1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんの旅行ブログ
  4. トラベルコちゃんさん ハイキング・登山の記事一覧

  海外エリア: ミクロネシア > サイパン の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
9月<2019年10月    
123 45
6789101112
131415 16171819
20212223242526
2728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(10件中)

禁断の島1
【サイパン】手つかずの自然と絶景が楽しめる観光スポット!≪禁断の島≫ツアー体験レポート!!
エリア:
  • ミクロネシア>サイパン>サイパン
テーマ:観光地 ハイキング・登山 マリンスポーツ 
投稿日:2018/01/19 15:18
コメント(0)
サイパンに『禁断の島(Forbidden Island)』
という場所があるのをご存知でしょうか?

禁断の島1

名前が物騒だな…と思いながら、調べてみると、
ジャングルをかき分けた先にある島で、
手つかずの自然が楽しめるツアーもあるとのこと。

今回は、『禁断の島』に行けるオプショナルツアーに参加してきました!

トレッキングが主となり、
・洞窟内
・禁断の島付近
2か所の天然プールでシュノーケリングが楽しめるとのことでワクワク♪

まず、ホテルからツアー会社に移動し、
トレッキング中両手が空くように、借りたリュックに荷物を詰めます!

禁断の島が見える展望台まで車で移動し、
トレッキングを行う上での注意事項の説明を受けます。

禁断の島2

それが終わったら、いよいよトレッキングスタート!!

ジャングルのような道なき道を進んでいきます。

禁断の島3

禁断の島4

道と思っていた道がどんどん無くなっていきます!

急な坂や、滑りやすい場所もあるので枝や草をつかみながら、
気を付けて1歩1歩下っていきます!

すぐ横が崖の場所を通る、スリリングな体験も!

禁断の島5

ジャングルを抜けると急に開けた場所にでます。
ここでようやく『禁断の島』の全貌が!!

禁断の島6

島に渡ることはできませんが、サイパン島と禁断の島の間にある
自然のプールで泳ぐことは可能だそうです!

禁断の島7

休憩を挟みながら、一番下のビーチを目指して下ります!

禁断の島8

急な斜面の場所にはロープが張られており、後ろ向きで降りていきます!

運動神経のあまり良くないスタッフは内心ドキドキでしたが、
ガイドさんのアドバイス通りの場所に足を置けば、
問題なく降りることができました◎

\20分ほどのトレッキングでビーチまで到着!/

禁断の島9

『禁断の島』は上から見ていたのと違う雰囲気で、大きく感じました。

禁断の島11

ビーチから下ってきた道を見ると、
どれだけ閉ざされた場所にあるか分かっていただけると思います!

禁断の島10

ビーチでのんびりした後は、
目的地1つ目!
洞窟内の天然プール
へ向かいます!

先ほどまでの、草の生い茂ったジャングルとは対照的に、
今回は、岩の道を登っていきます!

禁断の島12

少し上ったところに、穴がぽっかりと空いており、
そこから洞窟内へ!

禁断の島13

こちらもガイドさんが、どこに足を置けば安全に降りられるか
丁寧に教えてくれるので、問題なく降りることが出来ました!

中に入ると、洞窟内の光に照らされて、水面がエメラルドグリーン
になっている天然プールが!

禁断の島14

トレッキングで熱くなった体に冷たい水が触れるのはとても気持ちが良かったです◎

プールの中は足がつくかつかないかくらいの深さになっており、
泳ぎやすく、小さい魚を見ることも!

洞窟に差し込む光を使ったライトセイバーごっこなどのんびり楽しみました◎

次に、目的地の2つ目!
禁断の島付近の天然プール
へ向かいます!

ビーチまで、元来た道を戻ると、すぐの場所に天然プールが!
こちらでもシュノーケリングを体験できます!!

禁断の島15

こちらも魚を見ることができます!
「THE南国の魚」という感じでかわいかったです!

コツも教えてもらい、バブルリングを作る練習も!

禁断の島16

ガイドさんのようにきれいなリングは難しかったですが、
少しだけ形ができるようになりました◎

泳ぎ終わったあとは、凍らせたオレンジをいただいて、
体をクールダウン。

また、もとの場所まで30分ほどトレッキングをして戻りました!
最後のゴールでは達成感がすごかったです!

運動不足のスタッフですが、とても気持ちのいい汗を流すことができました!

