1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんの旅行ブログ
  4. トラベルコちゃんさん グルメの記事一覧

  海外エリア: アジア > ミャンマー の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
9月<2019年10月    
123 45
6789101112
131415 16171819
20212223242526
2728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(324件中)

ボートトリップ インレー湖中央
【ミャンマー】インレー湖の風光明媚な景色を堪能♪
エリア:
  • アジア>ミャンマー>インレー湖
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2019/10/15 16:57
コメント(0)
ミンガラバー!
マンダレーから飛行機で移動して、インレー湖に行ってきました♪
水上で暮らすインター族の文化や生活、シャン州ならではの料理など、また他の地域とは違うミャンマーに触れてきました!


★インター族の暮らしを垣間見える!ボートで巡るインレー湖

インレー湖の観光はボートチャーターで!山々に囲まれた湖の絶景だけではなく、インター族の漁をする姿や船で移動する姿、水上家屋など人々の日常も見ることができます。

朝、夕方〜夜間にボートで移動する際は肌寒くなるため、薄手の上着を持参するのがおすすめです◎

ボートトリップ船頭

ボートトリップ、スタート!最初は船頭さんがついて、足で漕いでくれました。バランス感覚抜群です!

ボートトリップ

船頭さんと別れ、インレー湖中央へ進んでいきます。

ボートトリップ漁

漁をする姿。片足でオールを使い、両手で網を手繰り寄せています。

ボートトリップ浮畑

浮畑付近で作業する人。トマトやサトイモなどが作付けされており、苗植えや収穫も船に乗って行います。

ボートトリップ水上集落

水上集落にはいります。家だけではなく、レストランやパゴダも水上にあります。

ボートトリップ インレー湖中央

再び湖の真ん中へ。日が落ちてきて、水面に太陽の光が反射しています!

ボートトリップ 女性

ハスの茎を採取する女性。

船付き場夕焼け

船付き場から。夕焼けと船を漕ぐ姿が絵になります。

ボートトリップ 船すれ違い

朝、たくさんの野菜を積んで地上を目指して移動しています。

ボートトリップ インター族

こちらは観光客向けにポーズをとっているインター族。

写真では残せませんでしたが、ホテルへボート移動しているときの満天の星空が本当に綺麗でした…!時間帯によって変わる景色もインレー湖の楽しみのひとつです♪


★インレー湖ならでは!ハス糸織工房を訪問

インレー湖には織物、鍛冶屋、葉巻などのさまざまな工房があります。今回は、ハス糸織工房を訪れました!
湖で採れるハスの茎の繊維を使った織物は非常に珍しく、高級品として扱われています。併設されているショップにはハス糸で織られたショールやスカーフなどが売られています。

ハス糸織工房

ハス糸織工房に到着!

ハス糸織工房 ハスの糸1

ハス糸織工房 ハスの糸2

こちらがハスの糸。少し粘り気のある細い繊維の束を手で転がし、1本の太い糸にしていきます。

ハス糸織工房 作業1

ハス糸織工房 作業2

ハス糸織工房 作業3

工房で働く人達の姿。皆さん黙々と働いています。


★ホテル滞在でもインレー湖を満喫!おすすめホテル

レイクビューのホテルから、水上ホテルまで、インレー湖の自然をたっぷり体感できるホテルを少しだけご紹介します。

▼インレー・プリンセス(Inle Princess)

インレー湖の東側湖畔に位置するリゾートホテル。職人を雇い、ホテルで使用するものは手作りしているなど、ひとつひとつの備品にもこだわりが感じられます。お部屋はコテージタイプで全4種類。優雅なホテル滞在を楽しむことができますよ♪

インレー・プリンセス・リゾート1

レストラン内部。こちらに使われている電灯の和紙もホテルで雇っている職人の手作りだそうです!

