1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんの旅行ブログ
  4. トラベルコちゃんさん 散歩・自転車の記事一覧

  海外エリア: 中近東 > アラブ首長国連邦 の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
9月<2019年10月    
123 45
6789101112
131415 16171819
20212223242526
2728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(19件中)

ラメールタイトル
【ドバイビーチ編】第4章*2018年オープン!できたてほやほやラメールビーチ
エリア:
  • 中近東>アラブ首長国連邦>ドバイ
テーマ:観光地 ビーチ・島 散歩・自転車 
投稿日:2019/06/07 18:24
コメント(0)
アッサラームアライクム!トラベルコです!

とうとう【ドバイビーチ編最終章】!!!
マリーナビーチに続く今回は、ドバイで一番新しいビーチ
「ラメールビーチ」をご紹介♪

ラメールビーチ

ドバイの新スポット、ラメール
その中に「La Mer Beach North」「La Mer Beach South」の2つのビーチがあります。
これらを合わせたものが「La Mer Beach(以下、ラメールビーチ)」と言われるものです。


「La Mer Beach North」は「ラグーナウォーターパーク」とつながっていて、
ウォーターパークゲストはビーチとの行き来が自由。
ちなみに、ラグーナウォーターパークのスライダーはスタッフごり押しです!

我々はウォーターパークで遊びがてら、
「La Mer Beach North」に出陣!
とってもキュートなビーチへの入り口。

ビーチへの入り口

ビーチに入ると多くの人で大賑わいです。
家族連れもたくさん遊んでいました。

ラメールビーチといえば、コレ!

ラメール家

思わず写真をパシャリ。
このほかにもフォトジェニックなオブジェがたくさん。

巨大な帆船や

帆船

思わずサーフィンしたくなっちゃうような、こんなものまで。

サーフボード

ノスタルジックという言葉がぴたりとはまるビーチです。
お店だってSNS映え狙ってますよ↓

ラメールおみせ

砂浜の先にはレストランもいくつかあって
スタバもラメール仕様◎

ラメールすたば


というわけで!
これにてドバイビーチ編は終わりです。

スタッフは次行くなら
カイトビーチでマリンアクティビティを思いっきり楽しみたいな〜笑

次回からはここでも少し紹介した「ラメール」の魅力を深堀り!
ビーチだけじゃないんですよ◎

次回もぜひお付き合いください♪



【ドバイビーチ編】
・第1章 ジュメイラビーチ
・第2章 カイトビーチ
・第3章 マリーナビーチ
・第4章 ラメールビーチ

【ラメール編】
・第1章 ラグーナウォーターパーク
・第2章 ラグーナウォーターパーク スライダー
・第3章 ラメール

【オールドドバイ編】
・第1章 シェイク・モハメド文化理解センター
・第2章 歴史地区さんぽ
・第3章 アルシーフ

【ドバイホテル編】
・第1章 JBR リクソス プレミアム ドバイ
・第2章 ヒルトン ドバイ ザ ウォーク
・第3章 ザ リッツ カールトン ドバイ

【これも見逃すな!】
エミレーツ航空の魅力

マリーナタイトル
【ドバイビーチ編】第3章*新スポットオープンで人気を再びかっさらう予感!話題沸騰のマリーナビーチ
エリア:
  • 中近東>アラブ首長国連邦>ドバイ
テーマ:観光地 ビーチ・島 散歩・自転車 
投稿日:2019/06/06 17:48
コメント(0)
アッサラームアライクム!トラベルコです!

前回に引き続き、今回は【ドバイビーチ編第3章】
「マリーナビーチ」をピックアップ♪

地下鉄からトラムに乗り換えて
「Jumeirah Beach Residence 1」または「Jumeirah Beach Residence 2」
の駅で下車し、徒歩でマリーナビーチへ。


高層ビルをぬけて、視界に広がるのは
エメラルドグリーンの海。
すぐ目の前はビル群だというのに
驚くほどのきれいさです…!

マリーナビーチ

完成間近の複合施設、ブルーウォーターアイランドもすぐそこ。
なんといっても注目なのが、世界最大の観覧車、エイン・ドバイ!↓
4月時点、ゴンドラはいまだついておらず…奇妙なお姿。
ほかにもレストランやショップが軒を連ねるにぎやかな施設になるそう。

BWI

しかも、マリーナビーチから歩行者専用の橋が架かっており、
徒歩でマリーナ⇔ブルーウォーターアイランド間を楽々移動できるのです!

