1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんのブログ
  4. 「マリーナ・ベイ・サンズ」楽しみ方レポ★徒歩だけで1日遊べるか試してみた<前編>

  海外エリア: アジア > シンガポール の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!
旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
192021222324 25
262728293031

アーカイブ

「マリーナ・ベイ・サンズ」楽しみ方レポ★徒歩だけで1日遊べるか試してみた<前編>

2016/10/25 09:57
ベイサンズ昼
エリア:
  • アジア > シンガポール > シンガポール
テーマ:
  • 観光地
  • / ホテル・宿泊
  • / グルメ
ハロー、トラベルコちゃんです!

常夏の国、シンガポールに遊びに来ています♪

シンガポールといえば、巨大な船の形の屋上にある「インフィニティ・プール」が有名な「マリーナ・ベイ・サンズ」を思い浮かべる人も多いのでは?

サンズ夜景

そのベイ・サンズ、プール以外に何があるのか…?
いまいち分からなかったりしますよね。
巨大リゾートらしいけど、本当に1日過ごせるの…??という疑問に応えるべく、
本当にリゾート内&周辺で一日中楽しめるかどうか、実験してみました!

電車・タクシー・バスは使わず徒歩のみで移動します。
やっぱり気になるプールで遊ぶのにベストな時間帯も紹介しますね!
ではではスタート\\ ( 'ω' )//

6:50 インフィニティ・プールで朝飯前のひと泳ぎ♪

トラベルコが行った9月下旬のシンガポール、日の出時刻は6:50でした。

旅行先ではワクワクして早起きになってしまうトラベルコ、まだネオンを輝かせている摩天楼を横目に、日の出前に部屋を出ました^^

目的地は屋上!そう、サンズ名物「インフィニティ・プール」へさっそく行ってきます!
お昼時はかなり混雑すると噂を聞いたので、早朝を狙いました。

▼エレベーターは、ルームカードキーをピッとタッチしてから階ボタンを押す仕組み。乗り継いで屋上57階へと向かいます♪
エレベーター

インフィニティ・プールには朝6時から入ることができます。
既に先客がいましたが、この時間ならまだまだ好きなリクライニングチェアに座れちゃいます。
早朝のプール3

早朝のプール2

▼6〜8時限定で、一部のプールに競泳のそれを思わせるレーンが登場。思い切りバタフライをしているお客さんもいました!
ガチ泳ぎレーン1

ガチ泳ぎレーン2

トラベルコも真似をして、プールのふち近くで摩天楼を見下ろしながら平泳ぎ♪
空中をすいすい飛んでいるかのような感覚で、とーっても気持ちが良かったです(*^^*)

▼深さは1.2メ-トル。大人の女性なら二の腕半分くらいまでの水位です。
深さ


▼いまなら独り占めも可能◎
早朝のプール1

ちなみに朝9時台にはこのくらいの人出になります。
9時の人出

俯瞰

一日で最も混む、お昼ごろに比べればまだまだ空いている方だとか。
なのでインフィニティ・プールに行くなら、朝ごはんの時間帯がおすすめ。

▼プールから見下ろすマリーナ・エリア。よーく目を凝らすと、右下辺りにマーライオンが!
遠くにマーライオン

▼反対側のジャグジー方面からは、未来型植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」が見下ろせます!
外の景色

▼温かいジャグジーでゆっくり◎
ジャグジー

気になるのは「プールのふち」ではないでしょうか…?
落っこちちゃうんじゃないの…?!とヒヤヒヤしながら探ってみます。
ふち1

どれどれ…?
ふち2

ふち3ダッシュ

排水溝になっているので、落ちる心配などなし◎ 安心しました。
ふち3

プール2ダッシュ

▼子ども用のプールには、透明な仕切りがあって安全◎
子供用

▼水に浮かんでいるかのようなリクライニングチェアで、ゆっくりお昼寝も気持ち良い◎気候が良いので風が吹いても全く寒くないです。
ベンチ

むしろずっとこうしていたい…><
いす

▼家族団らんタイム♪
家族団らん

▼タオルは、ここで無料貸し出ししてくれます。お部屋の物を持ってこなくてOK。

お部屋でシャワーを浴びて、スッキリしてからロビー階で朝ごはんを食べに行きましょう♪

ここでお待たせしました、お部屋紹介(^^)/

トラベルコの泊まった部屋は、屋上船部分を支えるようにそびえる
3つのタワーうちのひとつ、「タワー2」の20階にあります!
タワー2

ベッドルーム

ビジネス街の摩天楼や、遠くにマーライオンも見えて、シンガポールらしい風景を独占できます♪
夜の部屋

夜の様子はこんな感じ。電気を消すと...