インレー・プリンセス・リゾート2

こちらはプリンセス・ハウス外観。

インレー・プリンセス・リゾート3

こちらはプリンセス・ハウスのお部屋。天井が高く、インテリアにこだわりを感じます。

インレー・プリンセス・リゾート4

バルコニーからはインレー湖を眺めることができます。

インレー・プリンセス・リゾート5

こちらはワインセラー。天井の絵はシャン族らしく、こちらもホテルの従業員が描いたものだそうです。

このホテルのオーナーが経営する水上ホテル兼レストランでシャン料理をいただきました!このあとにレポートしていますので、このまま読み進めていただけると嬉しいです♪

> おしゃれな水上レストランでシャン料理を味わう

▼ソフィテル・インレーレイク・ミャッミン(Sofitel Inle Lake Myat Min)

2018年3月にオープンしたインレー湖の南東湖畔のリゾートホテル。高級ホテルチェーン、ソフィテルが手掛けたおしゃれな内装のお部屋は女子ウケすること間違いなし!インレー湖の絶景とラグジュアリーな雰囲気を味わうことができます♪

ソフィテル・インレーレイク1

水上側から見たホテル外観。

ソフィテル・インレーレイク2

こちらはジュニアスイートのお部屋。近代的な内装にミャンマーらしい竹細工などのインテリアを使用しており、それがまたおしゃれです!

ソフィテル・インレーレイク3

バスタブのかたちもまるっとしててかわいい♪山側の景色も楽しめますよ!

ソフィテル・インレーレイク4

バルコニーからの絶景!!ずっとこの景色を見ていたい…!

ソフィテル・インレーレイク5

プールからもレイクビューが楽しめます!

▼シュエインター・フローティング・リゾート(Shwe Inn Tha Floating Resort)

インレー湖の中ほどに位置する水上ホテル。もちろん遮るものがないため、湖の景色を存分に楽しむことができます!お部屋はすべて水上コテージで、木のぬくもりを感じるナチュラルテイストな内装になっています♪

シュエインターフローティングリゾート1

湖に反射するコテージはとても綺麗!

シュエインターフローティングリゾート2

お部屋の内装。天蓋付きのベッドが嬉しいですね♪

シュエインターフローティングリゾート3

お風呂はバスタブ付き。アメニティの入れ物もかわいいです◎

シュエインターフローティングリゾート4

トイレの扉をしめたら、こんなおちゃめな子が…!

シュエインターフローティングリゾート5

プールもありました。ちなみに、インレー湖のホテルの中で最初にプールを併設したホテルだそうです!


★おしゃれな水上レストランでシャン料理を味わう

ヤンゴン編でミャンマー料理を紹介いたしましたが、多民族国家であるミャンマーは地域によって個性の違う郷土料理がたくさん存在し、インレー湖ではシャン料理を楽しむことができます。
今回は水上ホテル兼レストラン「インレー・ヘリテージ(inle heritage)」でランチをすることに!こちらのレストランでは、現代風にアレンジしたシャン料理をいただくことができます♪

インレー・ヘリテージ1

お米でできたあげせんべい。お好みの野菜、薬味のきいたソースと一緒に食べます。

インレー・ヘリテージ2

手前がトウモロコシ粉を練って蒸したもの、奥がねぎのフリッター。日本人好みで食べやすいです◎

インレー・ヘリテージ3

シャンカウスェ。モヒンガーは魚系のスープですが、こちらはあっさりとした鶏系のスープでした。薬味やライムを絞って召し上がります。

インレー・ヘリテージ4

レストラン内装。料理と同じくおしゃれで綺麗♪

ちなみにインレー・ヘリテージは宿泊、レストランのほかにビルマ猫の保護施設も併設されています。1日に何回か猫ちゃんたちとをさわれる機会もあるのだとか♪私が行った時間帯はさわることができなかったため、遠目から見ていました…>< レストランの内装の猫モチーフはビルマ猫なんですね!

インレー・ヘリテージ5

レストランに併設されたビルマ猫保護施設。


***

ミャンマー・インレー湖編、いかがでしたでしょうか?
湖でゆったりボート旅、最高ですよ!!インレー湖の絶景をぜひ見に来てほしいです♪

2018年10月より日本人観光客を対象に期限付きでのビザ取得が免除されていましたが、2019年10月以降も継続されることが決定されました!
インレー湖をはじめ、ミャンマーの各地を巡るチャンス!次の旅行先の候補にいれていただけると嬉しいです〜\(^^)/☆

他の地域の記事もぜひご覧ください〜^^
【ミャンマー】活気あふれるヤンゴンを散策♪歴史やローカルに触れる
【ミャンマー】\祝!世界遺産登録/バガンの仏教遺跡を巡る
【ミャンマー】ミャンマーの古都、マンダレーで王朝時代の歴史を感じる

シュエダゴン・パゴダ夕焼け
【ミャンマー】活気あふれるヤンゴンを散策♪歴史やローカルに触れる
エリア:
  • アジア>ミャンマー>ヤンゴン
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/10/15 16:56
コメント(0)
ミンガラバー!
先日、微笑みの国といわれるミャンマーに行ってきました♪

2018年10月より日本人観光客を対象に期限付きでのビザ取得が免除されていましたが、2019年10月以降も継続されることが決定されました!
ミャンマーに旅行に行くなら今がチャンス(*^^*)♪

まずはミャンマー最大の都市、ヤンゴンに行ってきました!


