1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. トラベルコちゃんさん
  4. 街中・建物・景色の記事一覧

  海外エリア: オセアニア > オーストラリア の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
4月<2022年5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(260件中)

11
世界で最も美しい街!?パース中心部の定番から最旬スポットまで一挙ご紹介【パース旅日記 vol.14】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:観光地 街中・建物・景色 自然・植物 
投稿日:2020/07/21 11:45
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

【西オーストラリア州・パース】への旅日記をお届けします。

※※※※※※※※
2019年の訪問記であり、2020年7月21日現在、新型コロナウイルスの影響で日本からオーストラリアへの入国はできません(居住者、オーストラリア国籍の方を除く)。また、今回ご紹介する施設が休業中、または営業時間が変更になっている可能性があります。

渡航に関する最新情報は外務省ホームーページや各報道機関、各施設の営業状況は公式サイト等でご確認ください。
※※※※※※※※


長らくお届けしてきたパース旅行記ですが、いよいよ最終回! 最後にご紹介するのが「パース中心部(シティ)」です。

周辺の日帰りスポットについて熱く語ってきたばかりに最後になってしまいましたが…、中心部も見どころが盛りだくさんですよ〜!

主要な観光名所・エリアについて簡単にご紹介します♪

◆キングス・パーク(King’s Park)

なんといっても欠かせないのは、パース中心部にありながら東京ドーム約86個分という広大な敷地を誇るキングス・パーク

パースっ子たちに愛される自然豊かな公園です。

特に春は西オーストラリア州固有のワイルドフラワー(野花)が咲き誇り、毎年9月に開催される「ワイルドフラワー・フェスティバル」を目的に世界中から観光客が集まるほど!

1
(C) Tourism Western Australia

市内中心部から無料バスでアクセスすることができ、園内にはボタニック・ガーデンやカフェ、アートなお土産屋さんにレストランなど見どころ満載。

もちろん広大な敷地でお散歩したり、ピクニックしたりするだけでも気持ちよくて最高です (*´▽`*)

2

高台からはパースの美しい街並みやスワンリバーを眺めることができ、特に夕暮れ時や夜は絶景!

3

歴史ある建物と近代的な建物、そして自然が見事に調和した美しい街パース。その魅力が存分に感じられるスポットなので、ぜひゆっくり時間を取って訪れてみてください♪


◆エリザベス・キー(Elizabeth Quay)

高級ホテルが続々とオープンしているウォーターフロントエリア、エリザベス・キー。2016年にオープンしたばかりのまだ新しいエリアで、ご覧の通りロケーション抜群!

4

フェリーや観光クルーズ船の発着所としてだけでなく、お子様連れには嬉しいウォーターパークやメリーゴーラウンドも。

5

写真映えするオブジェやモダンな橋もあってお洒落〜! 散策にぴったりです。

6

7

8

見晴らしのいいカフェやバー、新鮮なシーフードが味わえるレストランもあるので、優雅にランチタイム・ディナーを過ごすのもよさそうです。


◆ベル・タワー(The Bell Tower)

エリザベス・キー近辺を歩いていると、高級ホテルに挟まれるようにして特徴的な形のタワーが現れます。

9

こちらはベル・タワーというパースのランドマークで、オーストラリア建国200年を記念して2000年にイギリスから贈呈されました。

毎時決まった時間に、かなり豪快に(笑)鐘の音が鳴り響きます。

入場料18オーストラリアドルでタワー上部まで昇ることもできますよ!

タワーふもとの憩いの場には黒鳥の銅像も。

10


◆パース駅周辺

パース駅の目の前に広がる広場には、ひときわ目立つオブジェが!

11

こちらは「グロウ・ユア・オウン(Grow Your Own)」というパブリックアート作品。かなり大きく目立つので、待ち合わせスポットとしても便利ですね!

