1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ネパール
  5. カトマンズ
  6. 世界遺産
  7. バサンタプル広場

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
6月<2022年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

アーカイブ

バサンタプル広場

2022/04/09 14:00
バサンタプル広場2
エリア:
  • アジア > ネパール > カトマンズ
テーマ:
  • 世界遺産
先日、久しぶりにバサンタプル広場へ行きました。

ここは、ダルバール広場の一角であり、

ニューロードからダルバール広場に入ると、いやでも目に入ってくる場所です。

周りは、世界遺産の建物に囲まれていますが、

ここは、言葉通りの広場です。

ここには、たくさんの土産物の露店が並んでいます。

やってきた外国人観光客などが、気になる品物を手にとったりします。

私も、初めてネパールへやってきたときには、

ガイドがここへ案内したと覚えています。

品物は様々。

この広場は、いつ行っても観光客でにぎわっていました・・・

が、2015年の地震で、建物が崩壊や半壊などの被害を受けたこともあって、

立ち入りが制限されてきました。

私もテープで区切られた狭い通路を、指示に従って歩きました。

今もまだ、修復工事は続いていますが、

地震直後の痛ましさはなくなりました。



コロナで制限を受けていた期間、私はここを訪ねていませんので、

その様子はわかりませんが、

たぶん、ひっそりとしていたのではないか・・・と。

その広場が、ネパールが完全に観光客への扉を開いたこともあってか、

活気を取り戻しつつある、という印象でした。

外国人観光客と思われる人たちを見かけましたし、

なんといっても、露店の数がぐんと増していました。



強い日差しを避ける傘に守られて、店を開く人たち。

以前のように、たくさんの観光客が行き交う広場が戻りますように、と願います。

バサンタプル広場1
(バサンタプル広場。奥がクマリの館、右にイギリス風の白い建物、それに続く手前の建物は、現在修復中。広場には、露店が並んでいます。)
バサンタプル広場2
(露店の様子)
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(1,147)