★歴史的建造物を散策♪ヘリテージコロニアルツアー

19世紀〜20世紀にかけて英国統治下にあったミャンマー。ヤンゴンは東南アジアの中で最もコロニアル建築が多く残っている都市と言われているのだとか。

今回は、ダウンタウンを歩きながらレトロな建築物の歴史を説明してもらえる、ヘリテージコロニアルツアーに参加してきました!たくさんの建築物を紹介していただきましたが、なかでも印象深かったものをピックアップ♪

スーレー・パゴダ

コロニアルツアー集合場所付近から見えたスーレー・パゴダ。ダウンタウンの中心できらびやかに建っています。

市庁舎

こちらも集合場所付近から見えた市庁舎。ヤンゴンを代表する歴史的建造物で、この日は天気が良く、空の青色と白亜の建物のコントラストが素敵!

旧ヤンゴン地方裁判所

ストランド通り沿いにある旧ヤンゴン地方裁判所。赤いドーム屋根が特徴的で、コロニアル建築でも最も初期の建物のひとつだそうです。

ストランド・ヤンゴン

ストランド・ヤンゴン

1901年創業の由緒あるホテル、ザ・ストランド・ヤンゴン(The Strand Yangon)。ホテル内のカフェではハイティーを楽しむことができます!

アルメニア教会

アルメニア教会

1862年に建てられたアルメニア教会。ミャンマーといえば仏教の国のイメージが強いですが、多民族が集まる大都市ヤンゴンではキリスト教やユダヤ教など、他宗教の施設も見られます。

旧総督府

赤いレンガが美しい旧総督府。イギリスから独立後の1947年、アウンサンスー・チーさんの父であるアウンサン将軍が暗殺された場所としても知られています。現在改修中ですが、ツアーでは内部を見学することができました。

旧総督府内部

旧総督府内部

総督府の建物内部。ふきぬけから差し込む光と螺旋階段が荘厳な雰囲気を醸し出しています。螺旋階段の手すりはヴィクトリア女王の顔にレリーフが彫られています。

国会議事堂

こちらはかつて国会議事堂として使用されていた場所。壁は鮮やかな水色に塗られています。天井はユニオンジャックを模しているのだとか。

ガイドさん

さまざまな歴史的建造物の説明をしていただきました。とにかく知識量がすごい!!ガイドさん、ありがとうございます!


★ヤンゴン環状線に乗って、ローカルな雰囲気を味わう

一部の観光客に人気なのがこの環状線。時間が時刻通りに来なかったり、列車のスピードも日本に比べゆっくりだったりと、移動の手段としてはなかなか使いづらいですが、ローカルな雰囲気を楽しみならゆっくりヤンゴンを散策したい方にはおすすめです◎

ヤンゴン中央駅 駅舎

ヤンゴン中央駅から乗車♪実は、この駅舎もコロニアル建築物なんです!

ヤンゴン環状線路線図

ヤンゴンを走る列車の路線図。ビルマ文字の丸いフォルムがかわいい!

ヤンゴン環状線列車

乗車予定の列車が到着。時間通りに走らないことで有名なヤンゴン環状線ですが、この列車はあまり遅れず、ほぼ定刻で発車しました(笑)

ヤンゴン環状線 車窓からの風景

車窓からの風景。窓(シャッター?)は常に開けっ放しです。

ヤンゴン環状線 車内

駅で停車するたびにフルーツや生活備品などを売りに来る人が車内を歩き回ります。揺れる電車の中で頭の上にのせて歩く姿にヒヤヒヤしましたが、抜群のバランス感覚でした^^;

ヤンゴン環状線 列車

線路も向かい側の電車には「気仙沼」の文字が!日本で使用されなくなった車両が輸出され、ミャンマーで使用されているそうです。

ヤンゴン環状線 列車

あっという間に環状線の旅は終了しました〜!


