1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. お祭り・イベント
  6. 田植えの日

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

アーカイブ

田植えの日

2021/06/29 15:00
田植えの日3
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • お祭り・イベント
ネパールの今日は、「田植えの日」。

実際の田植えはすでに始まっていますが、

ネパールは、アサル月15日を田植えの日と決めて祝っています。

私の近くに田んぼはありませんので、直接見ることはできません。

新聞に載る写真で見るだけです。

田んぼの中に仲間を投げ入れてどろんこの田んぼで遊んだり、

顔や体に泥を塗り合ったりするようです。
田植えの日2

また、ネパールの伝統楽器を吹いたり、

それこそ鳴り物入りで今日を祝ったりもするようです。
田植えの日3

思い切りの笑顔があふれる日になるようです。
田植えの日1

田植えの日があるなんて、ネパールはすごい!

一日2回の食事に欠かせない米。

田植えの日を祝喜ぶ人たち。

こんなネパール、好きです。



今日はあいにく天気がいいとは言えません。

いつ降り出してもおかしくない空模様。

それでも人たちは田んぼで祝っているのでしょう。

田植えが済んだ後、水が枯れて干上がってしまった田んぼを見たことがあります。

そうしたことが無いよう、

そして、無事に秋の収穫を迎えますようにと願います。



ネパールには「何々を食べる日」が、1年に何日かありますが、

今日は「ダヒとチウラを食べる日」と、暦に書かれています。

ダヒはヨーグルト、チウラは干し飯です。
田植えの日4

私は、ネパールへ来たての頃は、よく食べましたが、

今は、パスしています。

干し飯を食べすぎると後が苦しいという体験もしました。

ネパールの行事に入り込むことで、ネパールと一歩近づいたような、

そんな思いがしたものです。



外での行事がある日は、やはり、いい天気であってほしいものです。
(写真はすべて新聞より)
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,203)