1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. その他
  6. ネパールで破けたお札を交換するには

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2 345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

アーカイブ

ネパールで破けたお札を交換するには

2014/11/25 19:07
これでもお札?
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • その他
写真は、ネパールの500ルピーです。

これでもお札?

傷んだ紙幣が多いネパールとはいえ、少しひどすぎると思いませんか。
セロテープで補修がしてありますが、
それはこの際我慢できるとして、
まるでポケットに入れたお金を忘れて、
ゴシゴシ洗濯でもしたかのような破れ方。
500ルピー札100枚を一束にして、
大きなホッチキスでバチン!!ととめた中の一枚です。
つまり、銀行が作った札束の中に混じっていたものです。
こうした使い物にならない紙幣を選り分けるのが銀行の仕事でしょうに・・・!!
・・・と怒ってみても始まらない・・・
なんせ、ここはネパールですから・・・

しかし、この紙幣では店で使うわけにいかず、
かといって、このままにしておいてはごみと同じだし・・・
そこで、ネパールで唯一こうした破れた紙幣をかえてくれる銀行へ出かけました。

銀行の名は「ネパール ラストラ バンク」
日本の「日本銀行」にあたります。

写真撮影は一切禁止されているので、説明文のみになります。

破れた紙幣を交換してくれる部署での手続きの流れ。
・係官の部屋に行き、破れた紙幣を提示する。
係官は裏表を良く確かめ、偽札でないことを確認し、署名およびスタンプを押してくれる。
・別の部署で、破れた紙幣の裏に白い紙を貼る。
(目的は、たぶん破け具合をはっきりさせるためだろうと想像しました)
・更に別の窓口で、破けていない札にかえてもらう

これで、破けた札の交換が終わりましたが、
なんとも大変な手続きでした。

交換したきれいな札1650ルピーを持って、
ケンタッキー・フライド・チキンでフライドチキンを食べました。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,176)