ベッドルーム夜

あらムーディ(^^)

▼引き出しにはワイングラスがセットされています!
夜景を見ながら、ゆっくり部屋飲みしたい♪
グラス

▼冷蔵庫内はこの品揃え。
冷蔵庫

▼チェックイン時に、ツインベッドかキングサイズベッドかを選べます♪
ベッド

▼広いレセプション。スムーズにチェックインできました。
レセプション

▼お次はバスルーム♪
バスルーム全景

▼湯船が深くて大きくて、ほんとに嬉しい!
熱いお湯を張って入ったら、6時間のフライトの疲れも吹っ飛びました(^^)
湯船


▼アメニティ、ドライヤーも充実しています。タオルも十分な量セットしてくれています。朝夕のほか、プールの後にシャワーしても大丈夫♪
アメニティ

思わず引きこもりたくなっちゃうような、清潔で居心地の良いお部屋です (*´∀`*)
夜も全く騒音を感じることなく、安眠できました◎

9:00 ゆっくり朝食ビュッフェ♪

ロビー階にあり、とっても開放的な吹き抜けのレストラン「rise」で、バイキング形式の朝食を頂きます。

ライズ

朝食レストラン全景


▼南国・シンガポールらしく、フルーツがいっぱい♪
インド料理や和食コーナーもありました!
朝食page


▼焼きトマトのモッツァレーラ掛けが美味しかった!
トマト

▼マレーケーキやカヤジャムなど、朝からローカルフードが食べられるのも旅行らしくてうれしい!
マレーケーキ

カヤジャム

▼フィッシュボール(魚団子)の麺は、その場で作ってもらい、トッピングを自分でできるシステム♪
フィッシュボールスープ

▼パクチーを好きなだけ盛れてとってもうれしい( ;∀;)
フィッシュボールスープ2

とにかくバラエティが豊かなバイキングで、
食べ終えた瞬間から次の日朝が楽しみになっちゃいました!

ちなみに朝食のチケットなどは不要。
部屋番号を言う必要があるので、しっかり覚えておきましょう。
食べ終わったら、宿泊者でもサインが必要です。

腹ごしらえをしたら、10時までに次の場所へササッと移動します!!

10:00 必見♪アート・サイエンス・ミュージアムでインタラクティブな展示にハマる!

蓮の花の形をイメージした建物が、昼から夜までその存在感をいかんなく放っている「アートサイエンス ミュージアム」。
アート外観昼

アート外観夜

今年から常設展示となった「フューチャー ワールド」は、
なんと日本の先進的モノづくり集団「チームラボ」とのコラボレーション。
科学とアートの融合による、あっと驚く仕掛けが溢れる空間だそう。
どんなものか全然想像できないけど楽しみ…!

早速チケット(SGD17)をゲットして行ってきました!!
チケット

入場時間が、計6回に制限されているので(10時〜17時半のうち、1時間半ごと)、
ピークを避けて、朝イチの10時に入ることをおすすめします。


「自然」、「街」、「公園」、「宇宙」の4つのゾーンに、
お客さんがタッチしたり、絵を描いたりすることで命を吹き込まれる作品が展示されています!

▼とっても幻想的な光の花の園。
花

眺めていると、ひとつひとつの花が成長して咲き、
やがて散っていく姿を追うことができます。
四季と「永遠の変化」を表現しているのだとか…☆

▼バーチャルすごろく。
すごろく

▼繋げると光って、いろいろな色に変化するブロック。
キューブ

▼自分の塗り絵が、壁いっぱいの“水槽”に、すいすいと泳ぎ出す「お絵かき水族館」。
お絵かき

これは子どもも大人もハマっていました!

▼宇宙を表現した、無数のLED。本当に宇宙空間に迷い込んだような、フシギな気持ちになります。
LED

見る人のアクションで作品の結果が変わり、
一つとして同じ瞬間は訪れないというのが面白い。
思わず時間を忘れて遊んでしまいました。

こちらで詳しくレポートしますね!!

11:30 近未来型植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へGO!

さて次も外せない、ベイ・サンズ隣接のとある場所へ急ぎます!

日が高くになるにつれて、蒸し暑さも着実にUPするシンガポール。
だけど、涼しいショッピングモール内を歩いて移動できるので快適です♪

▼目的地への近道が、モール内にあって便利!
ちかみち

ここから連絡通路を通り、たどり着くのは…

あふれる緑が涼しげな植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」!
ガーデン昼1

ガーデン昼3

ガーデン昼2

この植物園、ちょっと他とは違って“近未来チック”なのが特徴です。

この背の高いキノコのような物体は「スーパーツリー」といって、大きなもので高さ50mもあるタワー。

よーく見ると表面にツル性の植物が巻き付いて、鮮やかなお花を咲かせています。
木に花

植物が成長すると、スーパーツリーも“木らしく”なっていくというわけ。

夜になるとまた違った美しい顔を見せてくるので、後半のレポートもお楽しみに♪

スーパーツリーが“密生”する、「スーパーツリー・グローヴ」にやってきました。
スーパーツリーグローブ

ここで是非ぜひトライして欲しいのが、こちらの橋「OCBCスカイウェイ」での空中散歩!
OCBC1

OCBC2

地上約20mの地点に橋が掛けられていて、そこからの眺めがとっても良いのだとか♪

入場券(SGD8。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ自体のの入場料は無料!)を買って、スーパーツリー内のエレベーターで橋へと昇ります!
チケット