なお、パース駅の近くにはヤガン・スクエア(Yagan Square)というレストランや食品関連のショップが入った商業施設もあり、ローカルフードなどのお土産探しにもおすすめです。

12


◆ヘイ・ストリート・モール/マレー・ストリート・モール(Hay Street Mall/Murray Street Mall)

パース駅から徒歩5〜10分のところにある、2つの賑やかなショッピングストリート。ヘイ・ストリートマレー・ストリートは平行していて、どちらも道の両サイドにたくさんのお店が並んでいます。

13

ヘイ・ストリートはスーパー、薬局、雑貨などのショップが多く、マレー・ストリートにはデパート、ブランドショップなど大型の店舗が目立ちます。ユニクロもありました!

ふらっとウィンドウショッピングをするもよし、お土産を探すもよし♪

どちらも広々とした通りなので歩きやすく、明るい雰囲気で安心してお買い物が楽しめますよ。

若い女性を中心に賑わっていた雑貨店、タイポ(Typo)。

14

オーストラリア土産の定番、ティムタムなどバラマキ用のお菓子はスーパーでお安くGET!

15

なお、パースのショップは閉まるのが早い(17時前後の閉店が多い)ので、スケジュール配分にはご注意ください!


◆ロンドン・コート(London Court)

ヘイ・ストリート・モールを歩いていると、クラシックで素敵な建物が目に入ります。

16

この建物(アーケード)をくぐった先にあるのがロンドン・コート! その名の通り、中世のロンドンを感じさせるようなクラシックな雰囲気。

ちょうどクリスマスシーズンということもあり、大きなリースが飾られていて素敵でした♪

17

英国植民地時代に造られたエリアで、今ではオーストラリア土産として人気のUGGブーツのお店を始め、アンティークショップなどが軒を連ねています。

18

テラス席が並ぶカフェも観光客、現地の方の間で人気だそうですよ! ぜひとも写真に収めたいフォトジェニックスポットです◎


◆ウルフ・レーン(Wolf Lane)

フォトジェニックつながりで、最後にご紹介したいのがウルフ・レーン

近年パースの街では“町おこし”の一環としてウォールアートが増えているそうで、このウルフ・レーンでは随所でアートを見ることができます。

19

20

他に比べるとあまり治安がよくなかったというダウンタウンエリア。安全なナイトライフを楽しめるように、防犯カメラを設置するなど市が主体になって改善しています。

21

現地の方に人気だというサンドイッチ屋さん、Toastface Grillahの壁にもアートが。

22

ウルフ・レーンから始まり、パース各所、そして西オーストラリア州の地方にまでウォールアートが増えていっているそうですよ!

*

ほかにもおすすめしたいスポットはたくさんあるのですが、旅行記はここまで!

全14回お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました( ^)o(^ )

2019年に成田から直行便が就航し、さらに行きやすく魅力的な旅行先のひとつとなった西オーストラリア州、パース。

残念ながら、新型コロナウイルスの影響でまだしばらく海外旅行は難しい状況ですが…安心してお出かけを楽しめる時が来たら、ぜひパースでのんび〜り暮らすように旅してみてはいかがでしょうか。

あまりの心地よさに一度行けばきっと好きになる(そして住みたくなる)はずですよ!

==================
▼パース旅行記の総復習はこちらから!
ANA成田-パース直行便レポート
パース基本情報
ロットネスト島
カバシャム・ワイルド・ライフ・パーク
ランセリン砂丘/ピナクルズ
フリーマントル
スワンバレー
パース中心部
==================

そのほか、観光情報は下部リンク「のんびり〜ばぶる!パース」でもご覧いただけます♪

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
12
「フリーマントル・ドクター」っていったいナニモノ!?フリーマントル散策〜続編〜【パース旅日記 vol.11】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:観光地 街中・建物・景色 散歩・自転車 
投稿日:2020/03/24 11:12
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

2019年9月に成田からの直行便が就航した、【西オーストラリア州・パース】への旅日記を引き続きお届けします。

前記事に続き、パースから約30分で行ける港町フリーマントルについてご紹介しますよ♪

▼フリーマントルに関する過去記事はこちら
===================
▼\女子旅イチオシ/世界遺産もマーケットも!パース中心部から30分で行ける港町フリーマントル【パース旅日記 vol.9】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109091/

