1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. トラベルコちゃんさん
  4. 埼玉の記事一覧

  国内エリア: 関東 > 埼玉 の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
4月<2022年5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

ムーミン16
【2022】ムーミンバレーパークのアンブレラスカイ「ムーミン谷とアンブレラ」に行ってきました!
エリア:
  • 関東>埼玉>飯能
テーマ:観光地 テーマパーク お祭り・イベント 
投稿日:2022/04/28 12:20
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

埼玉県飯能市(はんのうし)にあるムーミンバレーパークで、アンブレラスカイのイベント「ムーミン谷とアンブレラ」が始まるということで見に行ってきました♪

エントランス

今年で3回目となるムーミンバレーパークの人気イベント、アンブレラスカイ。2022年は4月27日(水)から7月3日(日)まで開催されます。

約1,200本のカラフルな傘が頭上に広がり、その規模は日本最大級! 緑と湖に囲まれたムーミンバレーパークを美しく彩ります。

ムーミン

今年のテーマは「イマジネーションの気球に乗って、どこにでも飛んでいこう」。

デザインモチーフはムーミンの原作絵本『ムーミン谷へのふしぎな旅(The Dangerous Journey)』とのことで、ストーリー性を感じさせるような配色や、今年初登場の「気球」の飾りが特徴です。

アンブレラスカイの始まりから終わりまで、物語が進んでいくように色とりどりの傘が並び、そのグラデーションがまた美しいこと!

グラデーション

歩いていると青やピンク、黒、レインボー柄など傘の色が移り変わり、さまざまな表情を見せてくれるので見ていて飽きません。

ブルーアンブレラスカイ

赤アンブレラスカイ

黒アンブレラスカイ

レインボーアンブレラスカイ

訪れた日はあいにくの曇天(時々雨)だったのですが、そんなどんよりとした空模様は感じさせないほど華やか!

新緑に囲まれて、色鮮やかな傘がよく映えますよね。

鳥のさえずりが聞こえるようなBGMもとっても心地よくて、思わずスキップしたくなるほどすてきな空間でした。

ところどころにムーミンとその仲間たちの飾りも。ひとつずつ見つけながら歩くのも楽しいですね♪

ムーミン飾り

アートディレクターを務めたのは、マリメッコやムーミンをはじめ、数多くの商品デザインを手がけてきたテキスタイルデザイナーの鈴木マサルさん。

傘の色使いからはムーミンの生まれた「北欧」のエッセンスもしっかり感じられます。

▼鈴木マサルさん(プレスイベント中の様子)
鈴木マサルさん

なお、パーク内にある展示室「KOKEMUS(コケムス)」3階の一画には、原作絵本『ムーミン谷へのふしぎな旅(The Dangerous Journey)』の物語のラストシーンを再現したコーナーが。

ムーミン展示

アンブレラスカイとあわせてぜひ立ち寄ってみてくださいね。ムーミンと並んで写真撮影も楽しめますよ!


さらに、アンブレラスカイをさらに楽しめるオリジナルドリンク「アンブレラスカイソーダ」も要チェック。

▼アンブレラスカイソーダ(税込900円)
アンブレラスカイソーダ

グリーンとブルーのゼリーが2層になった青りんご風味のソーダで、見た目にもとっても爽やか!

リトルミイの特製マドラー付き。厚みのあるプラスチック製なので、持ち帰って何度でも使えるのがうれしいですね。

微炭酸で夏らしく、すっきりとした美味しさでした!

また、イベントの開催にあわせて関連グッズも多数登場しています。

レインボー柄の綿菓子「レインボーコットンキャンディー」や、デザインモチーフとなった絵本『ムーミン谷へのふしぎな旅(The Dangerous Journey)』の関連グッズ、

▼レインボーコットンキャンディー(税込1,500円)
レインボーコットンキャンディー

▼絵本関連グッズ各種
関連グッズ

ムーミンバレーパークオリジナルのレイングッズなどがKOKEMUS 1Fの「ムーミン谷の売店」で販売されています。

▼オリジナルレイングッズ各種
レイングッズ

再利用バック

ちなみにこちらのバッグ、SDGsの取り組みのひとつとして、去年のアンブレラスカイで使った傘を再利用して作られたものなんだとか。

今年のアンブレラスカイも来年にはこうして生まれ変わる予定だそうですよ!


