1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. トラベルコちゃんさん
  4. マリンスポーツの記事一覧

  海外エリア: 中近東 > アラブ首長国連邦 の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
4月<2022年5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(44件中)

カイトビーチ到着
【ドバイビーチ編】第2章*いい波&眺め&グルメ、3拍子揃ったカイトビーチ
エリア:
  • 中近東>アラブ首長国連邦>ドバイ
テーマ:観光地 マリンスポーツ 散歩・自転車 
投稿日:2019/06/06 17:05
コメント(0)
アッサラームアライクム!トラベルコです!

今回は【ドバイビーチ編第2章】としまして
「カイトビーチ」をピックアップ♪

前回ご紹介した、ランニングロードを歩きたかったのですが
ドバイの4月をなめちゃいけません。朝9時で気温は35度。

徒歩だと、ひからびてしまいそうなので
ジュメイラビーチからタクシーに乗ること5分で、カイトビーチ到着です。

ゴリラ

しかーし!着くまでが大変だった!
ジュメイラビーチでタクシーを捕まえたのですが‥

スタッフ「カイトビーチへ連れて行ってください」
運転手 「ジュメイラビーチはカイトビーチなどの複数のビーチが集まったものなんだ。
だからここはジュメイラビーチであり、カイトビーチだよ」
スタッフ「地図にもジュメイラビーチ、カイトビーチってそれぞれ書いてある!
このカイトビーチに連れてって(紙の地図を指さす)」
運転手 「だからカイトビーチは今いるココだよ」
スタッフ「絶対違う!だから〜」
とちょっとした言い合いに。両者譲らず、埒が明かないので
運転手さんにはGoogle先生のナビに従ってもらいました。

みなさまには、最初からGoogle先生のナビを
運転手さんに渡すことをおすすめいたします。こだわりでもあったのかな…

さて、気を取り直してカイトビーチに着いて
まず最初は朝ごはん。

カイトビーチ付近にはカフェや露店がいくつかあって
私たちが選んだのは「La Ola」。

LaOla看板

屋上の2階席は見晴らしも良くてなんともいい気持ちに。

ながめよし

頼んだものは、「HOMEMADE BIRCHER MUESLI」↓

HOMEMADE BIRCHER MUE

と「Acai Bowl」。

Acai Bowl

フルーツがたくさん入っていて、美味しいながらもとてもヘルシー◎
ただ、とってもボリューミーなのでご覚悟を。

お腹を満たしたら、さっそくカイトビーチへ!

ビーチの様子

マリンスポーツ好きが集まるビーチだけあって
カイトサーファーたちがちらほら。

道具レンタルはこちらのフォトジェニックなバスでできます↓

バス

ちょっと一休みにはぴったり↓

ひとやすみ


カイトビーチなら、大人も子供も大満足なひとときが過ごせそう♪

1日ずっといても飽きない、カイトビーチに別れを告げ、
お次はマリーナビーチをご紹介★
次回もぜひお付き合いください♪



【ドバイビーチ編】
・第1章 ジュメイラビーチ
・第2章 カイトビーチ
・第3章 マリーナビーチ
・第4章 ラメールビーチ

【ラメール編】
・第1章 ラグーナウォーターパーク
・第2章 ラグーナウォーターパーク スライダー
・第3章 ラメール

【オールドドバイ編】
・第1章 シェイク・モハメド文化理解センター
・第2章 歴史地区さんぽ
・第3章 アルシーフ

【ドバイホテル編】
・第1章 JBR リクソス プレミアム ドバイ
・第2章 ヒルトン ドバイ ザ ウォーク
・第3章 ザ リッツ カールトン ドバイ

【これも見逃すな!】
エミレーツ航空の魅力

ビーチ
【ドバイビーチ編】第1章*写真映え求めるならココじゃない?ジュメイラビーチ
エリア:
  • 中近東>アラブ首長国連邦>ドバイ
テーマ:観光地 マリンスポーツ 散歩・自転車 
投稿日:2019/06/06 14:19
コメント(0)
アッサラームアライクム!トラベルコです!
今回から、本格的にドバイを深堀りしていきます♪

まずお伝えするのが、ビーチ!
え?ドバイ?ビーチ?きれいなの?と半信半疑のあなた。
私も実際にこの目で確かめる前は、そう思ってました。
しかし見よ、この透明度!!!↓

透明度

今回私たちスタッフが訪れたのは
・ジュメイラビーチ
カイトビーチ
マリーナビーチ
ラメールビーチ の4つ。ドバイにはかなりたくさんのビーチがあるのです!

