1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんの旅行ブログ

  海外エリア: 中南米 > ペルー の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
11月<2019年12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ

記事一覧

16 - 20件目まで(1,145件中)

LAX3
LATAM航空で地球の裏側へ 〜アメリカ乗り継ぎ編〜【はじめてのペルーTRIP】
エリア:
  • 中南米>ペルー
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2019/10/24 20:42
コメント(0)
こんにちは!トラベルコです。

南米まで行くのはなかなかハードルが高いですよね。
長距離フライトに加え、直行便の運航がないため乗り継ぎが必要です。
日本からペルーへはアメリカやカナダ、ヨーロッパなどを経由するルートがあり、
今回トラベルコスタッフはロサンゼルス国際空港(往路)、ジョン・F・ケネディ国際空港(復路)を利用しました。
この記事ではアメリカでの乗り継ぎについて、注意点も含めレポートします!



まずはアメリカ乗り継ぎの流れ。ざっくりとこんな感じ。

【1】入国審査★
  ↓
【2】手荷物受取★
  ↓
【3】税関
  ↓
【4】手荷物再受託★
  ↓
【5】保安検査
  ↓
【6】搭乗ゲートへ



★POINT1:入国審査★
アメリカを経由する場合、一度入国して再度出国審査を受ける必要があります。


※※注意※※
アメリカ入国の際には事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証が必要です。
手続きはすべてオンライン上で行うことができますので、申請をお忘れなく!


エスタについて詳しく知るには
>>>トラベル Question! 電子渡航認証システム(ESTA)ってなに?


入国審査の流れ

【1】到着ゲートから入国審査のフロアへ進む
機械がずらっと並んでいます。
これは自動入国審査端末(APC Kiosk)と言われるものです。
※設置のない空港もあります。

【2】自動入国審査端末(APC Kiosk)を操作
1、言語を選択⇒日本語
2、パスポートをスキャン
3、パスポートの内容確認
4、税関の質問やESTAの有無について回答
5、指紋採取(ぐっと押さないと認識してくれません)
6、顔写真撮影
操作を終えると顔写真付きのレシートが出てくるので、それをもって入国審査官の列に並びます。

【3】入国審査
レシートに[×]がついていると通常の入国審査、それ以外はサクサク進む列に誘導されます。
ESTAを取得して初めてアメリカに入国する場合や、Kiosk端末でうまく指紋が取れなかった場合に[×]レーンに誘導されることが多いみたい。
通常の入国審査の列に案内されたスタッフは、再度指紋採取と顔写真の撮影をして、渡航の目的などを聞かれました。
「ペルーに行く途中です」と答えると、「イェイ!マチュピチュ!!」と陽気に返され、アッサリ通過(笑)

入国審査を終えたら…



★POINT2:手荷物再受託★

手荷物タグが最終目的地になっている場合でも、税関検査のため一度引き取らなくてはいけません。
荷物を持ったら税関へ。
ここは通り抜けるだけでした。
引き取った手荷物は、再受託カウンター(Baggage Drop Off)にて預け直します。
その後は、保安検査を受け、搭乗ゲートに向かい乗り継ぎ成功!!



ここからは、今回利用した空港での移動をご紹介


[往路]ロサンゼルス国際空港

日本航空(ラタム航空コードシェア便)は「トムブラッドレー国際ターミナル」に到着し、乗り継ぎのラタム航空便は、同じく「トムブラッドレー国際ターミナル」より出発します。
※トムブラッドレー国際ターミナルは「Terminal B」と表示されています。

飛行機を降りるとすぐに、乗継便の搭乗券が貼られたボードがありました。
出発空港で最終目的地までの搭乗券を発券済みでしたが、ここにも自分の名前が書いた搭乗券があったので一応受け取ります(^^;)
乗継時間が短い場合は、目立つオレンジ色の「ExpressConnection(エクスプレスコネクション)パス」がついてきます。
これを持っていると、入国審査や保安検査を優先的に案内してもらえるそうです。
私たちの接続時間は約3時間。エクスプレスコネクションパスはなし。
でも乗継便が同じターミナル出発だったので移動は楽ちんでした♪

その後、入国審査、荷物のピックアップ、税関を終え(ここまでは写真撮影不可)
到着ロビーへ
LAX1

到着ロビーをでたら右!
[Connecting Flights]の案内に沿って進みます。
LAX2

手荷物再受託カウンター(Baggage Drop Off)は同じフロアにあります。
「どこまで?」と聞かれ「リマ」と答え、荷物を渡します。
係のおじさんが陽気な方で、スペイン語でよく使う大事なフレーズを教えてくれました。
(((トイレはどこですか?)))
・・・( ^ω^)?難しくてすぐ忘れてしまいました(笑)