そのほか、アンブレラスカイ期間中には、限定デザインのオリジナルバッジ作りや、ムーミンバレーパーク公式Instagramでのフォトコンテストなど楽しい企画が盛りだくさん!

イベントの詳細や最新情報は、当記事下部PR欄にある公式サイトからご確認ください。

-------------
●ムーミンバレーパークのアンブレラスカイ「ムーミン谷とアンブレラ」
開催期間:2022年4月27日(水)〜7月3日(日)

ムーミンバレーパーク スポット詳細
https://www.tour.ne.jp/j_spot/1324446/
-------------
©Moomin Characters™

<関連記事>
【2019年】ムーミン物語の世界を体験!今シーズンの冬はイルミネーションが素敵なムーミンバレーパークへ行こう!

PR
ムーミンバレーパーク公式サイト「ムーミン谷とアンブレラ」
ぼたん2
自然いっぱいの埼玉県東松山市!子供から大人まで楽しめる観光スポット5選☆
エリア:
  • 関東>埼玉>東松山・森林公園・小川
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 自然・植物 
投稿日:2020/02/26 14:04
コメント(0)
こんにちは!トラベルコです♪

今回は、埼玉県東松山市の魅力を発見すべく
「東松山ファムトリップ」に参加してきました!

東松山市といえば、日本で数少ないコアラに会える
こども動物自然公園をご存知の方が多いと思いますが、
その他にも家族や友達と楽しめる自然あふれる観光スポットがあります◎

今回は、これから暖かくなる季節のお出かけにぴったりな歴史ある神社やぼたん園、
農林公園といったおすすめスポットをご紹介します♪


地図

埼玉県の中央に位置する東松山市。
交通アクセスは、東武東上線池袋駅から急行で1時間弱。
高坂駅または東松山駅が東松山市の玄関口です。


まず訪れたのは、高坂駅からバスで10分ほどのところにある岩殿観音正法寺。

岩殿1

▽境内にある銅鐘
岩殿2

開山してから約1,300年という長い歴史をもつお寺です。
境内には、樹齢700年を超えるという巨大なイチョウの木があり、
その大きさに圧倒されてしまいます!

岩殿3

秋には、迫力満点の紅葉が見られるので、シーズン中に訪れるのもおすすめです◎


岩殿観音正法寺に来たら、
すぐ隣にある物見山公園へ歩いて行ってみましょう!

公園の展望台まで登ると、そこからの眺めは抜群♪
晴れた日には、スカイツリーなど東京方面一帯が広く見わたせます。

公園

物見山公園は、標高135mの物見山に遊歩道を整備した公園なので、
気軽に散策を楽しめますよ◎


次にご紹介するのは、150種類のぼたんを栽培している東松山ぼたん園。

今の時期、ぼたんは春の開花に向けて準備中。
開花時期以外は無料開放されています。

ぼたん1

毎年4月の下旬ごろから開催されるぼたんまつりでは、
鮮やかな色をつけた約6,500株のぼたんが県内外からの観光客を魅了します♪

ぼたん2

▽珍しい黄色のぼたん
ぼたん3

今年のぼたんまつりは、4月18日〜5月6日に開催予定。

ぼたんは東松山市のシンボルの花でもあるので、
これからの季節に遊びに来る際には、ぼたんを満喫してみてくださいね♪

ぼたん4
*入園料(ぼたんの開花時期のみ)*
大人 500円
小・中学生 100円
詳細はこちらから


ぼたん園から車で約10分の距離にある東松山市農林公園。
ここでは、いちご摘み取り体験や野菜の収穫体験などを通して
手軽に自然と触れ合うことができます。

いちごの温室に足を踏み入れてみると、
たくさんのいちごが食べごろを迎えていました!