週末に行くなら絶対マスト!欲しいお土産がきっと見つかる♪フリーマントル・マーケット【パース旅日記 vol.10】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109103/
===================

旧刑務所やマーケットの観光を終え、フリーマントルの西側、ビーチ方面へと向かって歩きだしたスタッフ一行。

マーケットストリート/サウス・テラスのあるメイン通りから外れて路地へ。住宅も並び、落ち着いた雰囲気です。

1

街並みがおしゃれ! どこも絵になるんだよな〜

コロニアル調のレトロな建物はそのままに、中はきれいにリノベーションされている素敵なレストラン、カフェやホテルが点在!

2
(リノベーションホテル)

中でも雰囲気◎だったのは、ブレッド・イン・コモン(Bread in Common)というベーカリー&カフェ。

3

4

窯焼きの美味しいパンや、パンに合うお食事が味わえるお店です。

5

倉庫を改装したという店内は天井も広く、モダンでお洒落!

6

パンはもちろん、オリジナルのスパイスなどもテイクアウト可能。有料のショップバッグもお洒落でしたよ〜(*´▽`*)

アパートメントなどの住宅や大学棟を横目に、さらに歩きます!

7

8

すると何やら目を引く、白亜の綺麗な建物が!

9

こちらはエスプラネード・ホテル・フリーマントル・バイ・リッジスという有名ホテルで、街のランドマークとしても広く知られているのだそう。

10

写真に写っているのはほんの一角。総客室数は全300室、ホテル内には大きな展示会場もあります。

11

ホテルの目の前には、思わず深呼吸したくなるような緑いっぱいの公園! ファミリーに嬉しい立地ですね♪

さあさあ、目指すインド洋、ビーチはもうすぐそこです!


インド洋からの海風を全身に受けつつ(この日はやや強め)、ビーチに到着です!

12

13

ちなみに、午後になると風向きが変わり、このインド洋からの風がパースの街中を吹き抜けるのですが、この風のことを現地では【フリーマントル・ドクター】と呼ぶそうなんです。

直訳すると「フリーマントルの博士?お医者さん?誰のこと?」という感じですが、

夏の暑い空気を一掃してくれる、まさにパースっ子たちの“癒やし”の存在である爽やかな風を「お医者さん」と呼ぶとはなんとも粋な話ですよね。


海沿いを歩いていると、パーティーの準備をしている人たちの姿が。

14

白砂のビーチに白いテーブル、白いイス。映える〜!

ビーチ沿いには大型のシーフードレストランが並んでいます。港町ならではの新鮮シーフード、ぜひここで味わいたい!

15

16

美味しいフィッシュアンドチップスが名物だそうですよ♪

17

18

写真映えするモニュメントや、可愛らしいサイズの観覧車も発見!

19

20

さらに歩みを進めると・・・これこれ!! ありました!!

21

ビールラバー必見! 現地で大人気! パース発祥のクラフトビール、リトル・クリチャーズ(Little Creatures)のブリュワリーです!

ビールの大きなタンクと、トレードマークの天使の絵が目印。

ガイドしてくれた現地在住のおじちゃまも大のお気に入りだそうで「僕の誕生日にはいつもここで食事するんだ」とニコニコ。いいな〜!

店先にはテラス席もあり、開放的!

22

23

店内も吹き抜けで明るい空間…☆

24

25

カウンター奥にある、大きなビールタンクが目を引きます!

ビールサーバーもずらり。出来立てのビールがここで飲めるなんて…! ビール好きにはたまりませんね〜。

26

ちょうど土曜日、さらにディナータイムに差し掛かるところだったので、多くのお客さんで大盛況。人気ぶりが伺えます◎

このブリュワリーでは、ビールだけでなく、充実したフードメニューも味わえるんですよ!