★黄金に輝くミャンマー最大級の仏塔、シュエダゴン・パゴダ

ヤンゴン観光のハイライトといっても過言ではないシュエダゴン・パゴダ。敬虔な仏教徒が多く集まり、祈りを捧げる参拝者でにぎわいます。

なお、パゴダの境内に入るには、靴下を脱いで裸足になるのが作法。天気の良い日の日中は地面の温度がかなり高くなるため、夕方〜夜にかけての参拝がおすすめですよ◎

シュエダゴン・パゴダチケット売り場

チケット売り場付近。チケットを購入すると水と足ふき用のおしぼりがもらえます。

シュエダゴン・パゴダ参拝用の花

参拝用のお花。このお花を生まれ曜日の神様の首にかけて、お祈りします。参拝する方は生まれ曜日を予め調べておきましょう!

シュエダゴン・パゴダ通路

通路を抜けていくと…

シュエダゴン・パゴダ全景

念願のシュエダゴン・パゴダ!

シュエダゴン・パゴダ夕焼け

夕焼けにそまる空と夕日に照らされた仏塔が美しいです♪

シュエダゴン・パゴダ仏教徒の参拝

たくさんの人々が祈りを捧げます。

シュエダゴン・パゴダ ライトアップ

夜のライトアップもまた素敵!

シュエダゴン・パゴダ 参拝

私は生まれ曜日が金曜の場所で参拝。

ガイドさんいわく、
1)お花を手前の白い神様の首にかける
2)備え付けのカップで水を汲み、奥側の背の高い神様→手前の白い神様→足元の金色の神様の順にかける
のだとか。
かける回数は年齢の十の位+1回(25歳だったら2+1=3回)だそうです!


★ミャンマーの食について

実は日本人の口に合うものが多いミャンマー料理!お酒が好きな方はビールもおすすめですよ♪

ミャンマーカレー

ミャンマーカレー:玉ねぎなどのたっぷりの野菜、唐辛子を油で炒めて作るのがミャンマー流。辛味は多少あるものの、野菜の甘さが引き立つ味は日本人にも食べやすいです◎

モヒンガー

モヒンガー:ミャンマーの朝食と言ったらこれ!お好みで香辛料と天ぷらをのせて、自分好みの味にしましょう◎この写真では、ひょうたんの天ぷらをのせています!美味でした〜^^

ミャンマービール

ミャンマー・ビール(Myanmar Beer):過去にはモンド・セレクションを受賞し、「アジアで最も美味しいビール」として名高いミャンマー・ビール。東南アジア特有のさっぱりした味わいだけではなく、ビールのもつキレもしっかり感じられます!


***

ミャンマー・ヤンゴン編、いかがでしたでしょうか?
中心地ならではのにぎわいもありつつ、歴史や人の温かさを感じられるヤンゴンへ、ぜひ足を運んでみてください♪

他の地域の記事もぜひご覧ください〜^^
【ミャンマー】\祝!世界遺産登録/バガンの仏教遺跡を巡る
【ミャンマー】ミャンマーの古都、マンダレーで王朝時代の歴史を感じる
【ミャンマー】インレー湖の風光明媚な景色を堪能♪

ポートワイン
エミレーツ航空の特典でポルトのワインセラーを見学!
エリア:
  • ヨーロッパ>ポルトガル>ポルト
テーマ:買物・土産 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/09/10 10:08
コメント(1)
Boa tarde(ボアタルデ)!トラベルコです。

ヨーロッパ最西端の国、ポルトガルへ行ってきました♪

日本からポルトガルへは直行便が出ていないため、ヨーロッパや中東を経由して向かいます。

トラベルコスタッフは、2019年7月からポルトに新規就航した
エミレーツ航空を利用しました。

フライトの行程は以下のとおり。

往路:成田発→(ドバイ乗継)→リスボン着
復路:ポルト発→(ドバイ乗継)→羽田着

1回の旅で5つの空港を訪れることができました(笑)。

ポルトガルは縦長の国土で、南部に首都のリスボン、北部に第2の都市ポルトが位置しています。
行きはリスボン、帰りはポルトという行程を組めば、ポルトガル国内を北上しつつ効率的な観光ができますよ♪

ここで耳寄り情報です!