▽章姫、かおり野、紅ほっぺ、よつぼし、4種類のいちごを栽培中
いちご1

収穫方法などの説明を受けたら、
お店でよく見るサイズのいちごパックに、300g以内で摘み取っていきます。

通常食べ放題が多いいちご狩りですが、
パック単位なのでリーズナブルな料金で楽しめて、またいちご達にも負担がかからないという
人にも環境にもやさしいいちご狩りができるのが魅力です◎

いちご2
*体験料金*
600円(2020年4月7日まで)
500円(2020年4月8日以降)
※1パック(300g)あたり
東松山市農林公園HPはこちら


ここで、東松山の名物「やきとり」をご紹介します!

やきとりと耳にすると、鶏肉を思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。

東松山のやきとりは、豚のカシラ肉を炭火でじっくり焼いたものに
お好みで甘辛いみそだれをつけて食べるのが定番!

やきとり

今回お邪魔したのは、東松山駅前にある、ひびき庵別館。
絶品のやきとりはもちろん、埼玉の名産物を使った料理を味わうことができますよ◎

東松山駅の周辺には、たくさんのやきとり屋さんが軒を連ねています。
お店によって、味や店主の提供方法などのこだわりが違うそうなので
いろいろなお店を巡ってみても面白いはず!


最後に訪れたのは、
東松山駅西口から徒歩すぐにある箭弓稲荷神社。

箭弓1

美しく立派な社殿が埼玉県の指定文化財に登録されているこちらの神社。
広い境内には、人間関係の好転や良縁にご利益がある縁結びの木、ぼたん園など
見どころが点在しています!

▽歌舞伎の代表的役者7代目 市川團十郎が奉納したという祠(ほこら)
箭弓2

また、箭弓稲荷神社の「箭弓」は「やきゅう」と読むことから、
その名前にかけて野球関係者も多く勝利を祈願しに訪れるそうです◎

▽バットやベースのかたちをした個性的な絵馬
箭弓3


以上ご紹介した東松山の観光スポットですが、
各施設への移動は車で10分前後かかるので、いろいろな場所を巡りたい場合は
車で来ることをおすすめします◎

また、東松山市では「ふるさと自然のみち」という 7つのウォーキングコースを用意しています。
今回ご紹介したスポットを巡るコースもあるので、
名所を楽しみながらウォーキングするのもいいリフレッシュになりそう♪

豊かな自然やグルメ、歴史であふれる東松山市にぜひ遊びに行ってみてはいかがですか?

ムーミン_タイトル
ムーミン物語の世界を体験!今シーズンの冬はイルミネーションが素敵なムーミンバレーパークへ行こう!
エリア:
  • 関東>埼玉>飯能
テーマ:観光地 テーマパーク お祭り・イベント 
投稿日:2019/12/17 19:23
コメント(1)
こんにちは。トラベルコです!

今回は、埼玉県の飯能にある『メッツァビレッジ』
『ムーミンバレーパーク』へ行ってきました♪

自然豊かな宮沢湖畔を囲うように位置するこの場所は、
北欧の雰囲気やカヌーなどのアクティビティを体験できる『メッツァビレッジ』と、
ムーミンの世界を追体験できるテーマパーク『ムーミンバレーパーク』の二つのエリアで構成されています。

そして2019年3月のオープン以来、初めて冬のシーズンを迎えるということで
2020年3月8日までの期間中、ムーミン谷での魅力的な冬の夜を楽しめる
「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」を開催していますよ♪


◆メッツァビレッジ◆

ムーミンバレーパークへ行く前に、まずは
無料で入ることができるメッツァビレッジへ!
ここは、北欧のライフスタイルが体験できるエリア。
そんなメッツァビレッジのエントランスに入ると、
北欧雑貨などが揃うショップがお出迎え♪
ムーミン_1