ピザやスナックなどの“定番”はもちろん、ローカルフードのチリ・マッスル(Chilli Mussels/ムール貝のピリ辛トマト煮込み)も人気なのだそう。

そのほか、レストランに併設されたショップではビールやオリジナルグッズの販売もありました。

27

28

29

30

ビール好きの家族や友人、そして自分用にも! いいお土産になりそうですね〜♪

そのほか、店舗の詳しい情報はこちら(↓)をご覧ください!
https://littlecreatures.com.au/locations/fremantle


さてさて、ここまで約半日で巡ったフリーマントルの見どころをレポートしてきました。

フリーマントルの街の魅力、おわかりいただけましたでしょうか?

コロニアル建築の美しい街並みや世界遺産、マーケット、カフェ、ビーチなどいろいろな顔を見せ、人それぞれに楽しみ方が見つかるフリーマントル。

誰と行っても、いつ行っても、存分に楽しめるパースからのデイトリップ先! 電車や車で気軽に行ける距離なので、パース滞在の合間にぜひ足を運んでみてくださいね♪


次回は、これまたパースから日帰り旅行先として人気の【スワンバレー地区】についてご紹介します。

あまりにも素敵な経験ができたので、トラベルコスタッフの「パースに住みたい」欲がいよいよ爆発しかけます(笑)

乞うご期待!

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
22
\女子旅イチオシ/世界遺産もマーケットも!パース中心部から30分で行ける港町フリーマントル【パース旅日記 vol.9】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2020/03/23 18:01
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

2019年9月に成田からの直行便が就航した、【西オーストラリア州・パース】への旅日記を引き続きお届けします。

今回はパースから日帰りで行ける、世界遺産を有する港町、フリーマントルをご紹介します。

1

こちらも「パース観光といえば」の定番スポットなのですが、私個人的にも声を大にしておすすめしたい場所です(もう一度行きたい…!)。


というのも、パース中心部から車または電車でたったの30分で行けるこのフリーマントルは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★植民地時代のレトロ&コロニアル調の建物が並び、街並みは雰囲気たっぷり!写真映え!

★世界遺産、マーケットなど主たる見どころはすべて徒歩圏内!※無料バスもあり

★週末に開かれるマーケットが名物!路面店でのショッピングも楽しい!

★老舗カフェや、リノベされたお洒落なレストラン・バーがたくさん!

★地元で大人気のクラフトビールブリュワリー(工場兼レストラン)がある!

★インド洋から吹く心地よい風が気持ちいい!
散策にぴったりなビーチもあり、海沿いにはシーフード料理店もずらり!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで本当に魅力たっぷりの街なんです(*^。^*)

定番の観光名所を押さえたら、あとは思う存分にショッピングを楽しみ、お洒落なカフェ巡り。街並みはどこを切り取っても写真映え。ビーチもある。

・・・これぞ、完璧なる「女子旅コース」ではないでしょうか。

(特に)女性のみなさん、ここはたまらん、絶対たまらんですよ!!!!



ちなみにフリーマントルと聞いて「あれ…見覚えのある名前だ…」と気づいた方は、さすがです。

そうです。以前ご紹介したロットネスト島へ向かう船が出る、あの可愛らしい港があるのがフリーマントルでしたね。

2

復習したい方はコチラ▼
パースに行ったら欠かせない!セルフィーで一躍人気になった○○が暮らす島へ【パース旅日記 vol.3】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108937/


フリーマントルの街は比較的コンパクト。基本は徒歩で散策を楽しめますが、市営の無料バスも運行しています。

3

フリーマントルの駅はこちら(↓)。駅から港までは歩いてすぐです!

4

メインのマーケットストリート沿いには、左右たくさんのお店が並んでいます。

5

6

ご覧の通り、道も綺麗に整備されています。

7

グロッサリーストアや、雑貨・服屋さん、カフェ、レストランなどなど・・・

気軽に立ち寄れる雰囲気のお店ばかりなので、ウィンドーショッピングだけでも楽しい♪

8

コンビニやファーストフードのチェーン店もありました!