まず最初は【ドバイビーチ編1章】としまして
「ジュメイラビーチ」の魅力に迫っていきましょう!

滞在していた、ドバイクリーク方面のホテルからタクシーで20分ほど。
早朝ドバイ着でホテルに荷物を置いて、
そのままジュメイラビーチへ向かったのですが…

ブルジュ・ハリファ動画

道中、バージュ・ハリファが目に飛び込んできました!
ついにドバイへ来たのね!と感無量で涙ぐんだ瞬間です。


これぞドバイなビル群を抜け、次に見えてくるのが
7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」。
思わず「すごい!」とため息がもれる外観です。

ブルジュ・アル・アラブ

そして、このホテルの横に広がるのが
ジュメイラビーチです。

ちょっと行ったら高層ビルが建ち並ぶ地帯なのに
このきれいさ!しずかさ!
まさに天国に来たかのよう…

しずか

ウエディングフォトを撮っている方もいらっしゃいました。
なんて素敵…私もここで撮りたい…と思って
ひとりで撮ったのがこれ!

フォトジェニック

ブルジュ・アル・アラブと海さえあれば、
どんな姿でもフォトジェニック!

ビーチの近くには謎のトレーニング装置が↓
どうやって使うのかは迷宮入りです。

トレーニング


ビーチ沿いの歩道はコンクリートではなく、足に優しいランニング専用のトラック↓
運動に不安の方も、本格的に走りこむ方も安心して望めます◎
全長なんと14キロ!次回ご紹介のカイトビーチへも行けちゃう♪

ランニング

滞在中、ジュメイラビーチに沿ってランニングなんて
セレブな気分に浸れそう(笑)

ジュメイラビーチで久々に砂と戯れた後は
カイトビーチへ向かいます!
次回もぜひお付き合いください♪



【ドバイビーチ編】
・第1章 ジュメイラビーチ
・第2章 カイトビーチ
・第3章 マリーナビーチ
・第4章 ラメールビーチ

【ラメール編】
・第1章 ラグーナウォーターパーク
・第2章 ラグーナウォーターパーク スライダー
・第3章 ラメール

【オールドドバイ編】
・第1章 シェイク・モハメド文化理解センター
・第2章 歴史地区さんぽ
・第3章 アルシーフ

【ドバイホテル編】
・第1章 JBR リクソス プレミアム ドバイ
・第2章 ヒルトン ドバイ ザ ウォーク
・第3章 ザ リッツ カールトン ドバイ

【これも見逃すな!】
エミレーツ航空の魅力

ロタ
【マリアナ】サイパンからロタ島へデイトリップ!
エリア:
  • ミクロネシア>ロタ>ロタ島
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 自然・植物 
投稿日:2018/02/02 18:16
コメント(0)
サイパンから気軽に日帰りで行ける!とのことで、ダイビングで有名な
ロタ島へ行ってきました♪

離島行きのサイパンの空港はとても小さく、入口を入った右側に
チェックインカウンターがあります。グアム行きと同じカウンターです。

チェックインカウンター

お隣はテニアン島のチェックインカウンター。
パスポートを出して、チェックインを済ませてたら冷房が効いた待合室に。
同じ北マリアナ諸島でも、ロタ島へ行くにはパスポートが必要です。
ボーディングパスはかわいく、ロタ島の形をしていました。

ボーディングパス

空港からたった7人乗りのセスナーに乗り、サイパンを出発!