サイパンならではの自然を楽しめる『禁断の島』ツアー!
機会があったら、ぜひ試してみてください♪

スミス全景
これがホントの絶景なのね…【滝!名山!断崖絶壁!オレゴンの大自然を巡るドライブ全行程】
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ポートランド[オレゴン州]
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2016/05/09 21:18
コメント(0)
こんにちは!

アメリカ西海岸で人気急上昇中のエリアオレゴン州・ポートランドに行ってきました♪

ここで外せないのは、大自然を追いかけて巡るドライブ♪

ポートランドから出発して、1泊2日の小旅行をしてきたので、レポートしますね♪

朝8時、ポートランドのバイク野郎たちが集う「「シーシー・モーターコーヒー・カンパニー」の、ガツンと濃いモーニングコーヒーからスタート!
コーヒー

オレゴンの富士山と呼ばれる、「マウント・フッド」を見つめながら、東へと車を走らせます!
出発目の前にマウントフッド

走ること30分足らず・・風景がガラッと変わります。
ポートランドへの看板

アメリカで4番目に大きいと言われる、コロンビア川の雄大な眺めが目の前に現れます!街から大自然までの近さ…羨ましすぎです!
ビスタからの眺め

景勝ポイントはいくつかありますが、おすすめは石造りの「クラウン・ポイント・ビスタハウス」からの眺め。王冠のような形から、この名前が付きました。トイレもあるので休憩できるのですが、サービスエリアと呼ぶには贅沢すぎるロケーションですね!
石造りのビスタハウス加工

さらにさらに、コロンビア川沿いには100以上もの滝があるので、時間が許す限り巡ってマイナスイオンをいっぱい浴びましょう♪

▼ラトゥール滝
ラトゥール滝

▼マルトノマ滝
マルトノマ滝

▼ホーステール滝。馬の尻尾に似ていることからこの名がつきました。
ホーステール滝1

こっちから見た方が、細いくびれが目立ってしっぽっぽい。
ホーステール2

▼滝の周りにはキャンプ場もあり、アウトドア好きにはたまりません♪
キャンピングサイト

川沿いのハイウェイをずっと東に進むと、


国旗が描かれた列車や、
ゴージ近くの電車

人気のソフトクリーム屋さんなど、
ソフトクリーム屋

アメリカのロードトリップらしい風景に心躍ります♪

途中休憩で寄ったブリュワリーについてはこちらをご覧ください♪

ビクトリア様式建築が残る小さな街・フッドリバーを通過すると、あの美しいマウントフッドが、目の前に大きく現れるので驚き&感動です!
マウントフッド正面丘から
こちらは、写真におすすめの小高い丘「Panorama Point(パノラマ・ポイント)」からの一枚です。

マウントフッドの裾野であるこのあたりは、フルーツの産地として有名。洋ナシやサクランボ、リンゴなどの畑をたくさん見かけます。
果樹園とマウントフッド

人気のお酒サイダーの素材もここで生まれているということですね。

ブドウも育つのでワイナリーもあり。自然に囲まれた、のんびりとした時間が流れていました。
ワイナリー加工

ジェファソン山

▼マウントフッドと見つめ合いながら、南へと進んでいきます!
山を正面に見ながらドライブ

まだ雪の残るマウントフッド。近くで見るとさらに迫力がありました。
マウントフッドを横切る2

針葉樹林が生い茂るマウントフッドの裾野を背にし、
セントラルオレゴンに差し掛かると、突然風景が変わります。

州の南北に走るカスケード山脈の東側にあたるこちらは、「ハイデザート」と呼ばれる乾燥地帯。
雨が少なくカラッとした気候で、木が少なくなりました。
水平の切り立った場所加工

見たこともない切り立った地形。遥か昔の火山活動の気配を感じさせます。

右側に目をやると、まるでマウントフッドが影分身したような、3000メートル級の美しい山が連なっているのが見えました!
3シスターズ加工

富士山を一気に複数拝んでいるかのような、日本人が最も見たい初夢のような光景に、言葉を失っていしまいました…!