9


しばらく道沿いに歩いていると、サウス・テラスというエリアに。この一帯にはカフェがずらりと並び、別名「カプチーノ通り」と呼ばれているんですよ!

10

11

12

パラソルの立つテラス席が並んでいて、カフェタイムを楽しんでいる方の姿も! 散策やショッピングの合間にひと休憩するのに最適ですね♪

13

こちらは老舗のジノース・カフェ(Gino’s Cafe)。カフェメニューだけでなく、イタリア料理も味わえる名店なんですって!


カフェ通りのすぐ近くに、コロニアル調の可愛らしい建物が見えてきました。

14

こちらが週末にマーケットが開催される会場です!

マーケットが開催されるのは金曜〜日曜。食料品店や雑貨屋など、なんと150以上ものお店が所狭しと並び、お土産探しにもうってつけなんですよ〜。

15

トラベルコスタッフが訪れたのはちょうど土曜日だったので、マーケット前では大道芸が行なわれるなど、賑やかな雰囲気でした!

マーケットについては別記事でたっぷりご紹介しますので、お楽しみに(‘◇’)ゞ


続いて、マーケットから徒歩10分ほどの距離にある「旧フリーマントル刑務所」へ向かいます。

16

道中、看守と囚人たちのモニュメントが。

フリーマントル、ひいては西オーストラリア州の歴史を語る上では欠かせない旧フリーマントル刑務所。

1850年、当時イギリス領だったこの地に“労働力”として送られた囚人たちが、自らが住むための場所として建てたものなんです。

最初のミッションが【自分たちが入る刑務所を造ること】とは、なんとも衝撃的ですよね・・・


1991年までの実に136年もの間、実際に刑務所として使われていました。

今ではその歴史を伝える場所として世界文化遺産「オーストラリアの囚人遺跡群」のひとつに登録され、多くの観光客が訪れるスポットになっています。


到着〜! こちらが刑務所の入り口正面です。

17

2010年に登録された「世界遺産」であることの証。

18

「オーストラリアの囚人遺跡群」として認定されている11のスポットのうちのひとつ、ということで11本の柱で構成されているようです。


入り口(ゲート)にはチケットオフィスがありますので、館内を巡るガイドツアーに参加する場合はこちらで受付を。

「ゲートハウス」と呼ばれる、入口すぐのエリアだけなら無料で入場できます。

19

ツアーにはさまざまな種類があり、所要時間は約1時間〜。

公式サイトには日本語版ページもありますので、どんなツアーがあるのか気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!(一部は事前予約が必要です)

▼旧フリーマントル刑務所 公式サイト(日本語版)
https://fremantleprison.com.au/visit-us/japanese/

※トラベルコスタッフが個人的に気になるのは「真の犯罪ツアー」。犯罪者の頭の中に侵入って・・・一体どんな話が聞けるんだろう・・・(´゜д゜`)


ゲートをくぐって正面の様子。

20

正面奥に見えるのがメインの建物です。

21

記念写真を撮っているグループが見えますでしょうか? ガイドさんによれば、地元の学生たちも学校行事の一環として訪れることが多いそうですよ。

今回はガイドツアーに参加しなかったので柵越しでしたが、刑務所の姿も写真に収めることができました。

22


また、無料で入れるエリアでは展示品(一部)の見学も可能。スーベニアショップやカフェの利用もできます。

23

体罰に使われた鞭や、手錠、囚人服など、当時の様子を今に伝える展示品の数々。

一部だけでも見応えがありましたが、残念ながら日本語の説明書きはありませんでした。

詳しく知りたい方はやはりガイドツアーの参加がおすすめです( ..)φ

ツアー参加時には日本語のオーディオガイドが借りられるので、ガイドさんから興味深い話をたくさん聞けますよ〜!