手荷物を預けたらそのまま乗り継ぎ専用保安検査場へ誘導され、あとは搭乗ゲートに向かうのみ!
到着ロビーに出てからここまでわずか5分!!
アメリカの空港って広そうだしびびってたけど、そんなことなかった(^o^)
無事に余裕をもって搭乗ゲートへ。
LAX3



[復路]ジョン・F・ケネディ国際空港(ニューヨーク)

ラタム航空は「ターミナル8」に到着し、乗り継ぎの日本航空(ラタム航空コードシェア便)は「ターミナル1」より出発します。
※※ターミナル移動が必要です※※

入国審査、手荷物受取、税関、手荷物再受託までは誘導されるがままに進みます。
到着ロビーに出たら自力で次のターミナルに移動しなければなりません。
やっぱりアメリカの空港って広い!
ターミナル間はエアトレインで移動します。便利!

出口を出たら左へ。エアトレイン(Air Train)駅へ向かいます。
[Air Train]の案内板はたくさんあってわかりやすい◎
JFK1

エレベーターで2階へ。降りたら左。
JFK2

動く歩道を通って、
JFK3

エスカレーターを上がった先は、、、
JFK4

改札はなくすぐに駅のホーム!!
ターミナル1に向かう電車を確認して乗ります。
JFK5


黄色のターミナル間巡回路線は24時間運転!無料!
ターミナルの移動はこちらがおすすめ。
赤のジャマイカ線緑のハワードビーチ線は、空港の外まで行ってしまうので利用の際は注意が必要です※
JFK7

無事にターミナル1に到着。
JFK6

ロサンゼルス国際空港では乗り継ぎ専用保安検査へ案内されましたが、
ジョン・F・ケネディ国際空港は通常の出発ゲートを通ります。
免税店を楽しむ余裕もあり、おみやげいっぱいで日本へ帰る飛行機へと乗ることができました。


アメリカは入国が厳しいと聞いて不安でいっぱいだったのですが、とってもスムーズに行動することができました。
入国審査の流れや自分が乗る飛行機がどこから出発するのか、事前に知っていると余裕ができてより楽しめますね♪
以上、アメリカ乗り継ぎレポでした。

ラタム飛行機
LATAM航空で地球の裏側へ 〜飛行機編〜【はじめてのペルーTRIP】
エリア:
  • 中南米>ペルー
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2019/10/23 19:39
コメント(0)
こんにちは!トラベルコです。
\地球のほぼ裏側/ペルーへ行ってきました。
トラベルコスタッフ南米初上陸!

ペルー地図


ペルーと言えばやはり、マチュピチュ遺跡が有名ですね。
でもそれだけじゃないんです!実際に旅をしてたくさんの見どころがありました!
これから複数回にわたってペルーの魅力をたっぷりお伝えします‐=≡Σ((( つ'ω')つ


まずは飛行機編と題しまして、フライトについてレポートします。
今回利用したのはラタム航空(LATAM Airlines)さん。
2012年にラン航空とタム航空が合併して誕生したラタム航空は、140都市に就航し、年間6,700万もの人が利用する南米最大のネットワークを持つ航空会社なんですって!

ラタム飛行機


今回のフライトスケジュール

[往路]--------
17:20 成田発
| 9h50m
11:10 ロサンゼルス着
14:15 ロサンゼルス発
| 8h40m
00:55(+1) リマ着
------------------

[復路]--------
00:25 リマ発
| 7h30m
08:55 ニューヨーク着
13:40 ニューヨーク発
| 14h30m
17:10(+1) 羽田着
------------------

日本からペルーへは直行便がなく、ラタム航空を利用する場合はアメリカで乗り継ぎます。
アメリカでの乗り継ぎには入国審査や手荷物の再受託が必要だし、空港も広くて迷いそう…
でも事前に知っていればスムーズ!
★トラベルコスタッフのアメリカ乗り継ぎレポはこちらをチェック★


ラタム航空便名のチケットですがアメリカまでは、コードシェア運行のため日本航空の機材となります。
夕方に日本を出発して、同日の午前中にロサンゼルスへ到着。
時間が逆戻りして1日がすごく長く感じます。(時差って怖い…)


ロサンゼルスでの乗り継ぎ時間は約3時間。
この間に日本円をUSドルへ両替します。手数料は高めでした(;_:)
ペルー国内の両替所では日本円を扱うところが少なく、両替できてもレートが悪いそう。
USドルがそのまま使えるお店も多いので、ペルー入国前にUSドルを持っておくのがベスト◎
ロス両替所


その後、無事にラタム航空便に乗り継いでリマへ!
ホルヘ・チャベス国際空港到着は夜中の1時頃。往路は約21時間半の旅でした。


ちなみにこの日は「ウィンダム コスタデルソル リマ エアポート」へ宿泊。
お疲れの長距離フライト後に嬉しい空港直結ホテルです。
リマ空港ホテル


朝食バイキングも充実のラインナップでした!
リマ空港ホテル朝食



さて、ここからはアメリカ⇔リマ間のラタム航空のフライトについてレポートしていきます!!