訪れた時期は、建物やショップ内がクリスマス仕様になっていて、
とってもかわいい(*´ω`*)
ムーミン_2

湖のほとりには数々のオブジェがあり、撮影スポットとしても人気!
ムーミン_3

湖畔に沿ってショップなどが並んでいるので、散策にもぴったりです◎
ムーミン_4


◆ムーミンバレーパーク◆

メッツァビレッジからさらに奥へ進むと、ムーミンバレーパークの入口に到着。
ムーミン_5
© Moomin Characters ™

中に入ると最初に見えてくるのは、「水浴び小屋」。
ムーミンの物語にたびたび登場しています。
ムーミン_6
© Moomin Characters ™

次に見えてくるのは、子供連れのファミリーなどに
オススメのスポット「エンマの劇場」。
ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが観られます。
ムーミンたちのショーが始まるとワクワク♪
ムーミン_8
© Moomin Characters ™

ムーミンたちが歌って踊って盛り上がります♪
ムーミン_7
© Moomin Characters ™

「エンマの劇場」の奥には、このテーマパークの最大の見どころ、
ムーミン一家が暮らす「ムーミン屋敷」が!
かわいらしい外観は、SNS映え間違いなし☆
ムーミン_9
© Moomin Characters ™

ムーミン屋敷のとなりには、ちょっとおしゃれな外観の
「コケムス」という展示施設があります。
ムーミン_10
© Moomin Characters ™

内部にはムーミンの物語を体感できる展示のほか、
カフェやお土産ショップなども◎
ムーミン_11
© Moomin Characters ™

パーク内には、かわいいグッズを扱うショップが多数。
お土産や、自分用にいろいろお気に入りを探してみましょう(^^)♪
ムーミン_12

パークの奥にはヘムレンさんの遊園地と呼ばれるエリアも!
親子で遊ぶのにもオススメ◎
ムーミン_13
© Moomin Characters ™

暗くなってからのパークは昼とは違った姿に!
夕暮れ時になると、いたるところに灯りがともされたり、
ムーミン_14

霧が現れたりと幻想的♪
ムーミン_15


◆WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK◆

開園以来、初めての冬を迎えるムーミンバレーパークでは
このたび、冬の特別なイベントが開催されています(^^)/

そのイベントのメインとなるのが、ナイトイルミネーション。

ムーミン屋敷で繰り広げられるプロジェクションマッピングは、
音とイルミネーションが融合し、神秘的な空間に!
ムーミン_19
© Moomin Characters ™

ムーミンたちも登場し、物語の世界へグッと引き込まれます。
ムーミン_18
© Moomin Characters ™

そしてクライマックスでは、
なんと、ムーミン屋敷のまわりに美しいオーロラが!!!
ムーミン_16
© Moomin Characters ™
オーロラが見られると信じていたムーミンとともに
この幻想的な世界を、ぜひ体感してくださいね(*´▽`*)

ムーミン屋敷のすぐ近くには、
ムーミン谷のウィンターツリー「ツリーオブオーケストラ」が!
ムーミンたちが一生懸命に飾り付けをしたのだとか。
このツリーは、オーケストラのように音が奏でられるんです☆
こんなウィンターツリー、今までに見たことないですよね!?
ムーミン_17
© Moomin Characters ™

その他にも、なぞを解きながらパーク内を楽しむ「冬のおさんぽラリー」や、
2020年1月16日からは、オープンイヤーステレオヘッドセットを装着して
歩きながら物語を体験できるサウンドアトラクション「サウンドウォーク」など、
冬ならではのムーミン谷を楽しむイベントが盛りだくさんなので、
ぜひ実際に足を運んでみてくださいね^^

ムーミン谷の冬は、北欧さながら(?)とは言わないまでも寒くなるので、
訪れる際はしっかりとした防寒対策を忘れずに!
(スタッフはパンプスを履いていってしまい、足も凍るようでしたが (+o+)
パーク内は広いので、歩きやすい格好で行くことをオススメします)


さあ、みなさんもかわいいムーミンたちがいる世界へ遊びに行きましょう♪

--------------------------------------------------------------------
▼WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARKの詳細はこちら