スーベニアショップがあるのは、正面向かって左の扉奥。

24

ここで買えるオリジナルグッズが本当に可愛らしくて! スタッフ個人的にはかなりのおすすめスポットです。

ぬいぐるみやマグネット、食器や文具など種類豊富。ここでしか買えないお土産がとってもユニークでカワイイ!

25

26

27


中でも、トラベルコスタッフが気に入ったのは囚人のパペット人形。ゆるかわ・・・!!

28

レジ横にはマグネットバージョンもありました。

こんなにぎっしり並ぶと、き、きもかわ・・・!!(笑)

29


また、今回は訪れなかったのですが、フリーマントルのビーチ沿いにある「ラウンド・ハウス」も、以前刑務所として使用されていた歴史的な名所です。

30
(C) Tourism Western Australia

植民地時代(1831年)に建てられた西オーストラリア州最古の建物で、インド洋を臨む絶景も堪能できるんだとか!

興味がある方は、ぜひこちらも併せて訪れてみてくださいね♪

ラウンド・ハウス公式HP▼
https://www.fremantleroundhouse.com.au/


・・・というところで、街の散策レポートは小休憩。

次記事では、週末に開催されるフリーマントル・マーケットの様子についてご紹介します!

続けてご一読ください♪

週末に行くなら絶対マスト!欲しいお土産がきっと見つかる♪フリーマントル・マーケット【パース旅日記 vol.10】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109103/

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
ぼたん2
自然いっぱいの埼玉県東松山市!子供から大人まで楽しめる観光スポット5選☆
エリア:
  • 関東>埼玉>東松山・森林公園・小川
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 自然・植物 
投稿日:2020/02/26 14:04
コメント(0)
こんにちは!トラベルコです♪

今回は、埼玉県東松山市の魅力を発見すべく
「東松山ファムトリップ」に参加してきました!

東松山市といえば、日本で数少ないコアラに会える
こども動物自然公園をご存知の方が多いと思いますが、
その他にも家族や友達と楽しめる自然あふれる観光スポットがあります◎

今回は、これから暖かくなる季節のお出かけにぴったりな歴史ある神社やぼたん園、
農林公園といったおすすめスポットをご紹介します♪


地図

埼玉県の中央に位置する東松山市。
交通アクセスは、東武東上線池袋駅から急行で1時間弱。
高坂駅または東松山駅が東松山市の玄関口です。


まず訪れたのは、高坂駅からバスで10分ほどのところにある岩殿観音正法寺。

岩殿1

▽境内にある銅鐘
岩殿2

開山してから約1,300年という長い歴史をもつお寺です。
境内には、樹齢700年を超えるという巨大なイチョウの木があり、
その大きさに圧倒されてしまいます!

岩殿3

秋には、迫力満点の紅葉が見られるので、シーズン中に訪れるのもおすすめです◎


岩殿観音正法寺に来たら、
すぐ隣にある物見山公園へ歩いて行ってみましょう!

公園の展望台まで登ると、そこからの眺めは抜群♪
晴れた日には、スカイツリーなど東京方面一帯が広く見わたせます。

公園

物見山公園は、標高135mの物見山に遊歩道を整備した公園なので、
気軽に散策を楽しめますよ◎


次にご紹介するのは、150種類のぼたんを栽培している東松山ぼたん園。

今の時期、ぼたんは春の開花に向けて準備中。
開花時期以外は無料開放されています。

ぼたん1

毎年4月の下旬ごろから開催されるぼたんまつりでは、
鮮やかな色をつけた約6,500株のぼたんが県内外からの観光客を魅了します♪

ぼたん2

▽珍しい黄色のぼたん
ぼたん3

今年のぼたんまつりは、4月18日〜5月6日に開催予定。

ぼたんは東松山市のシンボルの花でもあるので、
これからの季節に遊びに来る際には、ぼたんを満喫してみてくださいね♪

ぼたん4
*入園料(ぼたんの開花時期のみ)*
大人 500円
小・中学生 100円
詳細はこちらから


ぼたん園から車で約10分の距離にある東松山市農林公園。
ここでは、いちご摘み取り体験や野菜の収穫体験などを通して
手軽に自然と触れ合うことができます。

いちごの温室に足を踏み入れてみると、
たくさんのいちごが食べごろを迎えていました!