飛行機

セスナーは思ったより揺れが少なく、機内から窓の外を見れば美しい
マリアナブルーの海が!
たった30分でロタ島に到着。(グアムからは20分で着くようです。)

ロタ島の空港外にはタガストーンの遺跡やヤシの木がずらりと並んで南国感たっぷり。
待合場所(外)にはのんびり世間話をしながら座って待っている人が数人いました。

ホテルの送迎バスに乗り、ロタ・リゾート&カウントリークラブへ。
ホテルの受付でオプショナルツアーを頼み、ガイドさんが来る時間まで
ゆっくりとプールで待たせていただきました。

プール

(ちなみのこのホテル内にはゴルフコースもあり、とても広いリゾートホテルです)
風が涼しく、ヤシの葉の揺れる音と鳥の鳴き声がとても心地よく、
ゆったりした時間が流れているのを感じ、のんびり癒され旅になることを確信♪

ガイドさんが迎えに来てくれ、いざ島内観光へ!
北側の島内観光ツアーに参加しました。
まずは、ロタ島随一の美しい海といわれるテテトビーチへ!

テテトビーチ

真っ白な砂浜が広がり、地元の子供たちがシュノーケリングをして遊んでいました。

ビーチ

透明度が高く、波も穏やかなので安心です。
こんなに透き通った綺麗な海を見ると、心が洗われるような気がします。

透明度

BBQスペースには、ローカルのファミリーがお子様のお誕生日会をしていました。
島の人たちは噂通り、とてもフレンドリーで私にもビールやBBQの食事を
分けてくださりました!

BBQ

車

海を眺めながらBBQ、こんな贅沢な休日はありません!
ローカルたちが羨ましい!

若者

のんびりビーチで過ごすのも、海に入って思いっきりはしゃぐのも◎
透明度バツグンなので、シュノーケリングをすれば、魚がたくさん見られます。
魚にパンやえさをやると寄ってくるようです!
プライベートビーチかのように、観光客も少ないのでゆっくり過ごせます。

ビーチ

次に訪れたのが、スイミングホールと呼ばれる海底から湧き出す真水と海水が
混じり合う、天然のプール。
車から降りて、ガイドさんの後をついていくと、目の前に驚くほど綺麗な
水色の海が見え、テンションMAX!

スイミングプール

水の透明度が高く、プールかと思うほどの水色がとてもきれいでした。
潮が満ちてくると塩分が多めになり、また波が荒い時は流されてしまうので注意。
底は砂ですが、周りは岩なので、波に流されてしまうと岩にあたってしまうので、
泳ぎたい時はガイドさんに安全か確かめてからの方が良いです!

スイミングプール

海で遊び疲れた後は、バードサンクチュアリという断崖絶壁の展望台に。

バードサンクチュアリ

展望台には腰を掛けれる椅子があるので、ゆっくりとバードウォッチングを
楽しめます。

休憩

崖に沿って作られた遊歩道で豊かな自然を楽しみながら散歩をしたり、
やわらかな風に吹かれて壮麗な景色を眺めたり、鳥たちの声を聴きながら、
ほのぼのとした時間を過ごすことができます。

トレイル

希少な野鳥も多いので、通常ではなかなか見ることができない鳥たちが
飛び交う姿を見れば、心が弾みます。
17時ごろには餌を求め、たくさんの鳥たちがやってくるようですが、
私がいた15時頃は数羽飛んでいました。

緑の木々の上にポツリポツリと見えるのは巣で休憩している鳥でした。

鳥

贅沢な時間を過ごした後は、またジャングルの中を通っているような道を戻り、
ロタの大自然を感じながら空港へ。

ジャングル

心からリラックスできる自然豊かなロタ。
デイトリップではもったいないほどステキな島でした。
帰りのセスナー機の待ち時間に、サイパンへ戻る人の中には、
1週間のんびりと滞在したという人も...

せっかくなら2,3泊して贅沢な時間を過ごしてみたいと思いました!
ダイビングをしない人も、美しい大自然を満喫できるロタ島へ
是非訪れてみてください♪

テニアン28
\アクセス方法〜観光スポットまで!/日帰りで楽しむテニアン島!
エリア:
  • ミクロネシア>テニアン島>テニアン島
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 自然・植物 
投稿日:2018/01/22 11:34
コメント(0)
テニアン1

サイパンから小型機で約15分!手つかずの自然が楽しめる
テニアン島を訪れることができます。


日本では、まだあまり知られていない、自然の宝庫テニアン島への
アクセス〜おすすめ観光スポットまでをまとめました!