さらに、トラベルコスタッフを驚かせたのは、突如現れた断崖絶壁!
スミス全景

ここはスミスロック州立公園。アメリカのスポーツロッククライミング発祥の地といわれています。
約240mあまりの断崖絶壁に、クライマーが世界中から腕試しに集まるのです。
スミス断崖ぜっべき

▼中にはこんな綱渡り集団もいて、視ているこっちの肝が瞬間冷凍しました。
綱渡り加工

このあと、この人は落下・・・。もちろん命綱がついていたので、地面に落ちることなく、すぐに再チャレンジしていました。

スミスロック州立公園一帯は、景勝自転車道「シーニックバイクウェイ」に指定されているので、サイクリングをするのにもよさそうです!
シーNickバイクウェイ

この日は、近くのベンドという街へ一泊。
ベンド行の看板

「ミラーポンド」という池が綺麗な、静かで落ち着く街でした。
ミラポン

ベンドのおすすめホテルの情報、グルメ情報もチェックしてくださいね♪


2日目はベンドを後にして、オレゴンの第二の都市ユージーンへ。

火山活動を彷彿とさせる、ゴツゴツとした岩が沿道に積み重なっていたり、
火山岩沿道

まだ雪の残る道や、
雪の残る道

雪解け水が流れる小川など、車窓からの風景は変化に富んでいます。
雪解け小川

カーブの電車

ユージーンまでの道は、再び、針葉樹林の多い緑豊かなエリアとなるので、青々とした巨木や鏡のような静かな湖が多く、心が落ち着きます。
静かな湖畔

林道のトラック

青空を映しこむデクスター貯水池にかかる、古い橋「Lowell Covered Bridge」。ピクニックスポットとしても人気だそうです。
ローウェル加工

ローウェルと湖畔

▼橋の中は、歴史や橋の構造を説明する資料が並んでいます。
橋の中

貯水池の近くにある「デクスター・レイク・クラブ」。
ここはアメリカの人気映画『アニマル・ハウス』の劇中に使われた、ちょっとした有名スポットなんだそうです。
デクスター加工

最近再オープンしたとかで、ファンは盛り上がっているとのこと!

国民的アニメ『ザ・シンプソンズ』の巨大な壁画がある街・スプリングフィールドを経由して、

ゴールであるユージーンに到着!
ゴールのスキナービュート

「スキナービュート」という、かつて先住民が住んだ小高い丘からダウンタウンを見下ろします。雨上がりの太陽がとってもきれいでした。

2日間のドライブでしたが、信号で止まった回数は片手で数えるほど。
道もよく舗装されて走りやすいので、ぜひぜひ、ポートランドだけではなく絶景を探しにいくドライブ小旅行を、旅に盛り込んでください!
満足度がぐぐぐっとアップするはずです!

PR
◆夏休みはアメリカ・オレゴン州ポートランドに行ってみませんか◆ 全米が注目するグルメシティ!感動的な大自然!一度行ったらやみつきになるNEWデスティネーションをみっちり紹介。
◆夏休みはアメリカ・オレゴン州ポートランドに行ってみませんか◆ 全米が注目するグルメシティ!感動的な大自然!一度行ったらやみつきになるNEWデスティネーションをみっちり紹介。
大沼公園2
マイナスイオン溢れる癒しの大自然「大沼国定公園」
エリア:
  • 北海道>道南>函館
  • 北海道>道南>大沼・森・鹿部
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2016/04/20 19:57
コメント(0)
JR函館駅から特急列車スーパー北斗で約30分。
大自然が広がる「大沼国定公園」に到着。

スーパー北斗


大沼公園駅は自動改札ではありません!駅員さんに切符を渡します。
小さくてかわいい駅舎を出て向かって右側に観光案内所があります。
広大な公園を散策するモデルルート案内や、無料WiFi、手荷物預かりサービスなどがあるので、観光前にまず立ち寄ることをおすすめします。

小沼公園駅 駅舎

観光案内所サービス


ルートマップを手に入れたら、早速公園へ!
途中、貸自転車がありますが、これを借りてしまうと園内の散策路には入れなくなるので要注意!
公園の外周を巡ったり、周辺の小洒落たレストランなどに行きたい人向けのようです。

貸自転車


駒ヶ岳の山麓に広がる大沼国定公園は、大沼・小沼・蓴菜沼(じゅんさいぬま)の湖沼地域を指します。
おすすめの散策コースは大沼を巡るコース。少し山道もあるので、スニーカーのご用意を!

空気が澄んでいて、大自然のマイナスイオンが充満している園内。
夏シーズンになると、カヌーや乗馬などのアウトドアも人気のようです。
景勝地の一部に溶けこめるようで素敵ですよね!

