのごみ集めは、曜日も時間も収集者に任されています。

基本的には、週2回らしいのですが、

もし、留守にしていれば、出せませんので、次回をお持ちください、となります。



ここでのごみ出し風景、はじめは驚きましたが、

今はだいぶ慣れ、近所の人たちの顔を見る機会と思っています。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,205)