★座席

[往路]--------
・機材:B767
・シートレイアウト(エコノミー):2-3-2
------------------

[復路]--------
・機材:B787ドリームライナー
・シートレイアウト(エコノミー):3-3-3
------------------
復路の方がスクリーンも操作しやすく、新しい機体のようでした!

主要な機内アメニティもしっかり揃っています。
◆PC・モバイル端末充電ステーション
◆長方形のクッション
◆ブランケット
◆ヘッドホン
ラタム機内



★機内食
飛行機に乗る一番の楽しみといっても過言ではない、機内食。
アメリカ⇔ペルー間は長距離フライトで、お食事は2回提供されました。

ラタム航空では2017年10月に7時間以上の国際線フライトの機内食を一新。
ワンプレートスタイルで、ひとつひとつ蓋を開ける手間がありません!
開けた蓋を落としてワタワタすることも(笑)
昼食・夕食は「温かいお食事」「ベジタリアンミール」などの3種類から、
朝食は「甘いお食事」「塩味のお食事」の2種類から選ぶことができるそうです。

実際に乗ってみて、、、
昼食・夕食のラインナップは「チキン(昼)ビーフ(夕)」「パスタ」「 ベジタブル」でした!
それと一口サイズのおやつがついてきます。

▽チキン
チキンの下にはチーズのリゾットがぎっちり。
ラタム機内食1

▽ビーフ
塊のお肉でしっかり食べた感があります。
ラタム機内食2

▽パスタ
食べやすいショートパスタ。ミートソース味。
ラタム機内食3

朝食は、サンドイッチかオムレツ。+フルーツかヨーグルトを選べました。
▽オムレツ×フルーツをチョイス
ラタム機内食4

どれも彩り良く、とってもおいしかったです!



★機内エンタメ

長距離フライトには欠かせない機内エンタメ。
映画大好きスタッフSにとってはありがた〜〜いサービス。

往路のB767のスクリーンの右上には「LAN航空」のロゴが!!
ラタム航空になる前の名残を見つけました!
言語は英語かスペイン語を選択できます。
ラタムB767_1


復路のB787はスクリーンも新しく、直感的な操作ができます。
こちらは非常に使いやすかったです!
選択できる言語は、英語・スペイン語・ポルトガル語でした。
ラタムB787_1


どちらも映画のラインナップは新作や、日本でも有名なハリウッド作品がたくさんありました。
残念ながら日本語字幕はありませんので、英語音声英語字幕で楽しみます。
(実写版アラジンを見ている人がたくさんいました)
ラタムB787_2


ここまでラタム航空のフライトレポをお伝えしてきました。
リマの空港でずらっと並ぶタラム航空機を見ると、南米ではすごくメジャーな航空会社だということを実感します!
南米に行くならラタム航空、おすすめです('ω')♪

\VAMOS LATAM! VAMOS PERU!/


((おまけ))
\超個人的必須/トラベルコスタッフの長距離フライトグッズのコーナー
◆トラベル枕・耳栓(イヤホン)・マスク
言わずと知れた必須グッズたち
◆アイマスク
蒸気でホットアイマスクを愛用
◆スリッパ
使い捨てがコンパクトで◎
スタッフSは滞在先のホテルでも使えるようにクロックス持参派
かさばらないタイプもあるんですよ〜
◆フットレスト
意外と使っている人は少ないのではないしょうか。
長時間同じ体勢でいると足が痛くなったりしませんか?
個人的には首枕と同じくらい重要!
折りたためるものも多く本当におすすめです!

ボートトリップ インレー湖中央
【ミャンマー】インレー湖の風光明媚な景色を堪能♪
エリア:
  • アジア>ミャンマー>インレー湖
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2019/10/15 16:57
コメント(0)
ミンガラバー!
マンダレーから飛行機で移動して、インレー湖に行ってきました♪
水上で暮らすインター族の文化や生活、シャン州ならではの料理など、また他の地域とは違うミャンマーに触れてきました!


★インター族の暮らしを垣間見える!ボートで巡るインレー湖

インレー湖の観光はボートチャーターで!山々に囲まれた湖の絶景だけではなく、インター族の漁をする姿や船で移動する姿、水上家屋など人々の日常も見ることができます。

朝、夕方〜夜間にボートで移動する際は肌寒くなるため、薄手の上着を持参するのがおすすめです◎

ボートトリップ船頭

ボートトリップ、スタート!最初は船頭さんがついて、足で漕いでくれました。バランス感覚抜群です!