見晴らし最高!!
高さが分かる

OCBC

ベイ・サンズ、シンガポール・フライヤー(観覧車)などが見渡せます!
シンガポールフライヤー

噴水

吹き抜ける風が爽快!涼しい〜〜!!
この時、気温35℃と暑かったので生き返りました…!
橋からの緑の眺め

人が歩くたびに、かすかに揺れるのがちょっとスリリングでヒヤリ。
ゆれる

下を見る

走っちゃダメ、ジャンプしちゃダメ!の注意書きがあるのにも納得。
(ヒールもダメ、なので女子は注意!バランスを崩して落ちないように…!)
注意書き

地上より近くで見られるスーパーツリーには、本物のお花が綺麗に絡まっているのがよくわかります。
ブーゲンビリア

ベイサンズと花

からまる植物

熱帯雨林の雲霧林を再現した、ガラス張りのドーム「クラウド・フォレスト」も人気なので、今度は行ってみたい◎
ドーム

13:45 ローカルフード大集合!フードコートで元気回復♪

ガーデン散策でお腹が減ってきたら、ベイ・サンズのフードコート「ラサプーラ・マスターズ」へ!

ここではシンガポールのローカルフードが何でも食べられる!と言っても過言ではないほどの品揃えです♪
カサプラマスターズ

迷いに迷った挙句、メディアの記事がたくさん貼られている「シンガポール・ホッケン・ミー」のお店に魅かれたのでここに決めました!

大きなエビちゃんがこんなにたくさん載っています!
ホッケンミー

ホッケンとは中国の福建省のこと。そのルーツを窺わせます。
中華麺を海鮮ダシで炒めたあっさりした塩味の“焼きそば”で、
どこかほっとするお味(*´∀`*)

付け合わせの辛いソースと、柑橘系のカラマンシーをキュッと絞って混ぜれば、
一気にエスニックテイストに。飽きがこないので、あっという間に完食できます♪

ほかにもバクテーなどのシンガポール料理や、ペッパーランチなど日本の料理もあり、誰が来ても食べたいものが見つかりそう(^^)
フードコート3

カラフルな果物が並ぶフルーツジュースのお店があったので、デザート代わりに頂きました!
フルーツジュース2

フルーツジュース1

ガーデンズを歩き回った身体に、ビタミンが沁みる・・!あっという間に元気回復です!

「マリーナ・ベイ・サンズ」楽しみ方レポ★徒歩だけで1日遊べるか試してみた<後編>では、ショーに興奮したり、チョコレートとチーズをひたすら食べたり、
夜景に酔いしれたり…と、夜のシンガポールでたっぷり遊びます!
ぜひチェックして下さいね☆

その他のシンガポール情報はこちら☆彡

▼観光
マーライオン以外でもマストがこんなに!シンガポール市内観光オススメまとめ

「マリーナ・ベイ・サンズ」楽しみ方レポ★徒歩だけで1日遊べるか試してみた<後編>

これはハマる!アートサイエンス ミュージアムの「FUTURE WORLD」がインタラクティブで面白い

▼グルメ
最終日&記念日にマストGO!シンガポールで夜景×グルメが楽しめるお店紹介♪

\世界最安級/ミシュラン屋台に並んでみたinシンガポール!行列2時間超え…果たして食べる価値はあり?!

【インスタ女子必見♪】シンガポールはいま、カラフルスイーツ激戦区!おすすめ5選

▼お土産
シンガポールで失敗しないお土産ならここでコレ買おう!おすすめ3選
  • この記事が参考になった人(41)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
【いま旅するならシンガポール】カラフルなエスニック街、マリーナ・ベイ・サンズ、スイーツ、“世界最安”のミシュラン屋台などなど、旬な話題がいっぱい。実はリピーターが多い“エンタメ天国”の魅力を特集!
【いま旅するならシンガポール】カラフルなエスニック街、マリーナ・ベイ・サンズ、スイーツ、“世界最安”のミシュラン屋台などなど、旬な話題がいっぱい。実はリピーターが多い“エンタメ天国”の魅力を特集!
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
韓国(108)
ベトナム(57)
タイ(55)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
オーストリア(2)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(32)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
千葉(5)
栃木(5)
神奈川(3)
埼玉(2)
群馬(2)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(4)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)