マリーナの橋


途中、寄り道をしすぎて、マリーナビーチに戻ってきたときはもう真っ暗。
時間がなかったので、念願のフライイングカップは断念…。
※右の不思議なかたちのものがフライイングカップ

フライイングカップ

ここで説明しましょう!スタッフ渇望のフライングカップとは、
円系のテーブルと椅子が地上40メートルまで上がり、
上空で20分間、飲んだり食べたりできるアトラクション!
椅子がくるくる回るらしく、いろんな角度から
マリーナ地区やパームジュメイラまで見渡せるのだ!

アトラクション好きのスタッフ、
後ろ髪ひかれながら、渋々夜のマリーナ地区徘徊タイムへ。

夜道徘徊

THE BEACHにはたくさんのレストランが軒を連ねていて
ディナーには最適◎

お買い物

残念ながら、ご対面はできなかったけど
マリーナビーチにはラクダがいるそう!しかも乗れるそう!

ラクダ

時間がなく、滞在は短かったですが
次は絶対マリーナビーチを深堀りしたいと思うスタッフなのでした。

次回はドバイで今一番新しいビーチ、
ラメールビーチをご紹介!
ぜひ、お付き合いください♪



【ドバイビーチ編】
・第1章 ジュメイラビーチ
・第2章 カイトビーチ
・第3章 マリーナビーチ
・第4章 ラメールビーチ

【ラメール編】
・第1章 ラグーナウォーターパーク
・第2章 ラグーナウォーターパーク スライダー
・第3章 ラメール

【オールドドバイ編】
・第1章 シェイク・モハメド文化理解センター
・第2章 歴史地区さんぽ
・第3章 アルシーフ

【ドバイホテル編】
・第1章 JBR リクソス プレミアム ドバイ
・第2章 ヒルトン ドバイ ザ ウォーク
・第3章 ザ リッツ カールトン ドバイ

【これも見逃すな!】
エミレーツ航空の魅力

カイトビーチ到着
【ドバイビーチ編】第2章*いい波&眺め&グルメ、3拍子揃ったカイトビーチ
エリア:
  • 中近東>アラブ首長国連邦>ドバイ
テーマ:観光地 マリンスポーツ 散歩・自転車 
投稿日:2019/06/06 17:05
コメント(0)
アッサラームアライクム!トラベルコです!

今回は【ドバイビーチ編第2章】としまして
「カイトビーチ」をピックアップ♪

前回ご紹介した、ランニングロードを歩きたかったのですが
ドバイの4月をなめちゃいけません。朝9時で気温は35度。

徒歩だと、ひからびてしまいそうなので
ジュメイラビーチからタクシーに乗ること5分で、カイトビーチ到着です。

ゴリラ

しかーし!着くまでが大変だった!
ジュメイラビーチでタクシーを捕まえたのですが‥

スタッフ「カイトビーチへ連れて行ってください」
運転手 「ジュメイラビーチはカイトビーチなどの複数のビーチが集まったものなんだ。
だからここはジュメイラビーチであり、カイトビーチだよ」
スタッフ「地図にもジュメイラビーチ、カイトビーチってそれぞれ書いてある!
このカイトビーチに連れてって(紙の地図を指さす)」
運転手 「だからカイトビーチは今いるココだよ」
スタッフ「絶対違う!だから〜」
とちょっとした言い合いに。両者譲らず、埒が明かないので
運転手さんにはGoogle先生のナビに従ってもらいました。

みなさまには、最初からGoogle先生のナビを
運転手さんに渡すことをおすすめいたします。こだわりでもあったのかな…

さて、気を取り直してカイトビーチに着いて
まず最初は朝ごはん。

カイトビーチ付近にはカフェや露店がいくつかあって
私たちが選んだのは「La Ola」。

LaOla看板

屋上の2階席は見晴らしも良くてなんともいい気持ちに。

ながめよし

頼んだものは、「HOMEMADE BIRCHER MUESLI」↓

HOMEMADE BIRCHER MUE

と「Acai Bowl」。

Acai Bowl

フルーツがたくさん入っていて、美味しいながらもとてもヘルシー◎
ただ、とってもボリューミーなのでご覚悟を。

お腹を満たしたら、さっそくカイトビーチへ!