大沼公園

大沼公園2

大沼公園3


大沼公園に来たら、ぜひ「元祖大沼だんご 沼の家」で休憩を。
湖面に浮かぶ126の島々に見立てた串に刺さないお団子を食べられます。
みんなで菓子箱の湖に浮いたお団子をつついて食べるのも、きっと楽しい思い出に♪

沼の家 外観

沼の家 団子


函館観光は、街歩きや建物見学、グルメがメインになるので、
北海道らしい大自然も満喫したい方にはもってこい!
大沼公園、おすすめです♪

函館観光おすすめモデルコースもご参考に♪

ドラケンスバーグ
【南アフリカ】世界遺産『ドラケンスバーグ』に行ってきました〜♪
エリア:
  • アフリカ>南アフリカ共和国
テーマ:ハイキング・登山 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2014/10/03 13:32
コメント(2)
みなさん、こんにちは!
トラベルコちゃんです♪

南アフリカの魅力は、「ケープタウン」や「クルーガー」だけではないんです!!

今回ご紹介するのは、ダーバンから車で約3時間で訪れることのできる、
世界複合遺産に登録されている『ドラケンスバーグ』です☆

ドラケンスバーグ

ドラケンスバーグとは・・・

◆アフリカーンス語で「竜の山々」
◆ズールー語では「槍の壁」

と呼ばれています。

レソトと国境を接するドラケンスバーグ山脈は、標高3,000メートルを超える
山々が連なっています。
数億年前の地殻変動が原因でドラケンスバーグ山脈が誕生しました。

ドラケンスバーグ観光の中心となるマロティ・ドラケンスバーグ・パークではハイキングを楽しむことができるんです・・・☆

散策程度のものから本格的なトレッキングなど多彩なコースがありますので
自分のレベルに合わせて楽しむことができます♪

南アフリカの雄大な自然を体感するには絶好の場所です!!

切り立った崖や深い渓谷、透明度の高い川に恵まれた自然の美しさと、
そこに残されている文化遺産の重要性が評価され、2000年に世界遺産に登録されました。

今回はドラケンスバーグのほぼ中央に位置する「ジャイアンツキャッスル」から
トレッキングをスタートしましたのでその様子をレポートします♪

▼ジャイアンツキャッスルの入り口
ドラケンスバーグ

▼雄大な景色の中を見ながらハイキングが楽しめます☆
大都会から数時間で、こんな大自然に出会える、それが南アフリカです♪
ドラケンスバーグ

▼ドラケンスバーグ山脈の山並み♪手つかずの美しい自然が残っています!
ドラケンスバーグ

▼所々にある「断崖絶壁の岩肌」
ドラケンスバーグ

ドラケンスバーグ

▼こちらの椅子に座って雄大な景色を見ながらひと休み・・・☆
ドラケンスバーグ

ここ、ドラケンスバーグの魅力は雄大な自然景観だけではないんです!!

実は・・・ドラケンスバーグは世界最大規模の岩絵が見られることでも有名なんです☆
かつて、この地に暮らしていたサン族(ブッシュマン)の岩絵がなんと、500ヵ所以上の
洞窟から約30,000件も発見されていると言われています。

今回は、一般の観光客が見学できる「ジャイアンツキャッスル」の洞窟に残っている
岩絵を見学してきました♪

▼サン族の壁画
ドラケンスバーグ

ドラケンスバーグ

ドラケンスバーグ

ここに描かれているウシ科の「エランド」という動物は神聖な動物として
崇められていました。
これらの壁画は、単なる絵ではなく病人の身体から病を払う儀式的なものから
固有の力をもつ宗教的なものだと言われています。

▼壁画について説明してくれるガイドさん
ドラケンスバーグ

壁画のこと以外にもサン族の当時の生活や習慣などを詳しく説明してくれます♪

▼こちらはサン族の暮らしぶりを再現したジオラマ
ドラケンスバーグ

ドラケンスバーグ

大自然と都会を同時に味わえる南アフリカは本当に魅力的な国です!!