ボートトリップ

船頭さんと別れ、インレー湖中央へ進んでいきます。

ボートトリップ漁

漁をする姿。片足でオールを使い、両手で網を手繰り寄せています。

ボートトリップ浮畑

浮畑付近で作業する人。トマトやサトイモなどが作付けされており、苗植えや収穫も船に乗って行います。

ボートトリップ水上集落

水上集落にはいります。家だけではなく、レストランやパゴダも水上にあります。

ボートトリップ インレー湖中央

再び湖の真ん中へ。日が落ちてきて、水面に太陽の光が反射しています!

ボートトリップ 女性

ハスの茎を採取する女性。

船付き場夕焼け

船付き場から。夕焼けと船を漕ぐ姿が絵になります。

ボートトリップ 船すれ違い

朝、たくさんの野菜を積んで地上を目指して移動しています。

ボートトリップ インター族

こちらは観光客向けにポーズをとっているインター族。

写真では残せませんでしたが、ホテルへボート移動しているときの満天の星空が本当に綺麗でした…!時間帯によって変わる景色もインレー湖の楽しみのひとつです♪


★インレー湖ならでは!ハス糸織工房を訪問

インレー湖には織物、鍛冶屋、葉巻などのさまざまな工房があります。今回は、ハス糸織工房を訪れました!
湖で採れるハスの茎の繊維を使った織物は非常に珍しく、高級品として扱われています。併設されているショップにはハス糸で織られたショールやスカーフなどが売られています。

ハス糸織工房

ハス糸織工房に到着!

ハス糸織工房 ハスの糸1

ハス糸織工房 ハスの糸2

こちらがハスの糸。少し粘り気のある細い繊維の束を手で転がし、1本の太い糸にしていきます。

ハス糸織工房 作業1

ハス糸織工房 作業2

ハス糸織工房 作業3

工房で働く人達の姿。皆さん黙々と働いています。


★ホテル滞在でもインレー湖を満喫!おすすめホテル

レイクビューのホテルから、水上ホテルまで、インレー湖の自然をたっぷり体感できるホテルを少しだけご紹介します。

▼インレー・プリンセス(Inle Princess)

インレー湖の東側湖畔に位置するリゾートホテル。職人を雇い、ホテルで使用するものは手作りしているなど、ひとつひとつの備品にもこだわりが感じられます。お部屋はコテージタイプで全4種類。優雅なホテル滞在を楽しむことができますよ♪

インレー・プリンセス・リゾート1

レストラン内部。こちらに使われている電灯の和紙もホテルで雇っている職人の手作りだそうです!

インレー・プリンセス・リゾート2

こちらはプリンセス・ハウス外観。

インレー・プリンセス・リゾート3

こちらはプリンセス・ハウスのお部屋。天井が高く、インテリアにこだわりを感じます。

インレー・プリンセス・リゾート4

バルコニーからはインレー湖を眺めることができます。

インレー・プリンセス・リゾート5

こちらはワインセラー。天井の絵はシャン族らしく、こちらもホテルの従業員が描いたものだそうです。

このホテルのオーナーが経営する水上ホテル兼レストランでシャン料理をいただきました!このあとにレポートしていますので、このまま読み進めていただけると嬉しいです♪

> おしゃれな水上レストランでシャン料理を味わう

▼ソフィテル・インレーレイク・ミャッミン(Sofitel Inle Lake Myat Min)

2018年3月にオープンしたインレー湖の南東湖畔のリゾートホテル。高級ホテルチェーン、ソフィテルが手掛けたおしゃれな内装のお部屋は女子ウケすること間違いなし!インレー湖の絶景とラグジュアリーな雰囲気を味わうことができます♪

ソフィテル・インレーレイク1

水上側から見たホテル外観。

ソフィテル・インレーレイク2

こちらはジュニアスイートのお部屋。近代的な内装にミャンマーらしい竹細工などのインテリアを使用しており、それがまたおしゃれです!

ソフィテル・インレーレイク3

バスタブのかたちもまるっとしててかわいい♪山側の景色も楽しめますよ!

ソフィテル・インレーレイク4

バルコニーからの絶景!!ずっとこの景色を見ていたい…!

ソフィテル・インレーレイク5

プールからもレイクビューが楽しめます!

▼シュエインター・フローティング・リゾート(Shwe Inn Tha Floating Resort)

インレー湖の中ほどに位置する水上ホテル。もちろん遮るものがないため、湖の景色を存分に楽しむことができます!お部屋はすべて水上コテージで、木のぬくもりを感じるナチュラルテイストな内装になっています♪

シュエインターフローティングリゾート1

湖に反射するコテージはとても綺麗!