■■■アクセス■■■

テニアン島へは、日本からの直行便がないため、
グアムまたはサイパンで国内線に乗り継いでいく必要があります!

スタッフは、サイパン島からテニアン島へ、空路で向かいました!

サイパンの空港の国内線の入り口は、国際線の到着出口から
右に歩いた場所にあります。

テニアン2

搭乗の30分前にチェックインする必要があるので
早めに空港へ行きましょう!

国内線の入り口、入って右手にチェックインカウンターが!

テニアン3

チェックインカウンターでチケットを購入することも可能ですが、
当日の予約は希望の時間帯にチケットがない可能性があるので、
旅行会社を通してチケットを手配してもらっておくのが安心です!

テニアンへのフライトは『Star Marianas 』という航空会社が
就航しており、価格は$110でした。(2017年11月時点)

スタッフは現地のガイドさんにチケットを手配してもらっていたので、
カウンターで名前を伝え、パスポートを渡します!

その後、計測機に乗って、「体重+手荷物」の重さを測定します!

テニアン4

それが終わると番号の書かれたカードを渡され、
チェックイン完了です!

テニアン5

テニアン行きはカードがテニアンの形になっていて可愛い!

テニアン6

「DEPARTURE」と書かれた扉の向こうにある待合スペースで
呼ばれるのを待ちます。

テニアン7

実際に乗った飛行機がこちら!

テニアン8

思ったよりも小さくてびっくりしました。
4〜5人乗りの小型機でした!

一緒の便で行く人の人数や送る荷物などによっては、
こちらの飛行機でいくこともあるようです!

テニアン9

シートベルトを締めて、いざ空の旅へテイクオフ!!

テニアン10

テニアン11

雲の中をぐんぐん進んでいきます!

テニアン12

一部スコールになっている様子も見ることが出来ました!

約15分間のフライトを楽しみ、テニアンに到着!

テニアン13

天候によりますが、フライト中は酷く揺れたりすることもなく
快適に過ごせました◎

テニアン14

「arrival」の文字をたどっていくと出口に到着!

タクシーなどはいないので、空港隣にある
レンタカーショップでレンタカーを借りるか、
空港送迎をお願いしておくといいと思います!

テニアン15

スタッフは空港送迎+1dayツアーに申し込んでいたので、
現地でガイドさんと合流し、ツアースタート!

テニアン16


■■■観光スポット■■■

#1、Blow Hole (潮吹き海岸)

くじらのように海岸の穴から高く海水を噴きあげる
潮吹き海岸はテニアンに来たら見てみたい場所の一つでした。

テニアン17

\ブォォォォォッ!/

テニアン18

潮の満ち引きのタイミングで、
勢いよく海水が吹き上がるのはとても見応えがあります。

テニアン19

その都度、吹き上がり方や勢い、高さが異なるため
どれも表情が異なり、見ていて飽きません!

たまに、潮の満ち引きが数回起こっても
潮が吹き出さない時があり、なんだろう?と思って見ていると
急に勢いのよく潮が吹き出して来たのはとても驚きました!

テニアン20

勢いよく高く大きく潮が吹き上がった時は海水が霧状になって
空気に舞っているのも見えました。

風にのって来る霧のシャワーを浴びるのは、
常夏のテニアンではとても気持ちよかったです!

なぜ、このような現象が起こっているかというと、
天候と波により石灰岩の岩棚の下に洞窟ができており、
波が洞窟にぶつかる時に、天井に開いた穴から
潮が吹き上がるようになっているそうです!

周りの海も、島の西側のチュルビーチやタチョンガビーチと
異なり真っ青な深いブルーで透明度が高いのでとても綺麗でした。

テニアン21

ぜひ、テニアンに来た際は、この不思議な自然現象を
見て欲しいなと思います。


#2、Unai Chulu(チュルビーチ)

テニアン22

テニアン島北部にあるチュルビーチ!
透明度の高いテニアンブルーの海は、キラキラ輝いていて
とても綺麗です!