【イベント期間】
2019年11月30日(土)〜2020年3月8日(日)

【ムーミン屋敷のプロジェクションマッピング】
18:30、19:00、19:30開催(ショー時間 約10分)

イベントの詳細はこちらをクリック

▼ムーミンバレーパークの詳細はこちら

【営業時間】
10:00-20:00

【チケット料金】
■入園チケット
おとな(中学生以上):1,500円
こども(4歳以上小学生以下):1,000円
※17:00まで販売

■1デーパス(アトラクション込み!ムーミンバレーパークをもっと楽しみたい人向け)
おとな(中学生以上):2,800円
こども(4歳以上小学生以下):1,800円
※16:00まで販売

■ナイト入園チケット(17:00以降の入園)
おとな(中学生以上):1,000円
こども(4歳以上小学生以下):500円
※19:00まで販売

ムーミンバレーパーク公式ホームページはこちらをクリック

メッツァ公式チャンネルもご覧ください!
https://youtu.be/v9Lz7uzOl7c

画像提供:嵐山町
2019年6月オープン!ラベンダー園「千年の苑」に行ってきました♪
エリア:
  • 関東>埼玉
テーマ:自然・植物 
投稿日:2018/07/11 11:53
コメント(0)


埼玉県のほぼ中央に位置する嵐山町(らんざんまち)。
この町に来年、ラベンダー園「千年の苑(せんねんのその)」がオープンします!

今回はそのプレオープンに行ってきたので、ご紹介したいと思います☆

画像提供:嵐山町
画像提供:嵐山町

ラベンダーと言えばフランスのプロヴァンス地方や、
日本では北海道の富良野地方が有名ですよね。

今回ご紹介するここ「千年の苑」は、東京都心から車で1時間程で行ける、
とってもアクセスのいいラベンダー園なんです!


現地に到着すると、さっそくラベンダーの良い香りが。
プレオープン期間にも関わらず、たくさんの人が来園していました。

来園時の植付面積は約5.7ヘクタールでしたが、
来年オープン時のラベンダー園は約8ヘクタールとなり、
ラベンダーの植付面積ではなんと、【日本一】の広さになるのだとか!!

ここでは鮮やかな紫色のラベンダー畑の景観を楽しめる他、
ラベンダーの摘み取り体験や、摘み取ったラベンダーを使って
ラベンダースティック作りなど様々な制作体験もできる予定とのこと。※有料

ラベンダー摘み取り体験の様子
ラベンダー摘み取り体験の様子

写真スポットもありました。
美しいラベンダー畑をバックに、写真を撮ってみてはいかがでしょう♪

写真スポット
写真スポット

また、この近くには嵐山町を代表する景勝地のひとつ「嵐山渓谷」や、
川遊びも楽しめる毎年人気のBBQ場「嵐山渓谷バーベキュー場」があるので、
ラベンダー畑と一緒に楽しい思い出を作るのも◎。

嵐山渓谷バーベーキュー場
嵐山渓谷バーベーキュー場

川沿いにハイキングコースがあるので、
歩きながら嵐山渓谷の自然を満喫するのもおすすめです。

訪れた日は暑さが厳しくヘロヘロ…
でも新緑がとてもきれいでマイナスイオンたっぷり!
癒やされました☆

バーベキュー場沿いに流れる槻川
バーベキュー場沿いに流れる槻川

嵐山渓谷
嵐山渓谷

ラベンダー園「千年の苑」は来年2019年6月上旬〜7月上旬の間、
約1ヶ月間開園予定です。楽しみですね!

美しい日本一のラベンダー畑にぜひ訪れてみてくださいね♪

▼その他の嵐山町の観光情報はコチラ
https://www.ranzan-kanko.jp/


1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
アジア
韓国(108)
ベトナム(57)
タイ(55)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
オーストリア(2)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(39)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(3)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
千葉(6)
栃木(5)
埼玉(4)
神奈川(4)
群馬(2)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(4)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)