▽章姫、かおり野、紅ほっぺ、よつぼし、4種類のいちごを栽培中
いちご1

収穫方法などの説明を受けたら、
お店でよく見るサイズのいちごパックに、300g以内で摘み取っていきます。

通常食べ放題が多いいちご狩りですが、
パック単位なのでリーズナブルな料金で楽しめて、またいちご達にも負担がかからないという
人にも環境にもやさしいいちご狩りができるのが魅力です◎

いちご2
*体験料金*
600円(2020年4月7日まで)
500円(2020年4月8日以降)
※1パック(300g)あたり
東松山市農林公園HPはこちら


ここで、東松山の名物「やきとり」をご紹介します!

やきとりと耳にすると、鶏肉を思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。

東松山のやきとりは、豚のカシラ肉を炭火でじっくり焼いたものに
お好みで甘辛いみそだれをつけて食べるのが定番!

やきとり

今回お邪魔したのは、東松山駅前にある、ひびき庵別館。
絶品のやきとりはもちろん、埼玉の名産物を使った料理を味わうことができますよ◎

東松山駅の周辺には、たくさんのやきとり屋さんが軒を連ねています。
お店によって、味や店主の提供方法などのこだわりが違うそうなので
いろいろなお店を巡ってみても面白いはず!


最後に訪れたのは、
東松山駅西口から徒歩すぐにある箭弓稲荷神社。

箭弓1

美しく立派な社殿が埼玉県の指定文化財に登録されているこちらの神社。
広い境内には、人間関係の好転や良縁にご利益がある縁結びの木、ぼたん園など
見どころが点在しています!

▽歌舞伎の代表的役者7代目 市川團十郎が奉納したという祠(ほこら)
箭弓2

また、箭弓稲荷神社の「箭弓」は「やきゅう」と読むことから、
その名前にかけて野球関係者も多く勝利を祈願しに訪れるそうです◎

▽バットやベースのかたちをした個性的な絵馬
箭弓3


以上ご紹介した東松山の観光スポットですが、
各施設への移動は車で10分前後かかるので、いろいろな場所を巡りたい場合は
車で来ることをおすすめします◎

また、東松山市では「ふるさと自然のみち」という 7つのウォーキングコースを用意しています。
今回ご紹介したスポットを巡るコースもあるので、
名所を楽しみながらウォーキングするのもいいリフレッシュになりそう♪

豊かな自然やグルメ、歴史であふれる東松山市にぜひ遊びに行ってみてはいかがですか?

アルマス広場2
クスコ観光1〜失われたインカの首都を歩く〜【はじめてのペルーTRIP】
エリア:
  • 中南米>ペルー>クスコ
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/11/06 18:28
コメント(0)
Buenas tardes.(ブエナス タルデス)トラベルコです。

こちらはペルーで一番よく使われている言葉、スペイン語。
実はペルーの公用語はスペイン語の他にあとふたつあります。
ひとつはチチカカ湖周辺で話される「アイマラ語」、もうひとつは山岳地帯で使われる「ケチュア語」です。

そのケチュア語で「へそ」という意味のクスコは、その名の通りインカ帝国時代の中心でした。
しかしスペインの侵略によりクスコの街は破壊され、スペイン人により新たな建築物が作られました。
その消滅した文化の稀な証拠として、また融合することなく文化が上塗りされた建築などの価値が認められ1983年世界遺産に登録されました。
ちなみに日本で初めて世界遺産登録されたのは1993年の古都奈良の文化財なので、クスコよりも10年あとなんですね。