テニアン23

このビーチ最大の特徴は、「星の砂」が見つかること!

テニアン24

手に砂をつけて探すと、いくつも見つけることができます!


#3、Taga Beach(タガ ビーチ)

テニアン25

テニアン26

テニアン島にあるTAGA BEACHは、
テニアンブルーがまぶしい綺麗な色の海を一望できるスポットです。

テニアン27

ローカルの子供たちは、飛び込み台からつぎつぎに海にジャンプ!

テニアン28

飛び込んだ先は足のつかない深い海になっていて、
ロープをつたって、飛び込み台に戻っていました!


#4、TACHOGNA BEACH(タチョンガ ビーチ)

テニアン29

TACHOGNA BEACHは、TAGA BEACHから少し離れた場所にあり、
海の深さもTAGA BEACHに比べると、遠浅になっているので、
泳ぎが苦手な方はこちらの方が泳ぎやすいかもしれません。

海の家などもあり、近くのホテルの方が行っているショップで
シュノーケルマスクやライフジャケットなどを1つ$5で
借りることもできます◎

テニアン30

白砂とビーチの色のコントラストがとてもきれいでした。
シュノーケリングで泳いでみると、カラフルな魚も多数みられました!

私が行った日は、ガイドさん曰く少し水が濁っていたそうですが、
クッキリ魚やサンゴ礁を観察することができ、全然気がつきませんでした。

本当のテニアンブルーはより透明度が高いのかと思うと、
また行ってベストな時に泳ぎたいなとおもってしまいます。

テニアン31


#5、House Of Taga(タガ遺跡)

テニアン32

タガ王の家だと考えられている建物の遺跡。

テニアン33

テニアン34


遺跡の下から人骨が出てきたため、
墓だったのではないかという説もあるそうです!

どちらにしてもタガ族は文字をもたない民族だったため、
真相は謎に包まれるとのことです…

このロゼッタストーンは、サイパンやテニアンのいたるところで見ることができます!
マリアナ諸島の車のナンバープレートや、安全のための柵なども
ロゼッタストーンがモチーフになっているほどです。


■■■グルメ■■■

ガイドのミホさんに「チャモロのローカルフードが食べたい!」
とお願いして連れてきてもらったお店が『JC.CAFE』!

テニアン35

内装もピンクでかわいかったです。

テニアン36

テニアン37

中にステージのような空間があり、ここで卒業制作の
出し物なども行うそうです。

おなかペコペコの状態で注文したのが、下の2種類!

▼ビーフケラグエン
テニアン38

▼バターフライドチキン
テニアン39

バターチキンフライはこれ目当てにテニアンをリピートする方も
いるほど絶品!とのことで我慢しきれず注文。

日本に多くあるフライドチキンとは少し異なり、
衣が非常にカリカリしていて、噛んだ瞬間にカリ、ジュワッ、熱ッ!
が一気に襲ってきました。

流石揚げたて!
と言いたくなる美味しさでした。

写真のものはノーマルですが、辛いものに強い方は
スパイシーバージョンもあるので是非試してみてください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今回は、日帰りでテニアン島を周りましたが、

・空が真っ赤に染まるサンセット
・満点の星空

など、スタッフが見られなかったテニアンの魅力もまだまだあるようです!

島の人がとても仲が良く、ゆったり生活をしているのを見て、
とても気持ちが落ち着きました!

ぜひ、マリアナ諸島へ足を運んだ際にはテニアン島にも行ってみてください♪

禁断の島1
【サイパン】手つかずの自然と絶景が楽しめる観光スポット!≪禁断の島≫ツアー体験レポート!!
エリア:
  • ミクロネシア>サイパン>サイパン
テーマ:観光地 ハイキング・登山 マリンスポーツ 
投稿日:2018/01/19 15:18
コメント(0)
サイパンに『禁断の島(Forbidden Island)』
という場所があるのをご存知でしょうか?