ビーチの様子

マリンスポーツ好きが集まるビーチだけあって
カイトサーファーたちがちらほら。

道具レンタルはこちらのフォトジェニックなバスでできます↓

バス

ちょっと一休みにはぴったり↓

ひとやすみ


カイトビーチなら、大人も子供も大満足なひとときが過ごせそう♪

1日ずっといても飽きない、カイトビーチに別れを告げ、
お次はマリーナビーチをご紹介★
次回もぜひお付き合いください♪



【ドバイビーチ編】
・第1章 ジュメイラビーチ
・第2章 カイトビーチ
・第3章 マリーナビーチ
・第4章 ラメールビーチ

【ラメール編】
・第1章 ラグーナウォーターパーク
・第2章 ラグーナウォーターパーク スライダー
・第3章 ラメール

【オールドドバイ編】
・第1章 シェイク・モハメド文化理解センター
・第2章 歴史地区さんぽ
・第3章 アルシーフ

【ドバイホテル編】
・第1章 JBR リクソス プレミアム ドバイ
・第2章 ヒルトン ドバイ ザ ウォーク
・第3章 ザ リッツ カールトン ドバイ

【これも見逃すな!】
エミレーツ航空の魅力

ビーチ
【ドバイビーチ編】第1章*写真映え求めるならココじゃない?ジュメイラビーチ
エリア:
  • 中近東>アラブ首長国連邦>ドバイ
テーマ:観光地 マリンスポーツ 散歩・自転車 
投稿日:2019/06/06 14:19
コメント(0)
アッサラームアライクム!トラベルコです!
今回から、本格的にドバイを深堀りしていきます♪

まずお伝えするのが、ビーチ!
え?ドバイ?ビーチ?きれいなの?と半信半疑のあなた。
私も実際にこの目で確かめる前は、そう思ってました。
しかし見よ、この透明度!!!↓

透明度

今回私たちスタッフが訪れたのは
・ジュメイラビーチ
カイトビーチ
マリーナビーチ
ラメールビーチ の4つ。ドバイにはかなりたくさんのビーチがあるのです!

まず最初は【ドバイビーチ編1章】としまして
「ジュメイラビーチ」の魅力に迫っていきましょう!

滞在していた、ドバイクリーク方面のホテルからタクシーで20分ほど。
早朝ドバイ着でホテルに荷物を置いて、
そのままジュメイラビーチへ向かったのですが…

ブルジュ・ハリファ動画

道中、バージュ・ハリファが目に飛び込んできました!
ついにドバイへ来たのね!と感無量で涙ぐんだ瞬間です。


これぞドバイなビル群を抜け、次に見えてくるのが
7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」。
思わず「すごい!」とため息がもれる外観です。

ブルジュ・アル・アラブ

そして、このホテルの横に広がるのが
ジュメイラビーチです。

ちょっと行ったら高層ビルが建ち並ぶ地帯なのに
このきれいさ!しずかさ!
まさに天国に来たかのよう…

しずか

ウエディングフォトを撮っている方もいらっしゃいました。
なんて素敵…私もここで撮りたい…と思って
ひとりで撮ったのがこれ!

フォトジェニック

ブルジュ・アル・アラブと海さえあれば、
どんな姿でもフォトジェニック!

ビーチの近くには謎のトレーニング装置が↓
どうやって使うのかは迷宮入りです。

トレーニング


ビーチ沿いの歩道はコンクリートではなく、足に優しいランニング専用のトラック↓
運動に不安の方も、本格的に走りこむ方も安心して望めます◎
全長なんと14キロ!次回ご紹介のカイトビーチへも行けちゃう♪

ランニング

滞在中、ジュメイラビーチに沿ってランニングなんて
セレブな気分に浸れそう(笑)