エミレーツ航空のポルト発の便を予約すると
ポルトのワインセラー見学・試飲ツアーが無料で楽しめるバウチャーが貰えるんです(^^)/

▽ワインセラーはこちら!
FERREIRA(フェレイラ)

1751年設立の老舗のワインセラーです。

事前予約が必要なので、バウチャーに書かれたメールアドレスに
希望日時・人数と エミレーツ航空のバウチャーを使いたいことを連絡すると
「当日はバウチャーを印刷して持ってきてくださいね」
と返信があり、無事に予約できました(^^)
(つたない英語でしたが通じてよかった…!)

***

そして当日!
FERREIRAを訪れに、ポルトのヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区へ向かいます。

ヴィラノヴァ1

名だたるワインセラーが川岸にずらり!

ヴィラノヴァ2

ドン・ルイス1世橋からロープウェイに乗って川岸へ降りていき、
そのまま道沿いに真っすぐ歩いていくと一番奥にFERREIRAが(^^)/
とても分かりやすい立地なので迷わず行けました♪
徒歩でアクセスできるのも嬉しいポイント◎

FERREIRA

参加したのは、「CLASSIC VISIT」というガイド付き見学ツアー。
ワイン2種の試飲もついています(*’▽’)

※解説は英語、ポルトガル語、フランス語、スペイン語等。日本語はありません

本来は13ユーロかかるツアーですが、バウチャーがあるので無料で参加できます(*^^*)

入口

FERREIRAの創始者など歴史の説明に始まり

農具

ブドウの収穫農具など、ワイン作りに使われていた道具の展示や
ポートワイン独特の芳醇な香りただよう酒蔵を見学していきます。

船

昔はこのような船でポートワインを運んでいたそうです。

樽

ガイドさんは目の前でゆっくり丁寧に説明をしてくれ、
「いつでも質問してくださいね〜」と親切でした◎

ガイドツアーの後はお待ちかねの試飲です^^

試飲へ

こちらの建物の中に、試飲スペースとワイン売り場があります。

試飲スペース

試飲スペース2

試飲ではルビー(赤)とホワイト(白)の2種類をいただけます。

ポートワイン

こっくりとした甘さで飲みやすく、とても美味しいです(*^^*)!
アルコール度数が約20度もあることを忘れそうなほど口当たりがよい味。
酔いがまわらないよう注意しながら、ちびちび少しずついただきました(笑)。

食前酒や食後酒として飲むのが一般的というポートワイン。
実際に飲んでみると想像以上に甘味が強く
今まで飲んだことのある「ワイン」とポルト名産の「ポートワイン」はまったくの別物という印象でした!

ワインは渋味があるから苦手…という意識がある方にこそおすすめしたいです^^

ワイン×チョコ

こちらではチョコレートも売っているようでした。
チョコと一緒に飲んだら絶対に美味しいに決まってます><!

ワイン×チョコ2

試飲を終えてポートワインのとりこになったスタッフは、
ポートワインを日本でも飲みたいな〜と思い、お土産を見繕いに売店へ。

ワイン

お手頃価格のものから、手が出せないようなヴィンテージものまでずらりと並んでおります。

ワイン2


スタッフが選んだのはこちら!

お土産1

5種類のミニボトルが入ったポートワインセットです!
これが目に入った途端飛びついてしまいました。いいものを見つけた…(*´▽`*)

お土産2

箱入りなので瓶が動く心配もなく、スーツケースに入れて持ち帰りやすいのが嬉しい◎
これで日本でも飲み比べを楽しめますね!
人にプレゼントするお土産にも適していると思います^^

出口

ポートワインの奥深い世界を気軽に知ることができる見学・試飲ツアーでした♪

スタッフはお土産も買えて大満足です。
ちなみに、自宅でアイスにポートワインをかけて食べてみたところ
大人のデザート感ある味わいでとても美味しかったです。お試しあれ!

ポルトガル旅行を検討中の方は、
ぜひエミレーツ航空のポルト発のフライトを利用して
お得な特典を堪能してくださいね(^^)/

PR
【ポルトガルに夢中!】ヨーロッパの最西端、ポルトガルは女子旅にぴったりな国。フォトジェニックな観光地、素朴で美味しいシーフード料理、かわいらしい雑貨など、知ってほしいポルトガルの魅力を詳しくご紹介♪
【ポルトガルに夢中!】ヨーロッパの最西端、ポルトガルは女子旅にぴったりな国。フォトジェニックな観光地、素朴で美味しいシーフード料理、かわいらしい雑貨など、知ってほしいポルトガルの魅力を詳しくご紹介♪
ナタ1
ポルトガルのFOOD&DRINK【ポルトガル旅行記】
エリア:
  • ヨーロッパ>ポルトガル>リスボン
  • ヨーロッパ>ポルトガル>ポルト
  • ヨーロッパ>ポルトガル>ポルトガルその他の都市
テーマ:買物・土産 グルメ 
投稿日:2019/09/04 12:02
コメント(0)
Boa tarde(ボアタルデ)!トラベルコです。

みなさん、ポルトガル料理と聞いて何が思い浮かぶでしょうか?