シュエインターフローティングリゾート2

お部屋の内装。天蓋付きのベッドが嬉しいですね♪

シュエインターフローティングリゾート3

お風呂はバスタブ付き。アメニティの入れ物もかわいいです◎

シュエインターフローティングリゾート4

トイレの扉をしめたら、こんなおちゃめな子が…!

シュエインターフローティングリゾート5

プールもありました。ちなみに、インレー湖のホテルの中で最初にプールを併設したホテルだそうです!


★おしゃれな水上レストランでシャン料理を味わう

ヤンゴン編でミャンマー料理を紹介いたしましたが、多民族国家であるミャンマーは地域によって個性の違う郷土料理がたくさん存在し、インレー湖ではシャン料理を楽しむことができます。
今回は水上ホテル兼レストラン「インレー・ヘリテージ(inle heritage)」でランチをすることに!こちらのレストランでは、現代風にアレンジしたシャン料理をいただくことができます♪

インレー・ヘリテージ1

お米でできたあげせんべい。お好みの野菜、薬味のきいたソースと一緒に食べます。

インレー・ヘリテージ2

手前がトウモロコシ粉を練って蒸したもの、奥がねぎのフリッター。日本人好みで食べやすいです◎

インレー・ヘリテージ3

シャンカウスェ。モヒンガーは魚系のスープですが、こちらはあっさりとした鶏系のスープでした。薬味やライムを絞って召し上がります。

インレー・ヘリテージ4

レストラン内装。料理と同じくおしゃれで綺麗♪

ちなみにインレー・ヘリテージは宿泊、レストランのほかにビルマ猫の保護施設も併設されています。1日に何回か猫ちゃんたちとをさわれる機会もあるのだとか♪私が行った時間帯はさわることができなかったため、遠目から見ていました…>< レストランの内装の猫モチーフはビルマ猫なんですね!

インレー・ヘリテージ5

レストランに併設されたビルマ猫保護施設。


***

ミャンマー・インレー湖編、いかがでしたでしょうか?
湖でゆったりボート旅、最高ですよ!!インレー湖の絶景をぜひ見に来てほしいです♪

2018年10月より日本人観光客を対象に期限付きでのビザ取得が免除されていましたが、2019年10月以降も継続されることが決定されました!
インレー湖をはじめ、ミャンマーの各地を巡るチャンス!次の旅行先の候補にいれていただけると嬉しいです〜\(^^)/☆

他の地域の記事もぜひご覧ください〜^^
【ミャンマー】活気あふれるヤンゴンを散策♪歴史やローカルに触れる
【ミャンマー】\祝!世界遺産登録/バガンの仏教遺跡を巡る
【ミャンマー】ミャンマーの古都、マンダレーで王朝時代の歴史を感じる

PR
インレー・プリンセス(Inle Princess)、ソフィテル・インレーレイク・ミャッミン(Sofitel Inle Lake Myat Min)など、インレー湖のホテルをトラベルコで検索♪
インレー・プリンセス(Inle Princess)、ソフィテル・インレーレイク・ミャッミン(Sofitel Inle Lake Myat Min)など、インレー湖のホテルをトラベルコで検索♪
マハーガンダーヨン僧院 僧侶1
【ミャンマー】ミャンマーの古都、マンダレーで王朝時代の歴史を感じる
エリア:
  • アジア>ミャンマー>マンダレー
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/10/15 16:57
コメント(0)
ミンガラバー!
ミャンマー第2の都市、マンダレーに行ってきました!最後の王朝の首都だったマンダレーには、旧王宮や歴史ある僧院などが点在します。
また、タウンタアマン湖とエーヤワディー川に挟まれた町、アマラプラにも足をのばしました。


★マンダレーの歴史巡り!旧王宮や寺院を訪ねる

マンダレーは旧王宮を中心に、街が碁盤目状になっているのが特徴的。日本でいう京都に似ていますね!旧王宮をはじめ、歴史的建造物や仏教寺院を見学してきました。

▼旧王宮

旧王宮の入り口

最後の王朝、コンバウン朝の王宮を復元したもので、3km四方もの広大な敷地に赤い屋根の建造物が広がります。こちらは旧王宮の入り口で、外国人観光局は東側からしか入場できないとのこと。

旧王宮城壁

敷地内は堀に囲まれ、さらに高さ約8mの城壁があります。セキュリティも厳重で、入場するにはグループの中の1人のパスポートを門で預けなければいけないそうです。

監視塔

こちらは監視塔。旧王宮の建築物を見渡すことができます。

旧王宮敷地内

旧王宮の敷地内。赤と金色の建築物が美しいです!