ジュメイラビーチで久々に砂と戯れた後は
カイトビーチへ向かいます!
次回もぜひお付き合いください♪



【ドバイビーチ編】
・第1章 ジュメイラビーチ
・第2章 カイトビーチ
・第3章 マリーナビーチ
・第4章 ラメールビーチ

【ラメール編】
・第1章 ラグーナウォーターパーク
・第2章 ラグーナウォーターパーク スライダー
・第3章 ラメール

【オールドドバイ編】
・第1章 シェイク・モハメド文化理解センター
・第2章 歴史地区さんぽ
・第3章 アルシーフ

【ドバイホテル編】
・第1章 JBR リクソス プレミアム ドバイ
・第2章 ヒルトン ドバイ ザ ウォーク
・第3章 ザ リッツ カールトン ドバイ

【これも見逃すな!】
エミレーツ航空の魅力

ふらりーと
旭川の夜はレンジャーにお任せ!?
エリア:
  • 北海道>道北>旭川
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 散歩・自転車 
投稿日:2018/10/22 15:16
コメント(0)
元気です北海道

旭山動物園で名高い旭川、実は関東以北では3番目に大きな都市だと
いう事を知っていましたか?

その旭川の街は古くから隠れた美味しいお店の宝庫!として知る人ぞ
知る存在。

多くの人は旭川と聞くと「ラーメン」と思うようですが、実は旭川は
内陸部に位置はしていますが、留萌やオホーツク各地の港町までさほど
遠くもなく、エビやカニ、魚類などの海産物も新鮮なものがその日の
うちに届く距離なので寿司や居酒屋など安くて美味しいお店が目白押し。

また周辺地域は米どころでもあるのでお米もおいしいですし、畜産が
盛んな地域も多いので肉も美味しい、、、美味しいお店が多いのも
頷けますよね^^

でも、お店がいっぱいあるとどこに行けばいいか迷いますよね!?
そんな時には強い味方がいると最近話題となっていたので旭川に行って
体験してきました!

OMO7
旭川の中心部にほど近い場所にあるホテル「OMO7旭川」
このホテルにその強い味方がいるようです。

その名も「OMOレンジャー」
OMOレンジャー
今回は5人いるOMOレンジャーの中で、ご当地ごはん担当となる
OMO BLUEに旭川の良きお店を案内してもらう事にしました♪

ちなみにこのOMOレンジャー、他にはおさんぽガイドのOMO GREEN
お酒担当のOMO RED、路地裏グルメに詳しいOMO YELLOW、そして
自称高感度女子のOMO PURPLEが自分たちの得意分野を案内して
くれますよー!

OMOレンジャーの簡単なレクチャーを受けた後、GoKinjoへいざ出発!
OMOレンジャー出発

OMOレンジャーはよくある観光ガイドなどと違って、まるで友達が
地元を案内してくれているような気さくな感じで自分が自信をもって
進めるお店に案内してくれるんです^^

ご当地ごはん担当OMO BLUEに連れられてやってきたのが昭和の香り
漂う「ふらり〜と」という路地
ふらりーと看板

この昭和な香り漂う路地を進むと旭川といえば!という有名なお店が…
ふらりーと

お店案内
旭川ラーメンの人気店「蜂屋」や新子焼きで有名な「ぎんねこ」などが
軒を連ねます。

実は古い歴史のあるふらりーとの中からOMOレンジャーがお勧めして
くれたのが「ふくろう亭」
OMOレンジャー入店

ここではOMOレンジャーに案内してもらったお客様だけが楽しめる
日本酒飲み比べセットが”裏メニュー”として登場!
日本酒飲み比べ

お酒が登場したところでみんなで乾杯!!
OMOレンジャー乾杯
※この日は「特別」にOMOレンジャーさんも一緒に入って貰いました^^

このOMOレンジャーを利用して食べ歩きをする場合、案内してくれる
お店によっては今回のように”裏メニュー”があったり、特別なセットを
用意して気軽に食べ歩きが出来るようになっていたりと便利なんです。

その”裏メニュー”の日本酒飲み比べをしながら色々と話を聞くと
本州から来る人はホッケの大きさにびっくりするけど、北海道では
それが当たり前だからビックリする姿にビックリする(笑)などと
地元の人ならではの話に花を咲かせていきます。

それならビックリする姿にビックリしてもらいましょう!と思い立ち
ホッケ焼きを追加注文…いや、出てきた瞬間声が出ました
デカほっけ
OMOレンジャーさんが持ってるのが誰が頼んでも出てくるレギュラー
メニューのホッケ焼き(@_@
レンジャーさんの肩幅くらいある…は言い過ぎにしても30cmは余裕で
超えるドデカサイズ!!!