禁断の島1

名前が物騒だな…と思いながら、調べてみると、
ジャングルをかき分けた先にある島で、
手つかずの自然が楽しめるツアーもあるとのこと。

今回は、『禁断の島』に行けるオプショナルツアーに参加してきました!

トレッキングが主となり、
・洞窟内
・禁断の島付近
2か所の天然プールでシュノーケリングが楽しめるとのことでワクワク♪

まず、ホテルからツアー会社に移動し、
トレッキング中両手が空くように、借りたリュックに荷物を詰めます!

禁断の島が見える展望台まで車で移動し、
トレッキングを行う上での注意事項の説明を受けます。

禁断の島2

それが終わったら、いよいよトレッキングスタート!!

ジャングルのような道なき道を進んでいきます。

禁断の島3

禁断の島4

道と思っていた道がどんどん無くなっていきます!

急な坂や、滑りやすい場所もあるので枝や草をつかみながら、
気を付けて1歩1歩下っていきます!

すぐ横が崖の場所を通る、スリリングな体験も!

禁断の島5

ジャングルを抜けると急に開けた場所にでます。
ここでようやく『禁断の島』の全貌が!!

禁断の島6

島に渡ることはできませんが、サイパン島と禁断の島の間にある
自然のプールで泳ぐことは可能だそうです!

禁断の島7

休憩を挟みながら、一番下のビーチを目指して下ります!

禁断の島8

急な斜面の場所にはロープが張られており、後ろ向きで降りていきます!

運動神経のあまり良くないスタッフは内心ドキドキでしたが、
ガイドさんのアドバイス通りの場所に足を置けば、
問題なく降りることができました◎

\20分ほどのトレッキングでビーチまで到着!/

禁断の島9

『禁断の島』は上から見ていたのと違う雰囲気で、大きく感じました。

禁断の島11

ビーチから下ってきた道を見ると、
どれだけ閉ざされた場所にあるか分かっていただけると思います!

禁断の島10

ビーチでのんびりした後は、
目的地1つ目!
洞窟内の天然プール
へ向かいます!

先ほどまでの、草の生い茂ったジャングルとは対照的に、
今回は、岩の道を登っていきます!

禁断の島12

少し上ったところに、穴がぽっかりと空いており、
そこから洞窟内へ!

禁断の島13

こちらもガイドさんが、どこに足を置けば安全に降りられるか
丁寧に教えてくれるので、問題なく降りることが出来ました!

中に入ると、洞窟内の光に照らされて、水面がエメラルドグリーン
になっている天然プールが!

禁断の島14

トレッキングで熱くなった体に冷たい水が触れるのはとても気持ちが良かったです◎

プールの中は足がつくかつかないかくらいの深さになっており、
泳ぎやすく、小さい魚を見ることも!

洞窟に差し込む光を使ったライトセイバーごっこなどのんびり楽しみました◎

次に、目的地の2つ目!
禁断の島付近の天然プール
へ向かいます!

ビーチまで、元来た道を戻ると、すぐの場所に天然プールが!
こちらでもシュノーケリングを体験できます!!

禁断の島15

こちらも魚を見ることができます!
「THE南国の魚」という感じでかわいかったです!

コツも教えてもらい、バブルリングを作る練習も!

禁断の島16

ガイドさんのようにきれいなリングは難しかったですが、
少しだけ形ができるようになりました◎

泳ぎ終わったあとは、凍らせたオレンジをいただいて、
体をクールダウン。

また、もとの場所まで30分ほどトレッキングをして戻りました!
最後のゴールでは達成感がすごかったです!

運動不足のスタッフですが、とても気持ちのいい汗を流すことができました!

サイパンならではの自然を楽しめる『禁断の島』ツアー!
機会があったら、ぜひ試してみてください♪

1 - 5件目まで(44件中)


国一覧
アジア
韓国(108)
ベトナム(57)
タイ(55)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
オーストリア(2)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(39)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(3)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
千葉(6)
栃木(5)
埼玉(4)
神奈川(4)
群馬(2)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(4)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)