▼マハムニ・パゴダ

マハムニ仏

パゴダ内部に進んでいくと、黄金のマハムニ仏が!この仏像に参拝者は金箔を貼り、祈りを込めます。

マハムニ・パゴダ モニター

なお、仏壇は女人禁制のため、金箔を貼れるのも男性のみ。女性は本尊手前で礼拝し、仏像まわりの様子はモニターで確認できます。

マハムニ・パゴダ柱

木の柱には翡翠が使われており、お花や葉っぱなど模様もさまざま。

マハムニ・パゴダ青銅像

元々はカンボジアのアンコール・ワットにあった青銅像。15世紀にアンコール朝を滅ぼしたタイのアユタヤ朝が持ち帰り、その後ミャンマーのモン王朝がアユタヤ朝に勝利しこの青銅像を持ち去り、現在はこのマハムニ・パゴダに安置されているそうです。

▼クトード-・パゴダ

クトード-・パゴダ 小パゴダ

黄金のパゴダを中心に、白亜の小パゴダが並ぶ姿がフォトジェニック!この小パゴダには経典を掘った大理石が1枚ずつ納められているらしいです。

クトード-・パゴダ 黄金パゴダ

こちらは黄金のパゴダ。バガンのシュエズィーゴン・パゴダを模しているのだそう。

▼シュエナンドー僧院

シュエナンドー僧院外観

コンバウン朝時代の木造建築の僧院。チーク材を使用し、外壁や内部には細かい部分まで再現された木彫が施されています。

シュエナンドー僧院木彫

外壁の木彫。本当に細かく、当時の職人の手技を感じます…!

▼マンダレー・ヒル

マンダレー・ヒル スタウンピー・パゴダ

標高230mの丘全体が仏教の聖地となっており、麓から頂上までパゴダや仏像が点在します。こちらは頂上に位置するスタウンピー・パゴダ。

マンダレー・ヒル眺め

夕日を名所として知られているマンダレー・ヒルですが、天候が良くなかったため街並みの眺望を楽しむことに。

マンダレー・ヒル エレベーター

ちなみに、頂上まではエレベーターもあるため、歩くのが辛い方は車でエレベータ付近まで移動しましょう!


★木橋や僧院での托鉢は必見!郊外のアマラプラへ

実は、過去に王朝の首都に2回なったことがあるアマラプラ。現在は王宮跡は残っていませんが、湖と川に挟まれたのどかな風景が広がります。また、織物で有名な町としても知られています。

▼ウー・ベイン橋

ウー・ベイン橋1

タウンタマン湖にかかる全長1.2kmの木造の橋。歴史は古く、160年も前に建造されたのだとか。

ウー・ベイン橋2

手すりがないため少し怖いですが、歩き進みます。

ウー・ベイン橋 ボート

ウー・ベイン橋 男の子

湖では漁を行うボートが行きかい、潜って何かを探している男の子もいました。

▼マハーガンダーヨン僧院

マハーガンダーヨン僧院外観

ミャンマー最大規模の僧院で、1200人もの僧侶がこちらで修業をしています。1日1回、敷地内で托鉢の様子を観光客も見学できます!

マハーガンダーヨン僧院 僧侶1

マハーガンダーヨン僧院 僧侶2

ずらーとお坊さんが並びます。

マハーガンダーヨン僧院 食堂

食堂に入っていく僧侶。こちらで托鉢で施された食べ物をいただくそうです。

マハーガンダーヨン僧院 僧侶見習い

白い服をきたお坊さんは見習いなんだそう。こちらの僧院には7歳から20歳までの僧侶が修行しているとのこと。

マハーガンダーヨン僧院 撮影

ちなみに、カメラでの写真撮影はNGですが、スマホでの撮影は許可されています。また、僧侶の進行を遮ったり、妨げたりする行為も仏教の教えで禁止されています。
マナーを守り、撮影をしましょう!

▼織物工房

古くから絹や綿の織物が盛んなアムラプラでは、町に多くの織物工房が点在します。工房兼ショップで、機織り見学をしてきました!

織物工房 女性

工房内で働く女性。ミャンマー流行り(?)の音楽を歌いながら作業する姿に、こちらも楽しい気分になりました(笑)

織物工房 手技

歌いながらものすごく機敏に手を動かし、織物を仕上げていきます。

織物工房 糸

色彩豊かな糸が綺麗!