正直、何も思いつかない…という方も多いかもしれませんが、
実はポルトガルは<美食の国>なんです!
(日本人の口に馴染みやすい味なのがポイント!)

トラベルコで公開中のポルトガル特集では、代表的なシーフード料理と伝統菓子をご紹介しています。
ここでは、特集で紹介しきれなかったグルメを中心にご紹介しますね(^^)/


◆スープ
スープはポルトガルの定番メニュー!
レストランで出てくる料理はたいてい量が多いので、
軽めに済ませたいときはスープだけでも充分満足できると思います!

▽カルド・ヴェルデ
スープ1

「緑のスープ」という意味のカルド・ヴェルデはポルトガルでもっともポピュラーなスープ。
上の写真はファストフード店で頼んだもの。
ジャガイモをベースに、千切りのケール(キャベツの原種)が盛りだくさん&チョリソーも入っていて結構食べ応えがありました♪

▽クレム・デ・レグーメス
スープ2

こちらはレストランで頼んだ、ポルトガルらしからぬ(?)おしゃれサイズの野菜スープ。
なめらかで舌触りがよく、優しい味わいのクリームスープでした^^


◆B級グルメ

▽ビファナ
ビファナ

焼いた豚肉をパンに挟んだ、ポルトガルの代表的なファストフード。
非常にボリューミーです。

▽フランセジーニャ
フランセジーニャ

ポルト発祥のB級グルメ。
「フランスの女の子」という意味で、クロックムッシュをポルトガル流にアレンジした料理だそう。
食パンにハム+ステーキ+チーズ+目玉焼き(そして付け合わせに大量のポテト)と、「カロリー集めました!!」と言わんばかりの一品です。

※トラベルコスタッフが食べたフランセジーニャは意外とかわいめ(?)でした、、
お店によってさまざまですが、本当はもっと見た目のインパクトすごいと思います。
ポルトのカフェで食べられるので、お腹に余裕があればぜひチャレンジを!


◆おやつ

▽パステル・デ・ナタ
ナタ1

やっぱりこれは外せませんね! ポルトガルの国民的おやつといえばナタ。
どこへ行っても毎日見かけます。ホテルの朝食ビュッフェにもほぼ必ずあると思います。
リスボンのベレン地区にある「パステイス・デ・ベレン」は、ポルトガルでいちばん有名なナタのお店です。

ちなみにトラベルコスタッフのお気に入りのお店はココ!

◆Manteigaria(マンテイガリーア)
ナタ2

シュガーとシナモンをお好みでバババと振りかけていただきましょう!

ナタ3

スタッフはポルトでこのお店に出合いましたが、リスボンにも同じお店があるようです♪ぜひ行ってみてくださいね。


ナタの他にも、卵黄を使ったお菓子はバラエティー豊富。
ポルトガルの伝統菓子は、修道院で卵黄を使ったレシピが編み出されたことから始まりました。
(卵白をアイロンがけの糊として使っていたため、卵黄が大量に余ったそうです)

世界遺産・アルコバサ修道院の近くにある「ALCOA(アルコア)」には、
さまざまな種類の修道院菓子が売っています!

おかし1
サクサクのパイ生地が美味しい◎

おかし2
見た目がかわいい…(*´▽`*) このお菓子はコンテストでの受賞歴もあるのだとか!

▽オヴォス・モーレス
オヴォス1

運河の町アヴェイロの銘菓も卵黄入り!
魚や貝がらなど、海のものをモチーフにした形のモナカに卵黄のペーストが入っています。
甘ったるいのかなーと思いきや、しつこくなくて食べやすい!