全11話の南アフリカレポートも今回で最終回となります。

南アフリカは、美しい自然や野生動物との出会いがあり、料理やワインも美味しく・・・
そして何といっても、人がとっても親切なので何回も訪れたくなるような魅力を
持っている国です♪

南アフリカへの旅行は本当におススメです☆☆☆☆☆

日本から出発するお手頃な価格の南アフリカツアーが発売されていますので
是非チェックしてみてくださいね♪♪♪

南アフリカの最新情報はこちらでゲット!!
↓↓↓ 詳しくはこちら ↓↓↓
南アフリカ観光局ホームページへ!

リビエール
【ニューカレドニア/ヌメア】ニューカレドニアの大自然を満喫!リビエルブルー州立公園へ
エリア:
  • 南太平洋>ニューカレドニア>ヌメア
テーマ:ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2013/09/30 16:14
コメント(0)
きれいな青い海のイメージが強いニューカレドニアですが、
実は、緑の自然の宝庫でもあるのです!

そんなニューカレドニアの緑を満喫するには、リビエルブルー州立公園へ!
ヌメアから車で約1時間40分ほどの距離にあります。

今回トラベルコちゃんは昼食付きオプショナルツアーに参加して、リビエルブルー公園を満喫してきました◎

リビエール

リビエルブルー公園は、政府によって指定された自然保護区域で、広大な土地の中にニューカレドニアの自然が詰まっています。

案内してくれたのは、有名ガイドのフランソワさん。
日本語も交えて地質や歴史、固有植物など多岐にわたってニューカレドニアについての説明をしてくれます!
リビエール


そんな、リビエル公園にある自然の中でも特に必見のポイントをご紹介します!

まずは、“ヤテ湖”
リビエール

この湖、人工の湖なんです!
この湖を作った影響で出来たのがこちら↓
リビエール

“沈める森”!
なんでも、ニューカレドニア固有の木・ニアウリの森が湖を作る際、水中に埋もれて出来たそう!
ニアウリが持つ強い殺菌力が、幹を腐らすことなくこのまま生き残り、この景観になったそうです。
湖の中から枯れ木がニョキニョキと突き出ているとっても不思議な光景です!


続いては、こちら!
リビエール

“カオリの木”!樹齢1000年以上ともいわれる大木です◎
1000年も前からここに存在し続けていると思うと、なんだかパワーをもらえる気がします!自然のすごさを肌で感じれる瞬間です!


そして!なにより注目なのが!
ここリビエルブルー公園に生息している、ニューカレドニアの国鳥“カグー”に遭遇できること!
リビエール

なんでも、見ると幸せになれる(?)といわれているそう◎
運が良ければ数羽のカグーに出会えるそうです!とっても強運ですね!

このカグー飛べない鳥で、天敵がいない環境が飛べない鳥にさせたそう。
とっても臆病な性格なので、見つけた時はそっと見守ってあげましょう!


ニューカレドニアの自然を満喫した後は、お待ちかねのランチタイムです。
ガイドさんが用意してくれるBBQをいただきます!
リビエール

シカのお肉や野生ブタのソーセージのBBQは絶品です◎

ランチタイムの後はしばしのフリータイム!
木陰で一休みしたり、近くにある川で川遊びを楽しむこともできますよ♪
リビエール


帰りは、ニューカレドニアのどこに行っても売られているミネラルウォーターの「モンドール」の源泉に立ち寄ります。
リビエール

ローカルが沢山お水を汲みに来ていました!
冷たくておいしいので、ぜひリビエルブルー州立公園に行く際にはペットボトルを持参して行きましょう♪


ビーチリゾートのニューカレドニアとは違った一面に触れることができるリビエルブルー州立公園!
ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

PR
ニューカレドニアで過ごす とっておきのフレンチバカンス 「天国に一番近い島」ニューカレドニアは、南太平洋の楽園!世界遺産の海が広がる景色の中で、日常から解放されるとっておきのバカンスを過ごしましょう!
ニューカレドニアで過ごす とっておきのフレンチバカンス 「天国に一番近い島」ニューカレドニアは、南太平洋の楽園!世界遺産の海が広がる景色の中で、日常から解放されるとっておきのバカンスを過ごしましょう!

1 - 5件目まで(10件中)


国一覧
アジア
韓国(107)
ベトナム(57)
タイ(54)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
中国(8)
フィリピン(8)
スリランカ(8)
マカオ(7)
マレーシア(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(25)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
栃木(5)
千葉(5)
神奈川(3)
群馬(2)
埼玉(1)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(3)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)