***

ミャンマー・マンダレー編、いかがでしたでしょうか?
趣きを感じられる古都、マンダレーでミャンマーの歴史にたっぷり浸ってほしいです◎

2018年10月より日本人観光客を対象に期限付きでのビザ取得が免除されていましたが、2019年10月以降も継続されることが決定されました!
歴史、絶景、街歩き…、すべてを楽しめるミャンマーへぜひ訪れてみてください(^O^)/♪

他の地域の記事もぜひご覧ください〜^^
【ミャンマー】活気あふれるヤンゴンを散策♪歴史やローカルに触れる
【ミャンマー】\祝!世界遺産登録/バガンの仏教遺跡を巡る
【ミャンマー】インレー湖の風光明媚な景色を堪能♪

PR
マンダレーに行くならトラベルコでツアー検索♪添乗員付きツアーや周遊ツアーも掲載!ミャンマーの古都、マンダレーでたっぷり歴史を感じよう◎
マンダレーに行くならトラベルコでツアー検索♪添乗員付きツアーや周遊ツアーも掲載!ミャンマーの古都、マンダレーでたっぷり歴史を感じよう◎
バガン夕景_3
【ミャンマー】\祝!世界遺産登録/バガンの仏教遺跡を巡る
エリア:
  • アジア>ミャンマー>バガン
テーマ:ホテル・宿泊 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2019/10/15 16:57
コメント(0)
ミンガラバー!
世界三大仏教遺跡のひとつとも称されるバガン遺跡にいってきました!このバガン遺跡、今年2019年7月に世界文化遺産に認定されました!おめでとうございます\(^^)/

世界遺産になりたてほやほやのバガン遺跡をはじめ、バガンの見どころを巡ってきました!


★芸術建築や絶景を堪能!バガン遺跡群

11世紀、ビルマ族によってミャンマー初の統一王朝となったバガン。この王朝の最盛期には多くの仏塔寺院群が建設され、今もなお2000以上の遺跡が残ります。装飾も高い技術で施されており、寺院ひとつひとつにも見ごたえがありますよ!

ちなみに、寺院の境内は靴を脱いで裸足にならなければならないので、寺院巡りを行う際は脱ぎ履きしやすいサンダルがおすすめです◎ウェットティッシュを持参するのもお忘れなく!

▼アーナンダー寺院

アーナンダ-寺院外観

バガン遺跡の中でも随一の美しさを誇る寺院。左右対称にバランスのとれた外観で、壁面に施されたレリーフも美しいです。

アーナンダ-寺院立像

寺院の中心に置かれた、高さ約10mほどの巨大な黄金立像は、東西南北の四方を向いています。東と西の像は200年前に再建されたもの、北と南のものはオリジナルのものだそうです。

アーナンダ-寺院彫刻群

仏陀の生涯を表す、本堂内の彫刻群。西側の壁面からストーリーがはじまり、時計回りで見ていきます。

▼シュエズィーゴン・パゴダ

シュエズィーゴン・パゴダ黄金仏塔

アーナンダー寺院とならび、バガン遺跡の代表的な寺院のひとつ。境内中央の黄金仏塔が目を惹きます。壁面にジャータカ(ブッタの前世の物語)が描かれた陶器の板がはめこまれています。

シュエズィーゴン・パゴダ天井彫刻

小仏塔の内部は鮮やかな色の彫刻が施されています。この天井はハスの花のレリーフなんだとか。

シュエズィーゴン・パゴダ ナッ神の像

全37のナッ神の像が安置されている祠。ミャンマーは仏教が伝わる前から信仰されていた精霊信仰(ナッ信仰)があり、こちらの寺院の境内にもナッ神の像が祀られています。

▼タビニュ寺院

タビニュ寺院

2階建てで、バガンで一番高い寺院。こちらは外観のみの見学でした。

***

仏塔フォトストップ外観

車で巡っている途中で、小さな仏塔でフォトストップしました!こちらも近隣にいた方に内部に入るには裸足で入ってね、と教えていただきました。

仏塔フォトストップ扉

その方が、入口から外を撮ると木と仏塔がきれいに写る、と教えてくださったので、試しに撮ってみました!絵になりますね…、さすがです!現地の方の親切心にも触れました♪

バガン・ビューイング・タワー

そして…。バガンにきたら必ず見たいのが遺跡群の全景!!夕焼けに照らされる遺跡群を見るため、バガン・ビューイング・タワーにてサンセットの時間がくるまで待ちます。

バガン夕景_1

バガン夕景_2

バガン夕景_3

行った時期は雨季だったのですが、天候に恵まれて素敵な景色見ることができました!(;∀;)
乾季になると日の出を見られるバルーンツアーを行っているとのことなので、ぜひ行ってみたいです…!


★ニャウンウー市場でローカルな気分を味わう

地元の人々でにぎわう市場で、野菜や肉や魚、たばこなどの嗜好品など、さまざまなものが売られています。現地の伝統工芸品やミャンマーの民族衣装ロンジーなども扱っているので、お土産を探してみるのも楽しいです♪

ニャウンウー市場 果物

マンゴー、パイナップル、ブドウなど、ありとあらゆるフルーツが売られています!