お土産にも買って帰りました(^^♪

オヴォス2

▽トリッパ
トリッパ

アヴェイロのおやつは、こちらもおすすめ!
クレープのようなもちもち食感の生地にチョコやフルーツなどを挟んだスイーツ。
お好みでシナモンをトッピングしましょう。
卵黄系の伝統菓子とは違った現代風お菓子ですね(^^)/

案の定デカいので、2人で分けっこするくらいが丁度いいです!(上の写真は半分こしたもの)

注文するとこのように焼いてくれます。
焼き


◆お酒

▽ヴィーニョ・ヴェルデ
ヴィーニョヴェルデ

すっきり軽口の微発砲ワイン。シーフードにとても合います!
ランチやディナーでぜひ飲んでほしいワインです♪

▽ジンジーニャ
ジンジーニャ

リスボン地方名産のさくらんぼリキュール。
オビドスではチョコレートカップで飲むので大人のデザート感があります!

ジンジーニャ2

かわいい瓶入りのものを見つけたらぜひお土産に◎


◆コーヒー&ソフトドリンク

▽カフェ(ビッカ/シンバリーノ)
カフェ

ポルトガルでコーヒーといえばエスプレッソのこと!濃い一杯で食事をしめるのがポルトガル流。
リスボンではビッカ、ポルトではシンバリーノと呼ぶそうです。

▽スーモ・デ・ラランジャ・ナトゥラル
SUMO

生絞り100%オレンジジュース。つぶつぶの果肉が入っていてフレッシュで美味しいです♪
オレンジ絞り機を見かけたらぜひ注文を!


◆ミネラルウォーター

▽LUSO(ルーゾ)
luso

ヨーロッパで貴重な軟水!!
LUSOさんのおかげで、水が合わなくてお腹を壊す…という海外旅行あるあるな悲しい事件も起きませんでした。
他のペットボトルの水よりも多少値段は上がりますが、スーパーで買えばそこまで高くありません。
ポルトガルは乾燥していて喉が渇くので、大き目サイズを持ち歩くことをおすすめします(^^)/


以上、ポルトガルのグルメ集、いかがでしたでしょうか!?

シーフードはもちろんのこと、肉の存在感がスゴイB級グルメや、伝統的なお菓子まで
美味しいものがたくさんあるので
“食”をひとつの目的に、ポルトガル旅行してみてくださいね(*^^)

PR
【ポルトガルに夢中!】ヨーロッパの最西端、ポルトガルは女子旅にぴったりな国。フォトジェニックな観光地、素朴で美味しいシーフード料理、かわいらしい雑貨など、知ってほしいポルトガルの魅力を詳しくご紹介♪
【ポルトガルに夢中!】ヨーロッパの最西端、ポルトガルは女子旅にぴったりな国。フォトジェニックな観光地、素朴で美味しいシーフード料理、かわいらしい雑貨など、知ってほしいポルトガルの魅力を詳しくご紹介♪
レロ ステンドグラス
あの『ハリー・ポッター』シリーズとゆかりのあるスポットへ!【ポルトガル旅行記】
エリア:
  • ヨーロッパ>ポルトガル>ポルト
テーマ:観光地 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/09/04 11:42
コメント(0)
Boa tarde(ボアタルデ)!トラベルコです。

首都リスボンや、大学都市コインブラ、フォトジェニックな傘の町アゲダなど
ポルトガルのあらゆる都市をレポートしてきましたが、どこか気になるスポットはありましたでしょうか?

今回は、少し毛色を変えて
ファンタジー作品×ポルトガル の視点で旅行記をお届けしようと思います!

世界的な人気を誇る魔法ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズ。
児童文学の金字塔ともいえる作品ですね。
実写映画を通して、その世界観のとりこになった方も多いのではないでしょうか^^

実は、『ハリー・ポッター』シリーズの作者であるJ・K・ローリングは、
1991〜93年のあいだポルトで英語教師として働いていたそう!
そのかたわら執筆していたのがシリーズ第一作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』。
イギリスのイメージが強い『ハリー・ポッター』シリーズですが、
ポルトガル滞在時に着想を得た設定もあるのかも!?と思うと興味深いです!

(ちなみに、J・K・ローリングはポルト赴任時に出会ったポルトガル人と結婚したものの、結婚生活は残念ながらうまくいかず、イギリスへ戻ってしまったそうです)


さて、ポルトにはJ・K・ローリングとゆかりのあるスポットが2つあります!