こんなのは普通に売ってるし、ビックリするもんではないという
根っからの旭川民であるOMOレンジャーさん。
本州の人からしたらただただビックリ、羨ましい限りでした^^

”裏メニュー”を堪能し、追加注文をしながら地元のお話を聞いて
いると時間もいい感じなので、ふくろう亭はお開きにしてもう1軒
ご案内頂く事に。

その移動途中にふらりーとの歴史と今あるお店の案内マップがあった
ので、そこで歴史と他のお店の事などを聞いてみる事に。
OMOレンジャー説明
戦前は市場で…とか、火事やらなにやらと色々な事を乗り越えて今の
この通りとお店があるんですよ、との説明を聞いてまた訪れてみたく
なりました^^

ふらりーと内の他のお店も回りたい気持ちもあるのですが、ここは
せっかくなのでOMOレンジャーさんの次なるお勧め店へ…

せっかく北海道へ来たならこの絵面が欲しくありませんか?という
気のきいたお店チョイス
ジンギスカン
そう、北海道と聞いて誰もが思い浮かべるジンギスカンです!

旭川でも指折りの有名店「大黒屋」へGoKinjoします
大黒屋
こちらは旭川に来る有名人もよく立ち寄るお店との事で、店内に
多くのサイン色紙が飾られていました。

こちらでもOMOレンジャーならではの「先ずは食べてみて!」と言わん
ばかりにセットでお肉が出てきました
ジンギスカン
生ラムは臭みも少なく、柔らかいのでいくらでも食べられそう

ラムチョップ
こちらは限定商品の厚切りラック(いわゆるラムチョップ)
今回は特別にお取り置きしておいてもらいました(笑)

いやあ、2軒ともさすがにチョイスです!
美味しいのはもちろん、”裏メニュー”やら特別なお取り置きやら
OMOレンジャーを利用した食べ歩きならではの特別感がありました。

大満足のツアー参加ご一行はみんな笑顔でホテルに戻ります。

が…

帰り道に何とも気になるこの看板たち
パリ街看板

ちょっと覗いてみると
パリ街
こちらもなんとも素敵な裏路地じゃありませんか!!

聞いてみると「パリ街」と呼ばれる飲食店が集まった路地で
地元の人はもちろん、観光客にも人気の路地なんですって。
歴史も古く、場所を変えながらも約60年の長きにわたり旭川市民に
馴染みの飲み屋小路として存在しているそう。

見てみると街頭や石畳の光景がまるでヨーロッパの裏路地のよう
ですよね!これもここに集まるお店の方々が意識を統一して来て
くれるお客様が安心安全に楽しめるように創意工夫をしているとの
事でした。

そんなパリ街を見ながら今日のお店の感想などを話しているうちに
ホテルに到着。今夕飯を食べたばかりですが、朝食のお勧めなどを
聞いてツアーは終了、解散となりました。

いやあ、本当に楽しい楽しい食べ歩きとなりました。
知らない街で絶対に間違いのないお店に気軽に連れて行ってもらえる
このサービス、その内容はもちろん、フレンドリーな対応、お店でも
同席して一緒にお話をしたりと旭川の友達と一緒に来ている感じが
より一層の楽しさを演出してくれるので、ぜひ一度、OMO7旭川に
泊まってOMOレンジャーツアーに出かけてみませんか?

■星野リゾートOMO7旭川
住所:旭川市6条通9丁目
電話:0166-24-2111
ホテル https://omo-hotels.com/asahikawa/
OMOレンジャー https://omo-hotels.com/asahikawa/guidetour/
※ 星野リゾートOMO7旭川の宿泊プラン一覧はこちら

1 - 5件目まで(19件中)


国一覧
アジア
韓国(107)
ベトナム(57)
タイ(54)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
中国(8)
フィリピン(8)
スリランカ(8)
マカオ(7)
マレーシア(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(25)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
栃木(5)
千葉(5)
神奈川(3)
群馬(2)
埼玉(1)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(3)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)