ニャウンウー市場 バナナ

このバナナはお供え用なのだとか。売り子のお姉さんは顔にタナカ(タナカの木を原料としたミャンマーの伝統化粧品)を塗っています。

ニャウンウー市場 僧侶

お花を買うお坊さん。写真を撮っていたらポージングしてくれました(笑)

ニャウンウー市場 噛みタバコ

噛みタバコの葉っぱ。この葉っぱに石灰を塗り、刻んだビンロウを巻いてガムのように噛みます。ちなみに、噛みタバコは口の中が赤くなるため、真っ赤な歯をした現地の人を見かけてもびっくりしないよう!

ニャウンウー市場 ロンジー

こちらはロンジーのお店。ロンジーだけではなく、クッションカバーや布雑貨なども売られているため、バラマキ土産におすすめです◎


★漆器工房で現地の手仕事を見学

バガンの伝統工芸として知られる漆器の工房を訪問!工房にはお土産品を購入できるショップも併設しています。

漆器工房_1

竹や馬のしっぽの毛を使い、形を作っています。

漆器工房_2

漆器工房_3

細かーい模様を下書きなしで描いていきます…。手技が光りますね。

漆器工房 小物入れ

こちらは併設のショップにて。色鮮やかな小物入れがたくさん集まるとフォトジェニック!

漆器工房 ふくろう夫婦

ふくろうはミャンマーで幸せをもたらす鳥として知られており、こちらはオスとメスのカップルの置物。とってもキュート!


★リゾート気分を味わう!バガンのおすすめホテル

遺跡観光となると歩くことが多くなるので、ゆっくり過ごせるホテルがおすすめ♪バガンのホテルを少しだけご紹介します!

▼ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾート(Thiripyitsaya Sanctuary Resort)

オールドバガンに位置する、イワラジ河畔のリゾートホテル。3万坪の広々とした庭園に南国の木々や花々が咲き、疲れた体を癒やします。日系のサクラグループ資本で、スタッフのホスピタリティも感じられます◎

ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾート1

プールサイドよりホテル外観。

ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾート2

リバービューが楽しめるプールサイド。

ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾート3

こちらはバンガロータイプのお部屋。ロッジタイプとヴィラタイプもあります。

ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾート4

バンガロータイプのお部屋の内装。アメニティも充実しています◎

▼オーレムパレスリゾート&ホテル(Aureum Palace hotel and resort)

ミンナトゥ村の北側にある隠れ家リゾート。内装が非常におしゃれで、ロビーの木彫が美しいです♪ホテル棟タイプとヴィラタイプの2種類がありますが、今回はヴィラタイプのお部屋をご紹介します!

オーレムパレスリゾート&ホテル1

ロビーにて。ひとつひとつの備品がとてもおしゃれです。

オーレムパレスリゾート&ホテル2

プールに反射する遺跡群と青空がきれいすぎる…!

オーレムパレスリゾート&ホテル3

こちらはヴィラタイプのファミリースイートのお部屋。

オーレムパレスリゾート&ホテル4

1階部分。奥にはバーカウンターがあります。

オーレムパレスリゾート&ホテル5

2階部分。ベッドメイキングがとってもかわいい!!

オーレムパレスリゾート&ホテル6

お部屋にはプライベートプールも付いています。


***

ミャンマー・バガン編、いかがでしたでしょうか?
広大な土地にひろがるバガンの仏教遺跡群、本当に見ごたえがあります!ぜひ実際に訪れて、絶景を目に焼きつけてほしいです!!

そしてそして!
2018年10月より日本人観光客を対象に期限付きでのビザ取得が免除されていましたが、2019年10月以降も継続されることが決定されました!
この機会を逃さず、ミャンマーに足を運んでみてください(^^♪

他の地域の記事もぜひご覧ください〜^^
【ミャンマー】活気あふれるヤンゴンを散策♪歴史やローカルに触れる
【ミャンマー】ミャンマーの古都、マンダレーで王朝時代の歴史を感じる
【ミャンマー】インレー湖の風光明媚な景色を堪能♪

PR
オーレムパレスリゾート&ホテル(Aureum Palace hotel and resort)など、バガンのホテルはトラベルコで検索♪世界遺産登録されたバガン遺跡をゆったり見学しよう◎
オーレムパレスリゾート&ホテル(Aureum Palace hotel and resort)など、バガンのホテルはトラベルコで検索♪世界遺産登録されたバガン遺跡をゆったり見学しよう◎

16 - 20件目まで(1,145件中)


国一覧
アジア
韓国(107)
ベトナム(57)
タイ(54)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
スウェーデン(1)
オーストリア(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(25)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
栃木(5)
千葉(5)
神奈川(3)
群馬(2)
埼玉(1)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(3)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)