◆レロ書店 Livraria Lello

1つ目のスポットは、イギリスの新聞ガーディアン紙で
「世界で最も美しい書店ベスト10」に選ばれたことのあるレロ書店
ネオゴシックとアールヌーボーの要素が混在した建築様式で、外観はもちろんのこと、
細かな装飾が施された内装が非常に美しい建物です。

レロ外観

店内にはらせん階段やステンドグラスがあり、
「これが本屋…!?」と思うほど華やかな造りになっています。

レロ 階段

レロ ステンドグラス

『ハリー・ポッターと賢者の石』では、ホグワーツに入学するハリーが、
あらゆる魔法道具が売っている「ダイアゴン横丁」へ出かけて
ローブや杖などを買い揃えるエピソードがありますね。

「フローリシュ・アンド・ブロッツ書店」という本屋では、教科書一式を購入していました。

このレロ書店は、その「フローリシュ・アンド・ブロッツ書店」のモデルになったのでは!?
と言われています。

レロ かお

確かに、言われてみれば魔法の世界に通じているような雰囲気がありますね…!
古今東西の魔導書を売っていそうです。

レロ 二階

それにしても、らせん階段の曲線とシックな赤色が美しいです(*´▽`*)

らせん

レロ らせん階段

書店を出ると朝9時半にもかかわらず行列が…!
※今回、トラベルコスタッフは特別に開店前に撮影をさせていただきました

行列

レロ書店に入るには、近くにあるチケット販売窓口でバウチャー(入場料5ユーロ)を購入する
必要があります。ちなみに本を買ったら5ユーロ分は割り引いてくれるそうですよ^^

「並んでも入りたい!」という気持ちに強く頷けるほど素敵なスポットでした◎
ポルト観光の際はぜひ訪れてみてください♪


◆マジェスティック・カフェ Majestic Café

2つ目は、J・K・ローリングが執筆活動を行っていたというマジェスティック・カフェ

J・K・ローリングは英語教師としてポルトで働いていたときこのカフェに足繁く通い、
『ハリー・ポッターと賢者の石』を執筆していたのだそうですよ(^^)/

マジェ1

1921年創業という老舗なだけあって、外観からして伝統と気品がただよっています。

中に入ると…

マジェ2

うわー!素敵。
きらびやかなランプや、木のぬくもりがある丸みを帯びた装飾…

マジェ3

鏡張りの壁に、使い古された革張りのソファ。

マジェ4

この空間にいるだけで、うっとりしてしまいます。

マジェ5

きれいな中庭や

マジェ6

グランドピアノもありました(*'▽')

何時間でもゆっくりしていたくなる、とても雰囲気のよいカフェです。

こちらではデザートをいただきました。

▽フレンチトースト(French toast Majestic style)
フレンチトースト

▽チーズケーキ(Cheese cake with red fruits)
チーズケーキ

どちらもほどよい甘さでとても美味しかったです(*^^*)

カフェメニュー以外にも、お食事メニューやお酒もありましたよ◎
ここで、ポルト名物のフランセジーニャを食べてもよかったな〜とちょっと後悔しています。

***

〜番外編〜

J・K・ローリングはコインブラ大学からも作品のインスピレーションを得たのかもしれないと言われています^^

それが、コインブラ大学の伝統の制服!
黒いマントをたなびかせる様が「ホグワーツ魔法魔術学校!?」となります。

▽コインブラ旅行記はコチラ
\大学が世界遺産!/大学都市コインブラへGO!【ポルトガル旅行記】

***

いかがでしたでしょうか?
ハリポタファンの方はもちろん、そうでない方にもおすすめの観光スポットです(*'▽')♪

ポルトに行った際はぜひ訪れてみてください〜!

PR
【ポルトガルに夢中!】ヨーロッパの最西端、ポルトガルは女子旅にぴったりな国。フォトジェニックな観光地、素朴で美味しいシーフード料理、かわいらしい雑貨など、知ってほしいポルトガルの魅力を詳しくご紹介♪
【ポルトガルに夢中!】ヨーロッパの最西端、ポルトガルは女子旅にぴったりな国。フォトジェニックな観光地、素朴で美味しいシーフード料理、かわいらしい雑貨など、知ってほしいポルトガルの魅力を詳しくご紹介♪

1 - 5件目まで(324件中)


国一覧
アジア
韓国(107)
ベトナム(57)
タイ(54)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
中国(8)
フィリピン(8)
スリランカ(8)
マカオ(7)
マレーシア(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(25)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
栃木(5)
千葉(5)
神奈川(3)
群馬(2)
埼玉(1)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(3)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)