この説明だけで見どころ満載そうなクスコの街を散策してきました♪



◆アルマス広場

まずはリマ同様、街の中心地、アルマス広場から。
広場の周りにはレストランやショップが立ち並び観光の拠点として賑わっています。
アルマス広場1


中央の噴水に立つ像は、あのマチュピチュ遺跡を作ったと言われているインカ帝国9代目皇帝パチャクティ。立派ですねえ。
アルマス広場2


マクドナルドやスターバックスが景観に配慮した配色なのも見どころ。
マック

スタバ


◆カテドラル(大聖堂)

アルマス広場に面するカテドラルはインカ時代のビラコチャ神殿跡に建てられたもの。
大きな鐘が備わてっている立派な外観です。
カテドラル


300トンもの銀が使われたメインの祭壇や、地震の神として祀られている褐色のキリスト像や絵画がみどころです。
褐色のキリストは初めて見ました。
有名な「最後の晩餐」も、テーブルにはクスコ名物のクイ(テンジクネズミ)や紫トウモロコシの飲みものが並んでおりペルーらしい!
館内は撮影禁止のため、クスコに立ち寄る際はぜひ自分の目でお確かめください♪


◆サント・ドミンゴ教会(コリカンチャ)

コリカンチャ外観


太陽神を崇拝するインカ帝国の時代はコリカンチャ(太陽の神殿)として神聖な場所でした。
ケチュア語で「金の場所」という意味を持つコリカンチャ。
たくさんの黄金があったそうですが、スペイン人が持ち去ってしまったそう。
その後、コリカンチャを破壊し残った土台の上に建てられたのがサント・ドミンゴ教会です。

「カミソリ1枚すら通さない」と言われるほど精密なインカ時代の石組みと、セメントなどを使用したスペインによって作られた部分には明らかな違いがあり「ここはインカ」「ここはスペイン」とあちこちの壁を見て回るもの楽しいです。

(左)インカの建築 (右)スペインの建築
石材1

(下)インカの建築 (上)スペインの建築
石材2


教会のなかにはいくつかの神殿跡があります。
こちらはまっすぐに揃うように設計された窓。
神殿_窓

マチュピチュ遺跡でも見られるように、インカの石の建築物は内側に13度傾く台形の形。
これは地震に強い構造で、クスコに大地震があった際にサント・ドミンゴ教会は崩れても土台の石組みは無事だったのだから驚き!


生贄のリャマを置いたとされる台。
神殿_生贄


これはインカの世界観が描かれた金の板。
本物はスペインが本国に持ち帰ってしまったのでレプリカです。
金版


ちなみに、
現地の方は「サント・ドミンゴ教会」「コリカンチャ」どちらで呼ぶのかガイドさんに尋ねたところ、国民の90%がカトリックを信仰しているので「サント・ドミンゴ教会」と呼ぶそうです。


◆12角の石

上記で述べた「カミソリ1枚すら通さない」インカの石材建築を代表するのが、この12角の石。
なぜ四角でなくこのような形に切り出そうと思ったのか・・・。
似たような石が周りにたくさんあるので、どれが12角なのか探してみるのは楽しいかも(笑)
12角石


◆サン・ペドロ市場

現地の方と観光客でにぎわう市場。
市場1


雑貨屋さんや
市場2


見たことのない野菜や果物がたくさんあって見ているだけでもわくわく(((''ω'')))
市場3


その場でフレッシュジュースを作ってくれるお店もあります。
市場4


お土産にぴったりなものたち。
市場5

市場6

市場7


ローカルフードを楽しめる屋台もたくさん!しかも安い!!
市場8

市場9


サン・ペドロ市場ではスリにだけはご注意を。\荷物は前!/


クスコの中心地は徒歩圏内に見どころがたくさん!コンパクトにたくさん回れるのが良いところ♪
次回はちょっと足をのばしてクスコ近郊の遺跡群をめぐります!

1 - 5件目まで(260件中)


国一覧
アジア
韓国(108)
ベトナム(57)
タイ(55)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
オーストリア(2)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(39)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(3)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
千葉(6)
栃木(5)
埼玉(4)
神奈川(4)
群馬(2)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(4)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)